レトロな男の部屋

Retro man's room

Archive for the 'ゲーム' Category

ブルーライトヨコハマ~♪

ようやく暑さも一段階ダウンな感じですね。

ただ、来週は暑さがぶり返すと言う予報なので、まだまだ安心はできません。

まぁそんなこととは関係無く、相変わらずゲーム三昧の日々を送っているんですけども。

 

あ、そうそう。

今日は少しだけゲームと違う話をしたいと思います。

どうもブルーライトが目に危険だと言う研究論文が発表されたようです。

街の明かりがとても綺麗ねブルーライトヨコハマ~♪じゃないですよ。(えっ古い?)

あのスマホやタブレットから出る青い光のことです。

いや、もうさんざん言われていることなので、今更感がありまくりですが、どうも本当じゃないかと思うんですよね。

私もここ2年ぐらいで急激に目が悪くなりました。

しかも、何とも言えない目の疲れと言うのか、そういうものも感じるようになっています。

原因を考えると2年ぐらい前にタブレットを買ったんですよね。

それを毎晩寝る前に使っていたんですよ。

夜な夜なyoutubeを観たりなんかして、夜更かししてました。

なので、どうも目の不調の原因は、それなんじゃないかなぁなんて思うんです。

しかも、暗いところで画面を見ると大変危険らしいです。

私、電気を全部消してベッドで2時間ぐらい観てたもんですから、覿面にダメージを受けたように思います。

そんなこんなで先日、ブルーライトダメージ軽減の眼鏡を買いました。

それを毎日かけているんですが、何となく前よりもマシな気がするようなしないような。(どっちやねん)

まだ効果はハッキリしないですが、目が壊れてゲームができなくなってもイヤなので、しばらくかけ続けることにします。

 

さて、もうええわ~と思っている方もおられるかも知れませんが、またまた「Dead by Daylight」のお話です。

すみません、最近、このゲームしかやってないもので・・・。

いや、ほんとに面白いんですよ。

先週から灼熱のバーベキューパーティーイベントが続いていて、ちょっとアツいです。

私は何とか殺人鬼側も生存者側も賞品を貰うことができました。

でも、それまでが結構大変でした。

と言うのも、殺人鬼側をプレイしようとしていたんですが、なかなかマッチしないんですよね、これが。

ランクが低いとマッチしにくいと言う話だったので、ランクリセットと言うものが毎月一回あるので、それに合わせてプレイしはじめたんですよ。

ランクリセットは文字通りランクがリセットされるんです。

例えば、ランク1の上手い人でも、月一回ランク10に落とされるみたいな感じで。

普通はランクが上がって行くと、低いランクの人とは対戦で当たらなくなるんですよね。

なので、放っておくと誰からも相手にされなくなってしまう下手くそな人を救済するため(?)月一回ある程度混ぜこぜにする目的で、そう言うことが起こります。

話を戻しますが、そのランクリセットの日が来たので、流石に誰かとマッチングされるだろうと思っていたんですが、それがなかなか当たらないんですよ。

そりゃもう宝くじぐらい当たりません。

再起動したりしたんですが、何度20分ぐらい待ってもマッチングされなくて、普段温厚な私もプッツンと来ました。

電気代どうしてくれんね~ん!(そこ?)

そう思ってSteamのレビューに苦情の投稿をしようと書いていたんですよね。

そして書き終えて投稿しようかと思った瞬間、レビューの背後の画面で小さく生存者が表示されています。

そうなんです。

別画面で「Dead by Daylight」を起動してマッチングを待ちつつ、レビューを書いてたので、マッチングされたのが見えたんですよね。

危ないところでした、いや、低評価のレビューが投稿されるのを阻止したんですかね?(ないやろ)

ほんと凄いタイミングでしたよ。

まるで、時限爆弾が爆発寸前みたいな。

まぁそれは置いといて、どうやら20分ちょっとぐらい待てばマッチングされるのが分かりました。

毎回20分ちょっとぐらいでマッチングされるので、おそらく内部で順番待ちみたいになってるんじゃないかと思うんですよね。

20分は短いようで長いです。

それぐらいあればシャワーを浴びて来れますよね。

それで何十回か待ってはプレイして何とかランクを16まで上げました。

そしたらマッチングされまくりです。

やはりランク16ぐらいの人は多いみたいです。

ほんとに今までの苦労は何だったんだ~ですよ。

なので、今マッチングされず困っている人はランクが上がるまで少しの辛抱だと思います。

 

ただ、ランクが上がると上手い人も増えるのでしんどいです。

私なんて煽られまくりです。

屈伸したり何も無いのにライトを連発で顔面に当てられたり・・・。

どちらも煽り行為だそうで、それで嫌になって殺人鬼側を止める人も多いらしいです。

ただ、私はそう言うのは全く気にならない方なので、ガン無視で攻め続けます。

一度などは脱出ゲート近くで煽りまくる奴が居たのですが、私がノーワン持ちなのを知らなかったようで、脱出寸前でダウンさせて吊るしたりました。

あれは気持ち良かったなぁ。

あ、「ノーワン」と言うのは「No One Escapes Death」と言うパーク(スキル)の略です。

これは脱出ゲートを開けられるようになってからは一発でダウンを奪えると言うものなんですよ。(普通は2回殴らないとダウンさせられない)

おそらく、「ヘイ!ヘイ!ヘタッぴ~!かかってこんか~い!」と煽ってたんだと思います。

で、一発殴られてもダウンしないので逃げ切れると思ってたんでしょう。

そこにノーワンの一撃必殺が炸裂したと言う。

調子乗ってる奴のお尻をペンペンするのって最高です。

あの試合は今週の熱盛でした。(知ってます?)

アツモリ!!

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

灼熱のサマーバーベキュー!!!

毎回言ってますが、ほんと暑いですねぇ~。

今年、もう何リットル汗を掻いたか分かりません。

夏はそう嫌いな季節ではなかったのでですが、年々嫌いな季節度が上がって行ってます。

ってか、大人になると夏の楽しみが、ほぼ無いですもんね。

子供の頃って永遠に続くかと思うぐらい長い夏休みがありましたが、それも無いですし。

せいぜいお盆休みぐらいでしょう。

あ、みなさんもお盆休みでしょうか?

さて、ゲームの話ですが、性懲りもなく「Dead by Daylight」をプレイしています。

私、たぶん、アホなんでしょうね。

いい年して何が貰えるでもないのに鬼ごっこゲームばっかりしてるって。

非生産的な遊びだなぁと我ながら思います。

と、言いつつ面白いからしゃ~ないと思っている部分もあったりなんかして。

なんだかんだでランク13まで来ました。

上手くはないですが、ゲームで分からないことが無くなりました。

こうすればいいみたいなノウハウが溜まってきた感じですかね。

う~ん、実生活で役に立たないノウハウですねぇ。

あ、そうそう。

ただいま「灼熱のサマーバーベキュー」開催中なんですよ。

このゲームいろいろと定期的にイベントを開催しているみたいです。

私がやり始めたのは最近なのであまり知らないんですが、クリスマスやらハロウィンの頃にも何かイベントがあるみたいです。

今回は真夏と言うことでバーベキュー大会と洒落込もうってわけです。

え~っと。

みなさんバーベキューは好きですか?

「やっぱり男は黙って牛肉の赤身でしょ?」とか言ってる人。

まだまだ、甘いっす。

「Dead by Daylight」では、牛肉じゃなくって犠牲者の背中をこんがりと焼きます。

殺人鬼は犠牲者を捕まえるとフックに吊るんですが、今回は特別にその吊るすところに真っ赤に焼けた網がついているんですよ。

そうすると背中がジューッ!と焼けるわけです。

う~ん、シュールレアリスム!

殺人鬼側はそんな風に生存者を何度か吊して背中を焼くのがノルマなんですが、生存者側はいくつか設置されているフローズンカクテルマシンを直すのがノルマです。

いつもは発電機を直すんですが、今回はカクテルマシンを直します。

確かに夏らしい趣向ですね。

ってか、カクテルマシンって外人さんが喜びそうですね。

日本だったら普通にビアサーバーとかになってそうですけども。

そんなフローズンカクテルマシンを試合で何十機か修理すると、ノルマを達成でケイトのスキン【自由の歌姫】がゲットできるそうです。

う~ん。

書いておきながら、どんなのか分かりません。

毛糸のスキンかと思ったら、ケイトって名前の生存者キャラがいるみたいです。

あ、ちなみに私のメインキャラは「クローデッド・モレル」です。

モレルって言っても何も漏れませんよ。(えっ?サブい?)

通称はクロちゃんです。

このキャラ、自分でケガを回復できるスキルがあるんです。

なので、初心者向けだったので選んだわけです。

あ、殺人鬼側が貰える賞品は、ヒルビリー用武器スキン「ガス暴ンベ」らしいです。

こちらもどんなものか分かりません。

ヒルビリーってキャラはチェーンソーが武器なんですが、ガスボンベみたいなので攻撃できるのかも?

このイベントの開催期間は「8/8午前0時」~「8/22午前0時」だそうです。

みなさんも良かったら参加どうでしょうか?

 

こうやってマメにイベントをするのはいいと思います。

プレイヤーも制作者から放置されていないと思えますし、このゲームのようにネット対戦で成り立っているゲームを過疎化させないための工夫は大事だと思います。

このゲームの運営側は結構しっかりしていて、毎年4シーズン新しいキャラを追加しているようです。

今年は秋にも冬にも予定されているみたいです。

こう言うスケジュールがあると、プレイしてる側も続けようと思えるんだと思います。

まぁ新キャラはDLCとして販売されるわけですが、それも運営側の運転資金になるので必要不可欠だと思います。

ちょっとアレなのは、私、このゲームを確かセールで990円で買ったんですが、DLCも一つ900円ぐらいするんですよね。

「ザ・めしや」で一品が安いと思って、あれこれ注文していると、気がつくと普通の定食屋より高くなってる的な?

気がついたら1万円ぐらい使ってたりしそうです。

既にDLCを2つ買ってしまいましたし。

と言いつつ、時間をかけてプレイすればポイントが貯まるので、それをキャラと交換できたりもします。

私のようなせっかち野郎じゃない人の場合は、初期投資だけであとはポイント交換で十分遊べると思います。

さて、もう一試合やってから寝るとしますか。

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

エグ・ゾーダス!!!

もはや炎魔焦熱地獄ですよね。

エグ・ゾーダス!!!(知ってる人居ます?)

あの漫画、どうなったんでしょうね?

私、漫画の内容だけじゃなく、ヘビメタやらハードロック関連の名前が出てきて大好きだったんですよね。

当時、ヘビメタやらハードロックにハマっていて「そこでそれ使う?やるなぁ。」と思ってたりしました。

ただ、いつの頃からか連載が中止になって、別の漫画に移って再開されたところまでは読んでたんですが、また中止になって、その後は分からなくなってしまいました。

たぶん、作者の萩原一至さんが途中で飽きたんじゃないかと思ったりしてたんですが。(違います?)

まぁいいか。

と言う訳で、こんな炎魔焦熱地獄の世界では、室内でゲームをしてるのが安全です。

今週も「Dead by Daylight」がメインです。

実は増えたゲームもあるんですが、まだ手をつけていません。

一応、何を買ったかお伝えすると「DarkSouls Remaster」です。

いわゆる「ダクソ」ですね。

我ながら、またまた激辛なのを買ってしまいました。

これ、死にゲーで有名なゲームなんですよ。

でも、リマスター版が出ると聞いて絶対やるぞと決めていたので、衝動買いではありません。

ずっと前から評価が高いゲームで気になっていたんです。

まぁクリアまではどうかなと、やる前から弱気なんですけどね。

今思えばヌルゲーばかりの世の中になってしまいましたが、私がゲームをやりだした頃は甘くないゲームばかりでした。

そんなに難しくして誰得?みたいな。

なんだか作っている人が、プレイヤーをイジめているようにしか思えないゲームもありましたし。

一発やられて死亡で3回死んだら終わりと言うパターンが多かったですが、最近はライフゲージがある限り死なないようなのが多いですよね。

ってか、最近はクリアできなくても先に進めたりして、何がクリアなのか分からないのとかもありますし。

人もゲームも優しくなったものです。

そんな世の中に一石を投じるようなゲームがダクソなのです。(ほんとか?)

いや、まだやってないので知らないですが。(どっちやねん。)

そのうちプレイしたら感想をお伝えします。

さて、「Dead by Daylight」ですがサバイバーランクが14/20まで上がりました。

まだまだヘタレプレーヤーですが、3回に1回ぐらいは逃げられるようになりました。

やっぱり1ゲーム10分程度と言うところが、気軽にプレイできるのだと思います。

それと特殊能力が強くなればなるほど、殺されにくくなるので楽しくなってきます。

あ、そうそう。

殺人鬼側のプレイは全く進んでいません。

ってか、下手くそ過ぎてマッチングしなくなってしまいました。

また今月のリセットを待つしかありません。

いや、実は、下手くそなのもありますが、1対4の対戦なので4人で協力されて全員逃がしてしまったりするとヘコんでしまうんですよね。

自分の下手さ加減に嫌気がさすって感じで。

サバイバー側は4人なので誰かがゲームを進めて勝てたりするんですが、殺人鬼側は一人なので自分で何とかしないと負けてしまうわけです。

慣れないうちは「えっ?えっ?」と思ってるうちに全員逃げてたりしますし。

なので、チャッチャと自分のやることをしない人には向いてないように思います。

プレイングマネージャー的な?

自分でプレイも作戦もやらないといけないみたいな。

4人を相手にするのは忙しいっす。

「Dead by Daylight」はそんな感じです。

あと、PS4の「北斗が如く」も頑張って進めています。

いろいろ文句はあるものの、北斗の拳が好きなので懐かしさのあまり続けてしまいます。

ただ、セガにしては凡作だなぁと思ったり思わなかったり思ったり。(どっち?)

私が思うに無理矢理、「龍が如く」のシステムを合体させたのが悪かったんじゃないかと思うんですよね。

まぁ悪い部分もありつつ、良い部分もあって、「龍が如く」と同じく古いゲームをプレイできるのが良いところなんですけどね。

この間はケンシロウが「アウトラン」を見つけてプレイできるようになりました。

やっぱり懐かしいっす。

その昔、ゲーセンで何万円分遊んだか分からないゲームなんです。

このゲーム、筐体だとレバガチャができたんですよね。

レバガチャって言うのはギアチェンジのレバーを高速でガチャガチャHI、LOWを入れ直すとスピードが落ちないと言う技なんですが、最初見た時「こいつ、アウトランを壊す気か!」とビビッたものです。

と言いながら自分でもやってみると、なかなかスゴ技でした。

傍から見ると「なにオラついとんねん。ちょっと落ち着けよ。」と思ってしまうぐらい激しいプレイスタイルなんですが、羞恥心を捨ててしまえば、かなり有効な技です。

こんな話をしても、ほとんどの人は知らないんだろうなぁ。

ちょっと寂しい気分になりつつ、今日もアウトランをプレイするとしますか・・・。

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

な、なんて暑さだ・・・。

暑い~。

ほんと暑すぎですよね。

私が年を取ったせいで暑さ寒さが身に染みるのかと思ってましたが、どうもそんなレベルじゃないですね。

死人が出てますもんね。

このまま暑くなり続けて100年ほどしたら、気温50度オーバーとかになったりなんかして。

 

あ、そうそう。

またまた、オウムの幹部死刑囚の死刑執行があったみたいですね。

シレッと大量に執行するので、毎回驚かされます。

まぁ死刑が確定したのを執行するのは当然の流れとしても、何かご都合主義的に執行されてる感がありますね。

元号が変わる前に、平成に起こったことは終わらせようみたいなことも囁かれていますし。

それは逆に言えば元号が変わらなかったら放置されてたとも言えますよね。

死刑廃止論者じゃないんですが、なんと言うか死刑囚と言えども、人の生き死にを扱うんですからそう言うことで左右されず厳正にやって欲しいと思います。

 

それはさておき、ゲームの方は相変わらず「Dead by Daylight」をやってます。

知らない人が見ると眉をひそめるゲーム内容ですが、やはり面白いです。

最近少し上手くなってきたんですが、生き残れるようになったせいで困ることがあるんです。

それは殺人鬼に捕まったら回線を切る人がいるんです。

このあいだなんて一人が回線を切ったら他の2人も速攻で切るんですよ。

丸腰で殺人鬼とサシの勝負て。

真面目な私は回線を切らずに一人で殺人鬼から逃げまくりました。

まぁそれで逃げ切るのはあり得ないんです。

どれぐらいあり得ないかと言うと、私が石原さとみと結婚するぐらい・・・。

あっ!あり得るやん!(いや、超ウソです)

いや、サッカーのアディショナルタイムに2点差をひっくり返すぐらいかなぁ。

相手が上手かったらあり得ないですが、下手くそだったらワンチャンあり得るんですよね。

このゲーム、エグい描写に隠れてしまってますが、子供の頃に遊んだ「鬼ごっこ」や「かくれんぼ」、「缶蹴り」の要素があると思います。

鬼に見つからずに逃げる時のドキドキ感がそっくりです。

「Dead by Daylight」をやっていて思うんですが、大人になったら「鬼ごっこ」や「かくれんぼ」はやらなくなるじゃないですか。

大人だから当たり前とか、いい年して阿保みたいだとか理由は色々あると思いますが、実はそう言うのは後付けの理由で、面白いと感じる部分は、いくつになっても、そのまま残っているのかも知れないなぁなんて思うんですよね。

ゲーム内ではおっさんだろうが子供だろうが、キャラになりきって誰だか分かりませんし。

人目を気にすることなく思い切り童心に戻れるわけです。

そこがゲームの良いところじゃないかと思います。

まぁ子供は「鬼ごっこ」や「かくれんぼ」をゲームじゃなく外でやった方がいいと思いますけどね。

と言いつつ、WHOがゲーム障害を病気だと認定したとニュースで見ました。

定義は

「ゲームをしたい衝動が抑えられなくなり、日常生活など他のことより優先、健康を損なうなど問題が起きてもゲームを続けてしまう状態が、1年以上続き、家族や社会、学習、仕事に重大な支障が起きている場合」

だそうです。

確かにそれぐらいになると病気だと思いますが、症状自体もギャンブル中毒と似てる気がしますね。

まぁ何事であれ中毒になると病気だと思うので、ゲームであってもそうだと思います。

私で考えてみると、どうも違いますねぇ。

ゲームより酒が優先ですし。(どっちもあかんやろ)

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

YouはShock!!!

アツい~!!!

みなさん大丈夫ですか?

私は炎天下を歩いていて、危うく死にそうになりました。

目の前がボーッとして、脳みそが揺れているような感じになったんですよ。

あれが噂の熱中症だったのかも?

死兆星が見えるかと思いました。

いや、冗談抜きに油断してたらホントに死にますよ。

こういうときは部屋に篭ってゲームするのが一番です。(いつもやろ)

 

さてと。

すみません、今週も「Dead by Daylight」ばかりやってました。

ちょっと上達したかなと思っていたんですが、今日は連発で殺されまくりです。

ランク17まで上げたランクが、またまた下がってしまいました。

どうも室内マップでの戦いは苦手です。

狭いし逃げにくいんですよね。

それなのに今日は3回連続室内マップって・・・。

嫌がらせか~い!

あ、そうそう。

殺人鬼側でもマッチングするようになりました。

ランクは最低なのですが、もしかするとプレイヤーレベルも関係あるのかなぁ?

プレイヤーレベルは25ぐらいなので、マッチングする最低限には達してるのかも知れません。

ただ、殺人鬼側は数えるほどしかやったことがないので、相変わらず下手くそ過ぎです。

恐らく逃げている方からすれば、優しい殺人鬼だと思われているでしょう。

追跡してもスグに見失いますし、空振りして木を殴ったりして、ちょっとお茶目な殺人鬼になってます。

 

そうですね。

やったことない人に、こんな話を延々としても楽しくないですよね。

やったことがない人にあんまり深い話をしても分からないと思いますので、「Dead by Daylight」の話はこの辺りで止めにします。

 

今思い出しましたが、そう言えば新ソフト買っちゃってました。

「北斗が如く」です。

う~ん、完全に積みゲーコレクターになってますな。

でもね、「北斗が如く」って、タイトルで何か思い出しません?

そうなんです。

あの「龍が如くスタジオ」の作品なんですよ。

ケンシロウの声は神谷明さんではなくて、桐生一馬の声の黒田 崇矢さんです。

これがピッタリで、なかなか良いですよ。

ってか、桐生一馬とケンシロウはキャラが似てる気がします。

喋るテンポとかも似ていて、違和感がありません。

オサ~ンとしては「北斗の拳」と言えば伝説の漫画なんですよ。

連載当時、すごく緻密に描かれた絵を見ながら贅沢な気分を味わっていました。

今の時代にそれがゲームで復活するなんてやらない手はありません。

それで衝動買いしてしまったわけです。

ユリアも出てきますし、もちろんシンも。

トキまで出てきた時は感動しました。(シャレじゃないっす。)

やはり柔の拳でないとラオウには勝てぬ~ですよ。

 

まぁ「北斗の拳」じゃなくて、「北斗が如く」ですから、原作通りのストーリーをなぞっただけではありません。

原作の設定を取り入れつつ、ストーリーはオリジナルです。

ってか、一番違うのは「龍が如く」でおなじみのミニゲームやサブストーリーがついているところです。

キャバクラ経営だとかもありますし、カラオケの代わりに音ゲーチックなゲームもあります。

もちろん、カジノも健在です。

笑えるのがバッティングセンターの代わりもあるんですが、打つのはボールではなくて、バイクに乗ったヒャッハー!!野郎がケンシロウめがけて突っ込んでくるんですが、それを鉄柱で打ち返すと言うゲームなんですよ。

何という世紀末的遊戯。

上手くすれば300mぐらい飛んで行きます。

どんだけ~!

あと、レースゲームもあって至れり尽くせりです。

これらには、もちろん実績解除があります。

この間プレイした「龍が如く極2」より実績解除の条件は辛口だと思います。

まだ半分ぐらいしかプレイしていないので、感想を言っていいのかどうか分からないですが、今のところ私的な評価は低いです・・・。

ストーリーやらキャラは良いんですが、ミニゲームやらサブストーリーが、ちょっと嫌かも。

龍が如くシリーズのファンなので「龍が如くスタジオ」の悪口は言いたくないんですが、悪く言えばボリューム感を出すために無理矢理サブゲーム、サブストーリーを入れて手抜きしてるんじゃないかと思えてしまうんですよ。

だって、カジノは、龍が如くシリーズと同じですし。

音ゲー的なゲームもオリジナル曲じゃなくて、童謡を使ったりしてますし。

いつものパワフルなオリジナル曲が無いのは寂しいです。

あと、キャバクラ経営ゲームもキャストの着せ替えとかもありませんし、セクシー女優がモデルのキャストなんて全く出てきません。

サブストーリーもほとんど同じ内容の短い話を3話ぐらいに引き伸ばしたりして、結構邪魔に感じます。

たとえば、かくれんぼのサブストーリーなんて3話も要らないでしょうに。

3回目に探していてイヤ~な気分になりました。

つまらなさ過ぎる作業ですよ。

開発費が無かったのかなぁと思うんですが、とにかくチープな感じがしてしまいます。

まぁ確かに本作品は龍が如くシリーズと違って、協賛企業とのタイアップが無いですからね。

まさか、世紀末のヒャッハー!時代に「すしざんまい」があったらシュール過ぎますもんね。

CM料が入ってこないから開発に金をかけられないと言うことなのかも知れません。

そう言うところがモロに感じられるので、遊んでいて冷めるって言うか、積極的に実績解除したいと思わないんですよね。

サブゲーム、サブストーリーの実績解除をしなければ、アッと言う間に終わってしまいそうです。

私は逆にアッと言う間に終わっても良かったと思うんですよ。

キャラのデキは良いと思いますし、ストーリーも良ければ「感動した。」で終われたかも知れません。

いつもの龍が如くのように熱中したいのに、ちょっと残念だなぁ。

 YouはShock ですよ~。

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

一人少ない相手に勝ったに過ぎない・・・。

やヴァいっす。

一体全体なんちゅ~暑さですか。

クーラーをかけていても、熱気が浸み込んで来る感じですね。

これでは連休なのに、外にも出られません。

仕方が無いので、今日もゲームをやっています。

・・・ウソです。

暑くなくてもゲームしてるので、あんまり変わらないっちゃ変わらないんですけどね。

 

さて、先週から遊び始めた「Dead by Daylight」ですが、ほぼそればっかりやってます。

面白いですよ。

このゲーム、買う前からどんなゲームなのかある程度知っていました。

昔、youtubeの実況動画を観たことがあったんですが、ストーリー性も何も無くて5人で鬼ごっこして何が楽しいのかと思っていたんですよ。

ゲーム内容も血しぶきをあげて死んだり、殺伐としたものなので、ちょっと「う~ん。」な感じでした。

始めてしばらくは、そんな感想だったんですが、だんだん奥が深いのが分かってきました。

やはり対人戦と言うこともあって、相手の心理を読んでプレイするのが楽しいんですよ。

相手の動きを読んで、その裏をかけたりすると、とっても快感です。

あと、生存者側でプレイした場合は4人で協力するんですが、これまた知らない同士なのに、何故かある程度、意志できたりして面白いです。

「そこや~!ナイ~ス!!」的な。

そうやって協力して殺人鬼を出し抜くと達成感があります。

繰り返しプレイしてしまう理由はいくつかあります。

まず、1ゲームが短いと言うのがあります。

1ゲーム、だいだい10分、15分で終わります。

1ゲームが長いと遊ぶのに気合が必要なので、だんだん面倒くさくなってしまうんですよね。

寝る前に1ゲームだとか、風呂に入る前に1ゲームだとか、タバコの一服感覚で遊べます。

まぁ寝る前に殺されてしまうと、後味が悪いんですけどね。

それから、それぞれのキャラにはパークと言うものを付加することができて、それによって能力を強化できます。

パークというのは特殊能力みたいなもので、プレイ内容によって貰えるポイントで交換することができます。

このゲーム、何かの行動を起こせばポイントが入るシステムなので、やればやるほどポイントが貯まるんですよ。

なのでちょっとした時間でポイントを稼ぐ感じでプレイしていくと、だんだんキャラが強くなって殺されにくくなります。

そうなれば、逃げ切ることも多くなるので楽しくなっていくと言う寸法です。

最初は全然パークが無かったりして即、殺されることが多かったのでクソゲーかと思いましたが、レベルが上がっていくにつれて良ゲーに変わっていきました。

まぁ何事も我慢が大切なんですね。

そうそう。

今の私がどんな感じかと言うと、まだまだ下手くそ野郎です。

10回やって逃げ切るのは2回ぐらいですかね。

まぁ運の要素もあるので、上手くても殺される時は殺されるんですけども。

基本的な操作ができるってレベルですかね。

 

生存者側の話ばかりで殺人鬼側の話が無いと思ってる方もいるかと思いますが、そうなんです。

殺人鬼側をやろうとしてたんですが、なかなかマッチングしません。

いろいろ調べていると、どうやら私が下手くそ過ぎてマッチングしないみたいです。(汗)

脱出に成功していくと、ランクが上がっていくんですが、私は殺されることの方が多いので最低ランクのままなんですよね。

そうすると誰ともマッチングしないと言う悲しい結果になっていたようです。

「じゃ、上手くなるまで永久にマッチングできないの?」と思った、そこのあなた。

そうなんですけど、そうじゃないんですよね。(どっちやねん。)

毎月13日にリセットと言うものがかかるようです。

それがかかると超上級者も超ド下手くそもランクが下がって、マッチングできるようになると言うルールがあるようです。

今月もついこのあいだ13日がやってきました。

ちなみにこの間の13日は金曜日でしたよね。(え?聞いてない?)

「13日の金曜日に私が殺人鬼として初登場するなんて、なんと言う演出でしょうか!ここから伝説が始まる?」

と、密かに思いつつマッチングしてみました。

あれだけマッチングしなかったのに、1分もかからずにマッチングするじゃあ~りませんか。

やっぱりあの伝説は真実だったんだね、じいさん。(誰やねん)

「キター!」と興奮しながらプレイ開始です。

この日のためにレベルを上げていたレイス君で勝負です。

うちのレイス君は可哀相でしたよ。

私が下手くそ過ぎて、ず~っと誰からも相手されない子でしたからね。

今日ついに日の目を見ることになりました。

そうそう、言い忘れましたが、このゲーム他のキャラで稼いだポイントでも他のキャラを成長させられます。

なので、私のレイス君、実戦は初めてなのにレベルは20もあります。

素人童貞的な可哀相な子なんですよね。

そんなこんなで「今日は全員血祭りになってもらおか~!」とテンション高めで出陣です。

初陣の時はみんなこうなんだろうなぁ。

レイス君の特徴としては透明化があります。

鐘を鳴らすと透明化して誰にも見えなくなります。

で、もう一度鐘を鳴らすと実体化します。

ただ、透明化中は見られない代わりに攻撃もできません。

なので、敵に近づいて実体化してから殴ると言う手順を踏む必要があります。

透明化状態で、とことこ歩いて行くと獲物が居ました。

実体化して追いかけます。

「コン!コーン!」

あ、これは鐘の音です。

実体化、透明化の切り替え時に鳴ります。

「逃げるのはええわ!」

さっき見つけたジジイを速攻で見失いました。

ジジイのくせに・・・。

操作に慣れていないので、実体化し忘れてたり。

透明化したと思ってもしてなかったりで思い通りに攻撃できません。

おそらく相手から見たら「何やっとんねん」でしょうね。

そうこうしているうちに、全ての発電機を直され全員に逃げられてしまいましたとさ。

う~ん、なんか初試合で何もできなかった子みたいになってます。

いや、おそらく何人かは上手い人が紛れてたんでしょう。

透明化してるのに、なかなか見つけられませんでした。

しかし、ほろ苦いデビュー戦でした。

4戦ほど同じような試合が続きました。

見事、全員エスケープです。

何回かは殴ってフックに釣れたんですが、誰も殺せませんでした。

恐らく下手くそおやつキラーだと思われていたことでしょう。

諦めずに5戦目をやってみました。

これまでの実戦で透明化や一通りの動きができるようになりました。

次こそはと開始したところ、早々に一人が居なくなりました。

このゲーム自分から回線を切って止める人がいるんですよ。

何の理由かは分からないですが、もしかするともう漏れそうだったのかも知れません。(何が?)

いつもより一人少ない状況で開始です。

こっ、これは!

Wカップのコロンビア戦と全く同じ状況、同じチャンスでは?

サッカー日本代表も開始早々相手が一人少なくなって快勝しました。

「同じじゃね?」と思いながら期待は高まります。

何だか分からないですが相手も精彩を欠いた動きになりました。

やはりいきなり一人抜けは精神的ダメージが大きいのかも知れません。

「グサッ!ブシュ~!」いつも空振りばかりの鎌が今回は獲物の背中に突き刺さります。

なんと!そのまま全員殺して初勝利です。

ここから伝説が始まる?

と意気込んでたんですが、その後はやはり4人揃うと負けます。

「一人少ない相手に勝ったに過ぎない。」とかセルジオ越後に言われそうです。

あのオッサン、厳しいですよね~。

サッカーとゲームは同じじゃないですけど、ゲームであっても同じことを言われると結構イヤかも。

そらそうやけども、もうちょっとやる気にさせて欲しいですよね。

まぁ私は単純に下手なんですけどね。

と言うか、またまたリセット効果が切れてきたみたいで、2日も経ったらマッチングしにくくなってきました。

う~ん、全然練習できませんやん。

やはり生存者側でランクを上げるしかないのかしら。

 

あ、みなさんももし機会があればやってみて下さい。

お勧めです。

少し我慢すれば、面白くなってきます。

PS4でも出てるみたいですので、入りやすいかも?

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

鬼さんこちら!

サッカーワールドカップ惜しかったですね~。

起きられなかったのが残念ですが、もの凄くアツい試合だったようですね。

ってか、平日の夜中の3時に開始とか社会人には無理でしょ~。

 

それと驚きましたねぇ。

オウム幹部が一斉に処刑されたみたいですね。

なんか思い出したように、いきなり7人も同時執行って。

一体何が起こるんです?と思ってしまいました。

 

さてさて、それはともかく、サッカーも大詰めですが、Steamのセールも終わってしまいました。

今回も結構買ってしまいましたよ。

どうも私、セールと言う言葉に弱いみたいです。

どうせ後で買うなら安い時に買っておこうと思ってしまうんですよね。

あの後、追加で「Dead by Daylight」も買ってしまいました。

ホラー系ですが、「こっ、こっわ!」みたいな感じじゃありません。

もっとこう、「グサッ!ドクッドクッ。」みたいな。(分かりにくいわ)

スプラッター映画的な怖さです。

とても面白いと言う噂を聞いていたので、セール中だし買ってみようかと思いました。

ゲーム内容は4対1の鬼ごっこみたいな感じです。

普通の鬼ごっこと違うのは、鬼が殺人鬼で追いかけてきてデンの代わりに斧とかで切りつけてくるところです。

そりゃまぁ普通の鬼ごっこで、そんなことやったら重大事件ですから、鬼ごっこじゃないんですけども。

それで4人は何をするかと言うと、殺人鬼に見つからないように発電機を修理します。

発電機を5つ直したら扉に通電して逃げられると言う内容です。

もちろん、殺人鬼側はそれを阻止します。

いや、書いていて思いましたが、結構「なんでやねん」ですよね。

なぜそんな所に閉じ込められるハメになったのかと言うことは全く分かりません。

ストーリーは無いのかも?

殺人鬼役のプレーヤーは他の4人を見つけて攻撃するんですが、2度切りつけるとダウンを取れてフックに吊るせるようになります。

フックってボクシングのパンチの種類じゃなくて、鉤爪のことです。

屠殺場で肉やらをぶら下げる大きな釣り針みたいなのあるじゃないですか。

あれです。

いやいや、あんなの背中に刺されて吊るされたら死ぬでしょ普通。

でも、何もしなければ3回吊るされるまでは誰かに助けて貰えばセーフなんですよね。

被害者はフックに吊るされると体力が徐々に減っていき、体力が無くなるとどこか異次元に吸い込まれて死亡します。

そうなる前に誰かがフックから降ろすために助けに行くのですが、殺人鬼役の性格によってフックのそばで待ち構えてたりするのもいるので難しいです。

でも、助けずにひたすら発電機を直されたら吊るされた人は殺せますが、他のプレーヤーに逃げられると言うジレンマがあります。

このゲームは、そういう駆け引きを楽しむゲームみたいです。

私もやってみましたが、難しいっす。

全く逃げられないまま瞬殺されました。

一度などは木に引っかかっているうちに「ドシュ!」ですよ。

う~ん、素人にも全く容赦のない攻撃。

思わず「いいね!」を押しそうになりました。

 

プレーヤーのレベルによってマッチされるので、下手くそには下手くそしか当たらないみたいです。

それでも、結構簡単に殺されるので、恐らく私はド底辺の腕前なんだと思います。

いや、一度だけ逃げ続けられたことがあるんですよ。

その殺人鬼は私が目の前にいるのに空振りばっかりするんですよね。

10回ぐらい空振りして諦めてどこかへ行きました。

私も逃げていたわけじゃなくて、操作に混乱してウロウロしてただけなんですけども。

「ヤバイヤバイヤバイ!切られる!スカッ。えっ?」みたいな感じでした。

考えたらお互い中の人は、そんな状態だったんでしょうね。

 

そんなこんなで、みなさんも興味があったらどうですか?

私が居るので最下位にはならないと思いますよ。

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

フランいいね!

いや~、眠いです。

昨日はサッカーワールドカップ、ポーランド戦を観てました。

やはり強かったですね。

負けてグループリーグ突破なのでしっくりこないですが、それより何より最後のパス回しが気に入りませんでした。

ルール違反じゃないので構わないっちゃ構わないんですが、そう言うことじゃなくて、観ていて情けない気持ちになるところが嫌だなぁと思いました。

個人の考え方なので、賛否両論あると思いますが、私は何事にもロマンを求める派なのでそう思うんだと思います。

まぁ次の試合はガチで半端ないところを観せて欲しいです。

 

さて、ゲームの方ですが、やはり「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」ばっかりやってます。

面白い!

ストーリーを覚えているところがチラホラあるんですが、そういえば発売当時は一本道でつまらないと言う意見があったことを思い出しました。

最新のオープンワールドのような自由度は全くありません。

ただ、当時のファイナルファンタジーって、10とかも一本道だったように記憶しているんですよね。

物語にそって移動して戦闘してみたいな。

確かにそういう面はあると思いますが、物語を観せるのには一本道もいいんじゃないかと思います。

今回は映像もレベルアップしてますし、話が面白いのであれば集中できて逆に良いと思います。

まぁ今見ると主人公がファイナルファンタジー10と似てる気がするんですよね。

金髪でわんぱく小僧なところとか。

この頃ってお肌ツルツルのティーンエージャーが主役だったんですが、最新作ではホスト系男子が主役になってます。

やはり海外を狙うならオサ~ンじゃないと無理があるんですかね。

「えっ?子供が世界を救う?んな、アホな。」的な意見ってありそうじゃないですか。

考えて見ればメタルギアのスネークなんてヒゲ面のおっさんですし。

あ、そうそう。

ウィッチャーのゲラルトと、メタルギアのスネークって似てますよね。

ああ言うタイプが海外ではウケるのかなぁ?

ストーリーの進捗は、まだまだ序盤です。

フランが出てきたので、エロい恰好だな~としか思っていません。

いや、ほんとにエロいんですよ。

あんな衣装の人が歩いてたらウヒョ~って言いますよね、普通。

え?真面目にゲーム進めろですか?

あ、そうそう。

コントローラーを新調したんですよ。

今まで使っていたのはxbox360の有線コントローラーだったんですが、今回は奮発してxboxoneの無線コントローラーを買いました。

いいですよ~。

これまでより20倍操作性アップです。(当社比)

なんかね、安っぽくないんですよ。

前のはプラスチックプラスチックしてたんですが、今回は適度に重くてボタンも重厚感があります。

まぁお値段もこれまでの3倍ぐらいなんですが、十分投資に見合う満足度だと思います。

 

それから、そろそろsteamのサマーセール終わってしまいますよ。

もう何か買いました?

私は追加で「INSIDE」と言う作品を買いました。

なんでも鬱ゲーなんですって。

説明を見ても良く分からなかったですが、暗い感じのゲーム画面です。

評価が高いのと前から気になっていたのでセールだったので、ゲッツ!です。

う~ん、セールはヤバいですね。

積みゲーがどんどん酷くなっていきます。

10月のハロウィンまでに今回買った分を、はければいいんですが、残ったままハロウィン、ウィンターセールで、また新しいのを買ってしまうんでしょうね。

誰か何とかして~!

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

Steamのサマーセールっす。

みなさん。

年に数回のSteamのセールですよ~。

今回はサマーセールです。

毎年恒例なんですがBIGセールは、ウィンター、サマー、ハロウィン、オータム等があります。

途中で不定期にウィークセールやらもあるのはあるんですが、割引率が低かったりメジャーなゲームが無かったりするので、やはりBIGセールを待つことになります。

いや、まだ私、ユーザーになって1年半ほどしか経ってないですが、既に積みゲー満載です。

どうしたもんでしょ。

働いているうちはできそにないので、いつかジジィになってから老後の楽しみにしようかと思っているんですが、指やらがプルプルしてできなくなっている気がしないでもないなぁ。

さて、そういう泣き言は置いておいて、今は目の前の獲物を物色しましょう。

メジャーどころではPUBGが安くなっています。

あ、正式名称は「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」って名前です。

100人ぐらい同時にプレイして最後の一人になるまで殺しあうみたいなゲームらしいです。

う~ん、どうなんでしょうね。

複数人でチームを組むと面白いらしいですが、一人で参加して面白いのかなぁ。

あと、チーターも多いらしいです。

いや、チーターと言っても走るのが早い奴でも水前寺でもないですよ。

データをいじって強力なプレイヤーデータに違法改造する人達のことです。

そう言う相手には勝てないようなので、ちょっと引いてしまいました。

そんなのに出遭ったら、やる気ゼロになりそうですよね。

時間と気分を壊された感じになりますし。

なので、それを買うのは保留にしました。

それから「EARTH DEFENSE FORCE 4.1 The Shadow of New Despair」も60%OFFです。

思わず買いそうになりましたが、よく見てみるとマルチプレイでチーターが混ざっていた場合、セーブデータがおかしくなるとかならないとか書いてあります。

セーブデータがおかしくなった場合、復旧できないと言うことなので、これも見送りました。

頑張ってプレイしたデータが壊されたら、ダメージ大きいですもんね。

特に私のような積みゲー野郎には致命的なダメージになってしまいます。

さらに物色していると「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」が50%OFFです。

こちらは去年リマスターされた作品です。

と、言うよりこの作品、私はプレステ2だったかでやったことがあるんですが、途中で仕事が忙しくて最後までやらずにゲームがどっかにいってしまったんですよね。

まぁまぁ面白かった思い出があるので、美麗映像になったとのことなのでやり直そうかと買ってしまいました。

モンハンワールドと2本立てでやろうかなと思ってます。

やる暇あるのか!?

あと、レースゲームで「WRC 7 FIA World Rally Championship」も60%OFFです。

結構リアルでやり甲斐ありそうなのに、や、安い。

それにラリーは好きなので買ってしまいました。

他2本のゲームの息抜きとしてやりますか。

やる暇あるのか!?

他もいい感じなのがありますが、もう既に持っているのも多いので今回はパスです。

ほんとこの1年半でかなり買いまくったんですよね。

ってか、買うのが無いぐらい買うってアホですか・・・?

 

年に数回しかないチャンスですし、この次のセールは秋まで待つことになりますので、ゲーマーのみなさんも夏休みの宿題用にいかが?

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

いや~、モンハンっていいもんですねぇ~。

いや~、モンハンっていいもんですねぇ~。(水野晴夫風)

今週は「メタルギアサヴァイブ」は、お休みにして「モンスターハンターワールド」にドップリと浸かっています。

モンスターハンターワールドは、間違いなく面白いです。

ってか、3DSのモンハンから来た人は戦闘が、やり易いと感じると思います。

PS4コントローラーの威力で、めちゃくちゃ操作がし易いです。

画面も綺麗ですし、3DSのモンハンで感じていた不満は、ほぼ解消されています。

さて、ゲーム開始です。

やはり3DSのモンハンと違って、一瞬でロード完了とはいかないですが、まぁ許容範囲です。

まずはキャラ作成です。

う~ん。

やはり私はキャラを作るのが苦手です。

目とか鼻とか考えれば考えるほどイメージと違って、だんだん何が良いのか分からなくなっていくんですよね。

最後は面倒になってもうええわ~的な決め方になってしまいます。

あ、今回ももちろん女性キャラですよ。

おっさんキャラでは癒されないので、男女で能力差が無いゲームでは、たいてい女キャラを使っています。。

ただ、最近のゲームは協力プレイなども多いので、誰かと協力プレイするときに女キャラだとチャットでどんな喋り方にするか悩むんですよね。

ゲーム的にはネカマプレイの方が世界観が壊れずいいかなと思うんですが、オネェ言葉で話すのも面倒ですし。

なので、ほとんど無口か定型文になってしまうんですよ。

 

えーとね。

今回のキャラ作成のイメージとしては、スペースアドベンチャーコブラに出てくる女性キャラ風で行こうと思います。

そう、あのセクシーコスプレの女達みたいな感じにしたいんです。

いいですねぇ~。

寺沢武一さん最高です。

初めて漫画のコブラを見た時に、なんちゅ~エロいキャラを描くんだと思ってました。

さて、私のキャラですが、何故かちょっと面長になってしまいましたが、まぁもういいでしょう。

やればやるほど微妙な顔になってしまいます。

いっそシャクレね~ちゃんにしようかと思いましたが、何とか思いとどまりました。

あと、モンハンでは胸とか尻とか身体のパーツを選べないところは誤算でした。

ボッキュンボンじゃないとイメージ通りになりませんよね。

あと、ハイレグコスチュームとか無いかなぁ。

え?ゲームの目的を見失ってます?

 

さて、始めるとします。

「もんはんわ~るど~!」と叫びながらゲームスタートです。(それ必要?)

とりあえずチュートリアルで操作方法を確認します。

3DSのモンハンとほとんど同じ操作方法で、ちょっと安心しました。

チュートリアルが終わり、拠点に着きましたが、結構広くて迷子になりそうです。

早速冒険に出かけましょう。

今回はヘンな翼竜に掴まって出発します。

外界も広いっす。

これまでの3DSのモンハンと比べると、視界が広くて頭上の覆いが取れたみたいな気分です。

開始したのはトカゲの怪物を狩るクエストなんですが、こんな広いところでどうやって探すね~んって感じです。

3DSのモンハンの場合は画面も小さいせいか、探したら見つからない気がしなかったんですが、今回は逆に見つけられる気がしません。

これまでのモンハンには、ペイントボールと言うマーカーを敵にぶつけて敵の位置を把握するアイテムがあったんですが、今回はそれがありません。

代わりにモンスターの臭い?を追跡する虫があります。

足跡やらモンスターが残した痕跡を調べると、猟犬が獲物の臭いを追跡するように、発光する虫がモンスターの居る方向を教えてくれます。

これはなかなか良いシステムですね。

前回までのようにペイントボールを当ててと言う方式だと、ペイントボールの効果が切れた後、行方不明になって何分も探し回るハメになる場合が多かったんですよね。

それに今回は、もしヤラれても効果は切れず、モンスターの位置は分かります。

 

それからモンハンお馴染みの素材採取ですが、モンハンワールドでも落ちているキノコやらを採取できます。

ただ、前作までのように、その場でゴソゴソ探して採ると言うよりボタン一発で採れるものが多いです。

走りながら採ったりできるので楽ですよ。

さて、今回のクエストターゲットのトカゲですが、ちょっとパンクファッションなトカゲです。

こやつ何故かパツキンのロン毛なんですよ。

人間だったら「何調子乗っとんねん。」と絡まれそうな髪型です。

どう料理してやろうかと思っていると、ノコノコと巣から出てきました。

ちなみに私の武器はチャージアックスです。

女なのにイカツイ武器ですが、私がモンハンダブルクロスから愛用している武器なんですよね。

チャージアックスは普段は剣と盾なんですが、ボタンを押すと斧に変形できると言う優れものです。

剣で攻撃するとエネルギーをチャージして、斧で殴る時にいろんな攻撃効果を使えるんですよ。

最初に使ってみたときはとっつき辛かったんですが、攻防一体でそこそこ決め手のある武器なので慣れると心強いです。

斧で殴りまくっているとトカゲ大王は倒れました。

正直な感想は、「よっ、よっわ。」です。

まるで調子に乗って髪をパツキンにしている、体力の無いヤンキーのに~ちゃんみたいです。

あっけないぐらいアッサリと狩れました。

 

モンハンワールドでは、見慣れないモンスターが多いですが、過去作品に出てきたモンスターのイトコみたいなのも多いです。

例えば、前作のウラガンキンだとしか思えない、骨を纏ったウラガンキンみたいなのだとか。

動きもほぼ一緒でホネガンキンと私は呼んでます。(そのままやな)

私が今どれぐらいゲームを進めているかと言うと、先日ハンターランク10になったところです。

正直、まだ最初の方だと思うんですが、ストーリー的にはどこまで進んでいるかは分かりません。

ってか、まだマルチプレイをしてないので全くのゴマメだと思うんですけどね。

いや、まだまだランクが低いので世(マルチ)に出るのは恰好悪いじゃないですか。

マルチデビューはソロシナリオを、ほとんどクリアできてからにしようかなと思っているんですよね。

あ、でも、そうは言っても、モンハンでは有名モンスターのリオレイア、リオレウスは既に狩りました。

両方ともそれほど強くなかったです。

まぁモンハンダブルクロスでも獰猛化してなかったら、それほど強くは無いんですけどね。

今日はキリンでも狩ろうかなぁ。

あ、てなわけで、モンスターハンターワールドはお勧めです。

posted by daibit in ゲーム and have No Comments