レトロな男の部屋

Retro man's room

Archive for 11月, 2018

Steamオータムセールの季節でっす。

さてさて、今年もSteamオータムセールの季節がやってまいりました。

またまた、積みゲーを積むチャンスです。

えっ?「もうええわ~!」ですって?

まぁ、「もうええわ~!」と自分でも思っているんですが、「お前がやらねば、誰がやる。」的な使命感から止められません。(一体何と戦ってんねん。)

いや、「そこに山があるから登る。」的な感じですかね。

うそです。

ええカッコしました。

ってか、まだ登りさえしていないので、単に山が積み重なっているだけなんですけどね。

それでSteamオータムセールの目玉商品はと言うと、実は私、ほとんど目ぼしいものは買い切ってしまってるようです。

目ぼしくて残っているのは日本語版が無いものとか、あまり割引になっていないものだったりします。

日本語版が無いゲームも、いくつかプレイしたことがあるんですが、ジャンルによってはちょっと辛いんですよ。

特にRPGとかは古い言い回しがあったりして、日本語で言うと古文みたいなことなんだと思いますが、さすがに分からんでしょ。

テキストが止まってくれるタイプのものは、まだ調べられるんですが、動画中で話されるともう無理です。

何がどうなっているのか全く話についていけません。

あと、あまり割引になってないものも敬遠してます。

どうしても今やりたいのは買うんですが、ほら、山ほど積みゲーがあるので急いで買っても全く手を付けられないですし、それだったら見送って割引率が高くなってからと言うことなんですけどね。

まぁどっちにしても買うんですけども。

それで、今回のセールで買ったのは・・・。

「Shadow Tactics: Blades of the Shogun」、「Sonic Mania」です。

「いやいや、また買ってるやん。」って思った人、これでも結構厳選して買うようにしてるんですよ。

Steamを使い始めた頃なんて「あれもある。これもある。」と思ったのと、セールが毎年あるのを知らなかったので、今買わないともう機会が無いかもと思って、何でもかんでも買ってました。

積みゲーが増えすぎて、こりゃいかんと思ってからは評価が80%ぐらいのものじゃないと買わないようにしています。

安くてもク〇ゲー積んだら厳しいでしょ。

「Shadow Tactics: Blades of the Shogun」の方は前から気になってたんです。

大昔流行ったステルスゲー「Commandos: Behind Enemy Lines」によく似てます。

ただ、舞台が第2次世界大戦ではなく戦国時代の日本と言うところが面白いんですよね。

忍者とか侍とか特徴の違うキャラを使うわけです。

軽くやってみましたが、なかなか良さげです。

あと、「Sonic Mania」は「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」と言う大昔のゲームをリメイクしたようなゲームなんです。

セガのメガドライブの名作だったんですが、私、当時は大のセガファンだったもので、メガドライブでこのゲームを何度プレイしたか分かりません。

そんな私が買わないわけにはいかないでしょう。

あ、リメイクと言ってもそのままじゃなくて説明によると、

『「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ2」、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ3」、「ソニック&ナックルズ」、「ソニックCD」から、選りすぐりの有名ステージを新たな仕掛けや驚きを多数追加して一新し、さらに本作のためにデザインされた完全新規ステージも多数収録された。』

とあります。

美味しいどころを集めた「味の宝石箱やぁ~。」的なゲームみたいです。

でも、単なる移植じゃなくて架空の新ハード「スーパーメガドライブ」向けに作り直したと言うところが面白いです。

「スーパーメガドライブ」ってネーミングだけでも、そそられるなぁ。

セガさん、そろそろニューハードどうですか?

 

それから、誰も待ってないかも知れない私のゲームプレイの状況ですが・・・。

「Dead by Daylight」は、普通にプレイしているだけな感じですかね。

ってかねぇ、毎月ランクリセットがあるのでランクを上げるモチベーションはありませんし、ボーナスポイントやらイベントが無いと、やったるで感が減ってガッツリとはやらない感じになってきています。

と言いつつ、毎日何試合かはプレイしますけども。

そうそう、最近新しいキャラの予告があったようです。

DLCなんですが、今回は雪山が舞台の殺人鬼と、生存者のようです。

私の予想では次の殺人鬼はビッグフットじゃないかと思ってるんですけどね。

えっ?それは人間じゃない?

あと、「.hackGU」ですが、まだあんまり進んでません。

最近思うのがこのゲーム、プレイ自体よりストーリーを楽しむゲームなのかも知れません。

ストーリーが吹替音声で、どんどん進んでいきます。

これはこれで面白いと思いますが、一旦シーンが始まると2、30分は終わらないので寝る前にやると寝るタイミングが難しくなるかも。

 

それと「Last of us」ですが、そろそろ大詰めかも知れません。

キツい戦いになってきました。

やっぱりゾンビより人間の方が怖いなぁと感じます。

それはこのゲームのテーマかも知れません。

最後に「東京新世録 オペレーションアビス」ですが、秘密戦隊ものっぽくて面白いです。

絵がちょっとオタクな感じですが、ゲーム自体はしっかりしていると思います。

ウィザードリィの進化系みたいです。

ロバート・ウッドヘッドさんも驚くかも?

あ、「ロバート・ウッドヘッド」はウィザードリィの作者です。

ちなみに「リチャード・ギャリオット」はウルティマの作者です。

あと、どちらもハゲてしまいました。(え?それはいらない?)

 

良く考えると4つも並行してプレイしてるから積みゲーが進まないんですよね。

まぁでも、それぞれハードが違うようにしたり、週末しかプレイしないとか切り分けているので、一週間全く触らないゲームがないようにはしてます。

なんだか仕事みたいな感じだなぁ。

そんなこんなの秋の夜長です。

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

GPDwinの話でも。

もう11月も半ばですね。

早いっ。

ついこの間まで暑い暑いと言っていたのが嘘みたいです。

こうやってあっという間に年を取るんでしょうねぇ。

あ~、やだやだ。

さて、今週もあんまり目新しいことは無いのですが、Steamで安売りしてたゲームを思わず買ってしまいました。

と言うのも、実は私、もうかなり前になりますがGPDwinと言う超小型PCを衝動買いしてしまったんですよね。

欲しくなってしまうと居ても立っても居られないようになるタチなので、欲しいと思って3日後ぐらいに買いに行ってしまいました。

新製品で他にないような珍しいものをみると欲しくなるんです。

このGPDwinもそうで、なんとこのPC、見た目は3DSLLにクリソツです。

本体にコントローラやボタン、アナログパッドまでついてます。

初めて見た感想は「うわ~!思いっきり突っ走ってるなぁ!」でした。

良くあるどっちつかずの「仕事もできるけどゲームもできますよ。」みたいなPCには、あまりそそられないんですよね。

それとは真逆にこう言う潔いのは大好きなんですよ。

「ゲーム用です。仕事用にはならないですが、ゲームには向いてます。とりあえず、ゲームしましょう。ゲーム、ゲーム。」みたいな。

でもね、衝動買いで買ったはいいけど、良く考えると使い道が無いって言うことありませんか?

まさしくそれなんですよ、これ。

私のパソコンはゲーミングPCですし、しかも、3DSもVITAも持っていると言う・・・。

家でゲームするにはPCかPS4がありますし、持ち歩き用のも持っているのでGPDwinの出番が無い感じなんです。

あと、Steamはリモートプレイが出来るのでディスプレイから離れてゲームができるのはいいかなと思ってたんですが、PCのすぐ横のベットに寝転がってやるので意味ねぇ~でした。

やってもた~ですよ。

それともう一つ誤算だったのは、3Dゲームがほとんど動かないと言うところです。

まぁ確かにCPUがAtomなので「動くわけあるか~い!」なんですけども。

でも、youtubeで見てると、粗いながらもスカイリムを動かしてたりしますし。

ちょっとぐらい絵が粗くても3Dで動くものが持ち歩ければと思ってたんですが、実際やってみるとモッサリさんなんです。

普段ゲーミングPCでプレイしているのもあって、重いゲームは受け付けない身体になってしまいました。

あと、PC用に使うには画面が小さくて私の目では文字が見えません。

何を書いてるか分からないとストーリーも分からないので、プレイが苦痛になってきます。

何度か我慢してプレイしてたんですが、いつもイライラして電源を切ってしまいます。

それでどうしようかと思っているうちに長い間放置プレイにしていたんですが、それではGPDwinがあまりに可哀相過ぎると言うことで復活方法を考えました。

だって、このままじゃ使えない外国人選手みたいでしょ?

結論から言うと3Dゲームはダメでも2Dゲームは余裕だったりするので、2Dゲームをメインでプレイしようかと。

いわゆる、代打要員ってことで。

「.hackG.U」は元はPS2の頃のゲームなので、「3Dと言ってもさすがに余裕じゃね?」と思ってインストールしてみたんですよ。

でも、かなりモッサリで諦めました。

やはり3Dは無理な感じです。

なので、最初の話に戻りますが、Steamで軽いゲームを買うという作戦に切り替えようと思いました。

今回は日本一ソフトウェアの「東京新世録 オペレーションアビス」と言うゲームがセールだったので買いました。

このゲーム、元々VITA向けだったのをPCに移植したみたいです。

「VITAを持ってるならそっちでやれば?」と言う意見もありそうですが、恐らくVITA版は中古ショップで買ってもSteamより高いと思います。

まぁそれだけの理由なんですけどね。

あ、パッケージで引いた人、確かに引くよねぇ。

Steamで買ったので、こんなんだったんだと私も今気づきました。

さすがに、もうそんな趣味はありません。

私は、オタクはオタクですが、美少女とかじゃなくて、単なるゲームオタクなだけなので・・・。

でも、中身は硬派なRPGなんですよ。

このゲームはウィザードリィタイプの3Dダンジョン探索RPGです。

今風にアレンジしてあるのでウィザードリィの重苦しさと違って画面が派手で楽しげです。

試しにインストールしてみましたが、快適に動きます。

結構キャラがしゃべったりするので、思ったより楽しめそうです。

あと、元がVITAのゲームなので字が読みやすいです。

同じぐらいの画面サイズなので、ちょうど良いのかも。

これが面白ければ「東京新世録 オペレーションバベル」もやろうかななんて思ってます。

あ、調べてみるとこのゲームは3部作らしいです。

最近続編ありのゲームが多くて積みゲーが増加の一途だなぁ。

そろそろ、Steamオータムセールもあるようですし、どんだけ増えることやら・・・。(もう買うなよ)

 

ええと、一応、GPDwinの話をしておくと。

私の持っているのは一世代前のバージョンです。

最近、GPDwin2と言うのが発売されたようです。

大きく違うのはCPUで新しいのはcore m3で古いのはAtomです。

まぁAtomじゃ色々と苦しいですよね。

ってか、新型でもちょっと重い3Dゲームは辛いということなので、期待して買っても「え?」みたいになりそうな予感がします。

あと、新型はお値段が張ります。

8万円ぐらいするようです。

たっ、高い・・・。

さすがにこの値段を衝動買いして使えないとショックですよね。

GPDwinは、その半額でした。

いや、使わなかったら4万円でも十分高額なんですけどね。

とりあえず、頑張って使ってあげることにします。

いや、これってGPDwinを使うためにゲームを買うと言う本末転倒なことになってる気がしないでもないなぁ。

posted by daibit in ゲーム,電気製品 and have No Comments

SSDの換装の感想。

いや~、何だか暑いですね。

まるで夏の前みたいです。

今年の夏は暑い暑いと、何度書いたか分かりません。

と言いつつ、安心させておいて、いきなり寒くなるパターンなのかも知れません。

どうなることやら。

 

さてさて、SSDを換装した私のPCですが、すこぶる快調です。

やっぱり大容量は快適ですよ。

SSDにインストールしたゲームでロード時間の速さが分かるような重いソフトは、まだ起動してないので、待ち時間が減ったかどうか分からないですが、とりあえず「CrystalDiskInfo」の健康値が正常になったので満足しています。

この値が正常じゃなくて何パーセントと表示されていても、ほとんど関係無いと言う話もあるので、パーセントが減ったところで急に壊れることも無いんだと思いますが、精神衛生上気持ち良いですよね。

まぁそもそも替えなくても良かったのかも知れないですが、今の環境が壊れて再インストールとかになるのは避けたかったんですよね。

一応、HDDにシステムのバックアップは取ってますが、そのデータで確実に戻せるのかというと不安な感じがするんですよ。

そう考えると、つい最近まで動いてたSSDを非常時用にそのまま置いておいて、新しいSSDにクローンして稼働させるほうが安全な気がします。

何かあったらサクッと前のSSDに付け替えれば取り合えずは動くでしょみたいな?

年のせいかほんとに慎重になったものです。

昔は再インストールなんて3日に1回やってた頃もありましたし。

「あれっ?何か調子悪いな。再インストールするかー。」的な。

何度大事なメールやらを消してしまったか分かりません。

今のwindowsと違って、昔のwindowsって不安定だったんですよ。

windows98とか、ちょっとしたことでブルースクリーンになりますし。

今じゃブルースクリーンさえ珍しいでしょう?

それに使っているうちに、だんだん重くなっていくんです。

そりゃもう、今の重いとはレベルの違う重さです。

砂時計表示用PCかと思うぐらい、砂時計が回ったままで制御が戻ってきません。

あ、ちょっと無駄話が多いですね。

誰もあんまり待ってなさそうな気がしないでもないですが、そろそろゲームの話題に行きましょう。

今週も「Dead by Daylight」の話題から。

ハロウィンイベントも終わって、ショボくなったのかと思うとそうではなくて、今度はポイント1.5倍増量イベントです!

いや、実は私も知らなかったんですが、いつの間にやら始まってもう終わりそうです。

ってか、1.5倍って微妙です。

明らかに増えた感じもしないですし。

言われてみれば増えてたレベルなので、まぁオマケ的な感じですかね。

あんまり目新しい動きはありません。

このゲームで最近思うのは殺人鬼でプレイできないなぁと言うところです。

ほんとにマッチングしにくいんですよね。

補正が入って殺人鬼に有利になったので、それでプレイヤーが増えたのかも知れません。

まぁこのゲームはそんな感じです。

で、PS4の「Last Of Us」の方ですが、少しだけ進みました。

今週の収穫は火炎瓶が使える武器だというのが分かったところです。

使いにくそうに思える武器ですが、実は複数の敵が来たときはかなり有効です。

全員丸焼けです。

あと、火炎瓶を投げた後から来た相手にも地面が燃えていれば燃え移るんですよね。

コンガリ美味しく焼けました~的な。

そのおかげで敵が大量に沸いても余裕な感じになりました。

今週は時間が無くて、ストーリー展開はあまり変化なしでした。

あ、そうそう。

今週は「.hack G.U」をプレイしました。

軽く様子だけみようと思ったんですが、思わず入り込んでしまいました。

面白いか面白くないかですか?

最初の感想は、さすがにチープな印象は拭えないなぁと言うのが正直なところだったんですよ。

PS2が元なんですから、まぁそんなに期待する方が悪いでしょう。

でも、ムービーやら、吹替やらを見てると、かなり熱がこもっていると感じました。

MMORPGが流行り始めた頃の作品だったと思うので、ストーリー的にも当時は斬新だったんだろうなと思います。

MMORPGのプレイヤーが現実とゲームの間で事件に巻き込まれる話のようです。

ソードアートオンラインと言う同じような題材のアニメもあるようですが、こちら(.hack )の方が先のようです。

現時点での評価ですが、やはり古臭い感があります。

まぁPS2のゲームなんですから、当たり前と言えば当たり前なんですけどね。

懐かしいと思ってプレイする人には良いと思います。

ストーリーは良いんじゃないでしょうか。

物語が吹替の音声付きで、どんどん進んで行きます。

「次はどうなる?」みたいなところはテンポが良いと思います。

ただ、話が始まると長くて途中で止めにくいのは、平日にやるにはしんどいかな。

まだシナリオ1が始まったばかりなので、これがあと3本続くと思うと怖いなぁ。

シナリオ1って書きましたが、1本のゲームですからね。

販売されているゲーム4本分セットって・・・。

さらに積みゲーが増えるなぁ・・・。

posted by daibit in ゲーム,電気製品 and have No Comments

マリオ死去!?

知ってました?

あのマリオブラザーズのマリオにモデルが居たんですって。

マリオ・セガールさんと言う人らしいのですが、先日亡くなったそうです。

う~ん。

結構、古くからのゲーマーだと自負していたですが、知らなかったです・・・。

なんでも、この人の会社が所有していた倉庫を1981年に任天堂のアメリカ法人であるNintendo of Americaに貸していたそうです。

それでマリオさんと、「マリオ」と付ける前のキャラが似ていることに気づいた人がマリオと名付けたようです。(ややこしい)

そんなに似てるかなぁなんて思ったりしますが、まぁ鼻が似てるかも?

ってか、昔は似てたのかも知れませんね。

ちなみにルイージのモデルも調べてみたんですが、こちらはマリオの色違いで「類似」と言うダジャレみたいです。

まじで?

ちょっと話のタネになったんじゃないですか?

さて、ゲームの話ですが「Dead by Daylight」は、ハロウィンイベントが終わってしまいました。

ポイントも稼いでレベルを上げて衣装も2つ手に入れました。

あと、ハロウィンセールもあったので、そこでカーテンコールと言うDLCを購入しました。

このDLCには新キャラが2つ付いています。

キラーはクラウンで、生存者はケイト・デンソンです。

クラウンはピエロの衣装で毒ガス瓶を投げてガスで生存者の足を遅くして攻撃します。

メタボな感じのオヤジなので、格好良い要素はありません。(笑)

ケイトは歌手の設定でセクシーなキャラです。

まぁちょっと腕の入れ墨がビッチな感じですけども。

このDLCは、ケイト目的で買ったんですけどね。

エロい衣装もあるみたいです。

そんなこんなでハロウィンイベントは楽しく過ごすことができました。

さて、ゲームの話はこれぐらいにして、前回はPS4のディスクをSSDに替えた話をしたかと思いますが、今回はPCの方もSSDを交換して容量を大きくしました。

私のPCは、もともとSSDなので早さはあんまり変わらないと思いますが、容量を増やしてそこに、よく遊ぶゲームを入れようと思ったんです。

あ、そうそう。

最近はSSDの種類でM.2と言う規格が出てきたみたいです。

このM.2と言う規格は、めちゃくちゃ早いと言う噂です。

なんでもSSDの5倍ぐらい早いらしいです。

私のマザーボードでも使えるようなので、「これだ!」と思って飛びつきそうになりましたが、良く調べてみるとゲーム利用では言うほど体感速度は変わらないみたいです。

ベンチマークは早くても、体感速度が変わらなかったら自己満足だけですからねぇ。

なので、今回はM.2は止めてSSDを容量重視で選びました。

Crucialと言う有名メーカーのMX500と言う製品に決めました。

堅牢な作りのようで容量は500Gあります。

元々Cドライブに使っていたのがMX300と言う製品だったので、同じメーカーの上位版になります。

最近は元々のディスクの内容を、ソフトでそのままクローンするのが普通みたいです。

昔はハードディスクを交換する時は、OSを新規インストールするのが普通だったんですけどね。

「AOMEI Backupper Standard」だとかのクローンソフトを使うのが良いとネットのページにあります。

評判が良いみたいなので、これを使うことにしました。

順にボタンで選択していくんですが、途中でアップグレートすればこの機能を使えるみたいな表示になります。

どうもクローンするには、このソフトを買わないといけないようです。

騙された~。

5千円ぐらいで買えるみたいですが、MX500が1万円なので5千円も出すのはちょっとねぇ。

気を取り直してMX500の入っていた箱を見ます。

なんでもバックアップソフトが無料でダウンロードできるらしいです。

「Acronis True Image for Crucial」と言う有名どころのソフトです。

for Crucialとあるので、MXシリーズにも最適化されているんでしょう。

私の場合、MX300からMX500なのでどちらも同じ会社のSSDと言うことで思いっきり期待できます。

恐らく動作確認もされているでしょう。

そう思って、クローン開始です。

何故だか分からないですが、途中でエラーで止まってしまいました。

う~ん。

何となくですが、windowsでフォーマットしたのがいけなかったような気がします。

フォーマット自体は良いですが、ブートレコードにGPTじゃなくMBRを選んだのがいけなかったのかも知れません。

と言うのもネットで調べるとMBRにしろと書いてあるページが多かったので選んだんですが、私のPCのCドライブはすでにGPTでフォーマットされているので、その辺りが合わなかったのかも。

GPTでフォーマットし直して、もう一度クローンすると完了しました。

SSD同士だから直ぐ終わるかと思いましたが、結局1時間以上かかってしまいました。

SSDをサクッと差し替えて再起動するか~と思ったんですが、私の野生の勘が働きました。

いや、勘がと言うより、これまで何百回と言うPC改造の失敗を重ねた経験と言うか、今回は何かスムーズに行き過ぎている気がしたんですよ。

こう言う時に限って、後でドエライことになるパターンが多いんですよね。

そう思って念のため調べているとやっぱりありました。

セキュアブートの話です。

最近のWindows(マザーボード)にはセキュアブートと言う仕組みがあるようです。

これは一度使った機器をキーで登録して紐づけるような仕組みで、ブートの時に不正に改ざんされてないかチェックして改ざんがあれば起動できなくするみたいなものです。

どうも、SSDも紐づけられたものを1度外すと、もう一度つけ直しても起動しなくなるようです。

またまた余計な仕組みを・・・。

思った通り私のPCもセキュアブート有効になってました。

なので、そのままSSDを交換して立ち上げるとアウトだったかも知れません。

こっわ。

昔の私だったらまんまとやられていたことでしょう。

「えっ?なんか立ち上がらない。こんなことがあっても前のSSDがあるから安心でしょ。えっ?こっちも立ち上がらない!?助けて~!!」みたいになってたと思います。

なんちゅ~罠を仕掛けるんでしょうね。

怖すぎるでしょ。

長年、伊達にPCいじりしてません、やはり亀の甲より年の劫ですねぇ。

調べているとメーカー製のパソコンで、そんなことになってメーカー修理になった人がいるようです。

可哀相だなぁ。

 

それでBIOSの設定でセキュアブートの項目を見つけて無効にしました。

ほんとは先週入れ替えできそうだったんですが、もし何か忘れていて立ち上がらなくなったときのために翌日が休みの日を狙いました。

立ち上がらない状態のまま、一週間、何もできないと言うのは嫌過ぎるでしょ?

ほんと我ながら慎重になりました。

差し替えも上手くいったので、新しいSSDによく遊ぶゲームをいくつか移動しました。

ゲームの起動もスムーズでやはり快適です。

う~ん。今回は交換して正解だったなぁ。

MX300でも全然OKだったんですが、容量が50Gを切っていたのと、「CrystalDiskInfo」で健康状態が96%になっていたのが気になって替えたんですよ。

「CrystalDiskInfo」の健康状態って気になりますよね。

あんまり関係ないようですが、減っていると不安になります。

こちらも調べていると減ってから何年も使えているという人もいるようです。

どうでしょう?

今回は珍しくちょっとタメになる話だったんじゃないですか?(自画自賛)

たまには耳寄り情報も無いとダメですもんね。

では、みなさんもSSDの換装には気を付けてください。

posted by daibit in ゲーム,電気製品 and have No Comments