レトロな男の部屋

Retro man's room

Archive for 6月, 2018

フランいいね!

いや~、眠いです。

昨日はサッカーワールドカップ、ポーランド戦を観てました。

やはり強かったですね。

負けてグループリーグ突破なのでしっくりこないですが、それより何より最後のパス回しが気に入りませんでした。

ルール違反じゃないので構わないっちゃ構わないんですが、そう言うことじゃなくて、観ていて情けない気持ちになるところが嫌だなぁと思いました。

個人の考え方なので、賛否両論あると思いますが、私は何事にもロマンを求める派なのでそう思うんだと思います。

まぁ次の試合はガチで半端ないところを観せて欲しいです。

 

さて、ゲームの方ですが、やはり「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」ばっかりやってます。

面白い!

ストーリーを覚えているところがチラホラあるんですが、そういえば発売当時は一本道でつまらないと言う意見があったことを思い出しました。

最新のオープンワールドのような自由度は全くありません。

ただ、当時のファイナルファンタジーって、10とかも一本道だったように記憶しているんですよね。

物語にそって移動して戦闘してみたいな。

確かにそういう面はあると思いますが、物語を観せるのには一本道もいいんじゃないかと思います。

今回は映像もレベルアップしてますし、話が面白いのであれば集中できて逆に良いと思います。

まぁ今見ると主人公がファイナルファンタジー10と似てる気がするんですよね。

金髪でわんぱく小僧なところとか。

この頃ってお肌ツルツルのティーンエージャーが主役だったんですが、最新作ではホスト系男子が主役になってます。

やはり海外を狙うならオサ~ンじゃないと無理があるんですかね。

「えっ?子供が世界を救う?んな、アホな。」的な意見ってありそうじゃないですか。

考えて見ればメタルギアのスネークなんてヒゲ面のおっさんですし。

あ、そうそう。

ウィッチャーのゲラルトと、メタルギアのスネークって似てますよね。

ああ言うタイプが海外ではウケるのかなぁ?

ストーリーの進捗は、まだまだ序盤です。

フランが出てきたので、エロい恰好だな~としか思っていません。

いや、ほんとにエロいんですよ。

あんな衣装の人が歩いてたらウヒョ~って言いますよね、普通。

え?真面目にゲーム進めろですか?

あ、そうそう。

コントローラーを新調したんですよ。

今まで使っていたのはxbox360の有線コントローラーだったんですが、今回は奮発してxboxoneの無線コントローラーを買いました。

いいですよ~。

これまでより20倍操作性アップです。(当社比)

なんかね、安っぽくないんですよ。

前のはプラスチックプラスチックしてたんですが、今回は適度に重くてボタンも重厚感があります。

まぁお値段もこれまでの3倍ぐらいなんですが、十分投資に見合う満足度だと思います。

 

それから、そろそろsteamのサマーセール終わってしまいますよ。

もう何か買いました?

私は追加で「INSIDE」と言う作品を買いました。

なんでも鬱ゲーなんですって。

説明を見ても良く分からなかったですが、暗い感じのゲーム画面です。

評価が高いのと前から気になっていたのでセールだったので、ゲッツ!です。

う~ん、セールはヤバいですね。

積みゲーがどんどん酷くなっていきます。

10月のハロウィンまでに今回買った分を、はければいいんですが、残ったままハロウィン、ウィンターセールで、また新しいのを買ってしまうんでしょうね。

誰か何とかして~!

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

Steamのサマーセールっす。

みなさん。

年に数回のSteamのセールですよ~。

今回はサマーセールです。

毎年恒例なんですがBIGセールは、ウィンター、サマー、ハロウィン、オータム等があります。

途中で不定期にウィークセールやらもあるのはあるんですが、割引率が低かったりメジャーなゲームが無かったりするので、やはりBIGセールを待つことになります。

いや、まだ私、ユーザーになって1年半ほどしか経ってないですが、既に積みゲー満載です。

どうしたもんでしょ。

働いているうちはできそにないので、いつかジジィになってから老後の楽しみにしようかと思っているんですが、指やらがプルプルしてできなくなっている気がしないでもないなぁ。

さて、そういう泣き言は置いておいて、今は目の前の獲物を物色しましょう。

メジャーどころではPUBGが安くなっています。

あ、正式名称は「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」って名前です。

100人ぐらい同時にプレイして最後の一人になるまで殺しあうみたいなゲームらしいです。

う~ん、どうなんでしょうね。

複数人でチームを組むと面白いらしいですが、一人で参加して面白いのかなぁ。

あと、チーターも多いらしいです。

いや、チーターと言っても走るのが早い奴でも水前寺でもないですよ。

データをいじって強力なプレイヤーデータに違法改造する人達のことです。

そう言う相手には勝てないようなので、ちょっと引いてしまいました。

そんなのに出遭ったら、やる気ゼロになりそうですよね。

時間と気分を壊された感じになりますし。

なので、それを買うのは保留にしました。

それから「EARTH DEFENSE FORCE 4.1 The Shadow of New Despair」も60%OFFです。

思わず買いそうになりましたが、よく見てみるとマルチプレイでチーターが混ざっていた場合、セーブデータがおかしくなるとかならないとか書いてあります。

セーブデータがおかしくなった場合、復旧できないと言うことなので、これも見送りました。

頑張ってプレイしたデータが壊されたら、ダメージ大きいですもんね。

特に私のような積みゲー野郎には致命的なダメージになってしまいます。

さらに物色していると「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」が50%OFFです。

こちらは去年リマスターされた作品です。

と、言うよりこの作品、私はプレステ2だったかでやったことがあるんですが、途中で仕事が忙しくて最後までやらずにゲームがどっかにいってしまったんですよね。

まぁまぁ面白かった思い出があるので、美麗映像になったとのことなのでやり直そうかと買ってしまいました。

モンハンワールドと2本立てでやろうかなと思ってます。

やる暇あるのか!?

あと、レースゲームで「WRC 7 FIA World Rally Championship」も60%OFFです。

結構リアルでやり甲斐ありそうなのに、や、安い。

それにラリーは好きなので買ってしまいました。

他2本のゲームの息抜きとしてやりますか。

やる暇あるのか!?

他もいい感じなのがありますが、もう既に持っているのも多いので今回はパスです。

ほんとこの1年半でかなり買いまくったんですよね。

ってか、買うのが無いぐらい買うってアホですか・・・?

 

年に数回しかないチャンスですし、この次のセールは秋まで待つことになりますので、ゲーマーのみなさんも夏休みの宿題用にいかが?

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

いや~、モンハンっていいもんですねぇ~。

いや~、モンハンっていいもんですねぇ~。(水野晴夫風)

今週は「メタルギアサヴァイブ」は、お休みにして「モンスターハンターワールド」にドップリと浸かっています。

モンスターハンターワールドは、間違いなく面白いです。

ってか、3DSのモンハンから来た人は戦闘が、やり易いと感じると思います。

PS4コントローラーの威力で、めちゃくちゃ操作がし易いです。

画面も綺麗ですし、3DSのモンハンで感じていた不満は、ほぼ解消されています。

さて、ゲーム開始です。

やはり3DSのモンハンと違って、一瞬でロード完了とはいかないですが、まぁ許容範囲です。

まずはキャラ作成です。

う~ん。

やはり私はキャラを作るのが苦手です。

目とか鼻とか考えれば考えるほどイメージと違って、だんだん何が良いのか分からなくなっていくんですよね。

最後は面倒になってもうええわ~的な決め方になってしまいます。

あ、今回ももちろん女性キャラですよ。

おっさんキャラでは癒されないので、男女で能力差が無いゲームでは、たいてい女キャラを使っています。。

ただ、最近のゲームは協力プレイなども多いので、誰かと協力プレイするときに女キャラだとチャットでどんな喋り方にするか悩むんですよね。

ゲーム的にはネカマプレイの方が世界観が壊れずいいかなと思うんですが、オネェ言葉で話すのも面倒ですし。

なので、ほとんど無口か定型文になってしまうんですよ。

 

えーとね。

今回のキャラ作成のイメージとしては、スペースアドベンチャーコブラに出てくる女性キャラ風で行こうと思います。

そう、あのセクシーコスプレの女達みたいな感じにしたいんです。

いいですねぇ~。

寺沢武一さん最高です。

初めて漫画のコブラを見た時に、なんちゅ~エロいキャラを描くんだと思ってました。

さて、私のキャラですが、何故かちょっと面長になってしまいましたが、まぁもういいでしょう。

やればやるほど微妙な顔になってしまいます。

いっそシャクレね~ちゃんにしようかと思いましたが、何とか思いとどまりました。

あと、モンハンでは胸とか尻とか身体のパーツを選べないところは誤算でした。

ボッキュンボンじゃないとイメージ通りになりませんよね。

あと、ハイレグコスチュームとか無いかなぁ。

え?ゲームの目的を見失ってます?

 

さて、始めるとします。

「もんはんわ~るど~!」と叫びながらゲームスタートです。(それ必要?)

とりあえずチュートリアルで操作方法を確認します。

3DSのモンハンとほとんど同じ操作方法で、ちょっと安心しました。

チュートリアルが終わり、拠点に着きましたが、結構広くて迷子になりそうです。

早速冒険に出かけましょう。

今回はヘンな翼竜に掴まって出発します。

外界も広いっす。

これまでの3DSのモンハンと比べると、視界が広くて頭上の覆いが取れたみたいな気分です。

開始したのはトカゲの怪物を狩るクエストなんですが、こんな広いところでどうやって探すね~んって感じです。

3DSのモンハンの場合は画面も小さいせいか、探したら見つからない気がしなかったんですが、今回は逆に見つけられる気がしません。

これまでのモンハンには、ペイントボールと言うマーカーを敵にぶつけて敵の位置を把握するアイテムがあったんですが、今回はそれがありません。

代わりにモンスターの臭い?を追跡する虫があります。

足跡やらモンスターが残した痕跡を調べると、猟犬が獲物の臭いを追跡するように、発光する虫がモンスターの居る方向を教えてくれます。

これはなかなか良いシステムですね。

前回までのようにペイントボールを当ててと言う方式だと、ペイントボールの効果が切れた後、行方不明になって何分も探し回るハメになる場合が多かったんですよね。

それに今回は、もしヤラれても効果は切れず、モンスターの位置は分かります。

 

それからモンハンお馴染みの素材採取ですが、モンハンワールドでも落ちているキノコやらを採取できます。

ただ、前作までのように、その場でゴソゴソ探して採ると言うよりボタン一発で採れるものが多いです。

走りながら採ったりできるので楽ですよ。

さて、今回のクエストターゲットのトカゲですが、ちょっとパンクファッションなトカゲです。

こやつ何故かパツキンのロン毛なんですよ。

人間だったら「何調子乗っとんねん。」と絡まれそうな髪型です。

どう料理してやろうかと思っていると、ノコノコと巣から出てきました。

ちなみに私の武器はチャージアックスです。

女なのにイカツイ武器ですが、私がモンハンダブルクロスから愛用している武器なんですよね。

チャージアックスは普段は剣と盾なんですが、ボタンを押すと斧に変形できると言う優れものです。

剣で攻撃するとエネルギーをチャージして、斧で殴る時にいろんな攻撃効果を使えるんですよ。

最初に使ってみたときはとっつき辛かったんですが、攻防一体でそこそこ決め手のある武器なので慣れると心強いです。

斧で殴りまくっているとトカゲ大王は倒れました。

正直な感想は、「よっ、よっわ。」です。

まるで調子に乗って髪をパツキンにしている、体力の無いヤンキーのに~ちゃんみたいです。

あっけないぐらいアッサリと狩れました。

 

モンハンワールドでは、見慣れないモンスターが多いですが、過去作品に出てきたモンスターのイトコみたいなのも多いです。

例えば、前作のウラガンキンだとしか思えない、骨を纏ったウラガンキンみたいなのだとか。

動きもほぼ一緒でホネガンキンと私は呼んでます。(そのままやな)

私が今どれぐらいゲームを進めているかと言うと、先日ハンターランク10になったところです。

正直、まだ最初の方だと思うんですが、ストーリー的にはどこまで進んでいるかは分かりません。

ってか、まだマルチプレイをしてないので全くのゴマメだと思うんですけどね。

いや、まだまだランクが低いので世(マルチ)に出るのは恰好悪いじゃないですか。

マルチデビューはソロシナリオを、ほとんどクリアできてからにしようかなと思っているんですよね。

あ、でも、そうは言っても、モンハンでは有名モンスターのリオレイア、リオレウスは既に狩りました。

両方ともそれほど強くなかったです。

まぁモンハンダブルクロスでも獰猛化してなかったら、それほど強くは無いんですけどね。

今日はキリンでも狩ろうかなぁ。

あ、てなわけで、モンスターハンターワールドはお勧めです。

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

オネーク!オネェェ~~~クゥゥウ~~~ッ!

暑いですね~。

私も激アツですよ~。

「モンスターハンターワールド」買ったりました!!!

アホかと言う声が聞こえてきそうですが、「やりたかったら買う!」です。

いや、これでも半年ぐらい我慢してたんですけどね。

「龍が如く極2」も終わって気が抜けたと言うか、3DSのモンハンダブルクロスもひと段落したので、そろそろ次の狩りに出かけたくなったわけです。

それにモンハンシリーズ全てに言えることなんですけど、素材集めがかなり重要なので一回やってクリアみたいなことにはならないんですよね。

一応、ストーリーもあってエンディングもあるんですが、エンディングが終わったところで終わりかと言うと、そうではなくて、むしろそこから始まってたりしますし。

なので、モンハンは他のゲームで息抜きしながら並列でプレイできるゲームだと思うんです。

とりあえず、最近の積みゲーとしては「ファークライプライマル」と「メタルギアサヴァイブ」がありますので、どちらかと同時並行でプレイしようかと思います。

順番から言えば途中までプレイしている「ファークライプライマル」なんですが、「メタルギアサヴァイブ」も捨てがたい。

何だかんだ言ってメタルギアは大好きなので、サヴァイブは小島スタジオではない作品ですが、メタルギアと言う名前がついている以上やらざるを得ないです。

なので、ちょっと味見して、もし面白くなかったら「ファークライプライマル」をプレイしようかなとか思っています。

 

そうそう、話が変わりますが、みなさんのPS4は熱は大丈夫ですか?

冷却ファンが爆音になったりしてません?

最近、私のPS4は「ブォオオオオオオオ!」とか言ってます。

このままいけば昔の私の愛機PS3のように、熱にやられてYLODになってしまいそうな危険を感じています。

ネットで調べていると、PS4が熱でやられたと言う人も結構いるようです。

PS4を分解してCPUグリスを塗り直したら静かになったとか言う人も居て、「マジで?また分解しないといけないの?」と戦々恐々としていました。

もっと調べていると、ホコリが入らないようにPS4の横のスリットに装着するホコリ防止用のアクセサリをつけていると、冷却の邪魔になると言う記事がありました。

私もホコリ防止用のアクセサリを付けているので、「そんな訳あるか~い!」と思いながら試しに外したところ「ほんまや!」でした。

見事に静音化されました。

いやいやいやいや、ホコリで熱がこもらないように付けたのに、それを付けたおかげで熱がこもるって・・・。

「なにやっとんね~ん!」ですよ、まったく。

みなさんのPS4も爆音だったら、それが原因かも知れませんよ。

 

話が逸れましたが、積みゲーがいっこうに崩れません。

まぁ原因は次々と新しいのを買うからなんですが、もうちょっと上手く崩す方法を考えないと死ぬまでに終わらないなと感じています。

先日クリアした「龍が如く極2」は、65時間ぐらい遊んでいます。

モンハンワールドは、その程度のプレイ時間では済まないでしょう。

最近のゲームはサブクエストが多いので、積みゲー対策として、そのあたりをやらずに進めようかな、なんて思っています。

ただ、貧乏性なので、やらないと勿体ない気がしてしまうんですよね。

でも、これからはサブクエストはある程度大雑把にやって、時間がかかりそうなのは諦めるようにしようかと思います。

いや、考えてれば遊びなのに、そんなにガッチリ計画を立てるのもなぁとは思うんですけどね。

 

さて、「メタルギアサヴァイブ」ですが、現在インストール中です。

この記事を書きながらアップデートを待っていますが、全部で4.3Gのダウンロードですって。

ネットが早くなったから良いですが、「もはやリリースしたのと別のゲームになってるんじゃね?」な容量ですよね。

アップデート途中でも前のバージョンをプレイできるので、そのままプレイしてもいいんですが、新しいバージョンでは直っているバグに出会うと嫌じゃないですか?

最初のイメージって大事だと思うんですよ。

食ベ物の好き嫌いも一回目が美味しくなかったら、その後、その食べ物がマズいイメージになってしまって嫌いになるみたいですし。

そうこう言っているうちにアップデートが終わりました。

「さ~ヴぁいぶ~!!!」叫びながらボタンを押します。(それ必要?)

いきなりキャラ作成画面になりました。

まず、男か女を選びます。

もちろん女ですよ。

ただでさえ、殺伐系のゲームなのに、おっさんの顔と声では癒されません。

ゲームぐらい、ちょっと癒されつつプレイしたいです。

実は私、こう言う髪型とか鼻とか選んでキャラを作るのは苦手なんですよね。

なかなか自分の思っているイメージにならなくないですか?

最後は妥協してしまうので、結局なんでもいいのかも知れませんけども。

でも、キャラを作った後で思いますが、今回はスネークが出てこないようなので、スネークみたいなキャラにしても良かったかなと思います。

 

さてと。

このゲームを物凄く簡単に説明すると、異世界を探索するゲームですね。

舞台は前作「ファントムオブペイン」と、ほとんど同じです。

いや、異世界の設定なので違うんですが、見た目は同じような風景です。

と、言うか使い回しに見えるのは私だけ?

 

異世界が現れた際に何が起こったかの回想ムービーが始まりました。

おおっ!スネークおった~!

でも、すぐにヘリで脱出した~!

おそらくスネークは、そこだけしか出ないんでしょうね。

一瞬だけ盛り上がって盛り下がりました。

このゲーム、主人公が異世界に飛ばされて拠点を中心に探索を進めるのですが、AI(見た目はママルポッド)の指示に従います。

何か装備が手に入ったみたいです。

眼帯・・・、分かりました。

今回はスネークが居ないので、女スネークで行きましょう。

スネークの眼帯を形見に、オネークが頑張るとします。(えっ?サブい?)

しまったな。

そう言っておきながら名前をオネークにしてないところが、詰めが甘いですよね、私。

でも、いきなり眼帯が手に入るなんて思わないでしょ普通。

もし名前の変更ができるならオネークにしますってか、この記事の中ではオネークで通します。

ゲームオーバーになったら、チャンチャラチャンチャンチャン♪のゲームオーバーのテーマ曲の後に、オタコンが「オネーク!応答してくれ。オネェェ~~~クゥゥウ~~~ッ!」とか叫んだりなんかして。(もうええわ)

 

そうそう。

このゲーム、何かを作るのに素材を集めないといけないんですよ。

机を壊して木を取ったり、ドラム缶を壊して鉄を取ったり。

細かいなぁ。

こう言うのは日本人好みだからかと思ったら、最近のオープンワールドゲームでは割と普通なんですよね。

落ちてる物を集めて、クラフトして新しい物を作ると言うシステムなんですが、このゲームもそうみたいです。

細かいことが好きな人には、たまらないんでしょうね。

私は大雑把な方なので、途中で面倒くさくなりそうな予感がしてきました。

新しい武器とか作らずに、同じのばっかり作ってそうです。

最初の武器を作ることになったんですが、鉄パイプと何かでバールみたいなものを作りました。

ニュースで良く出てくる「バールのようなものでこじ開け・・・」と言うあれです。

う~ん、絵的に地味ですね。

ぼーっとしていると、空腹と喉の渇きが襲ってきました。

えっ?そんな設定あるの?

何でも一定時間で現実と同じように腹が減ったり喉が渇いたりするみたいです。

腹が減ると体力が、喉が渇くとスタミナが落ちます。

餓死もあるみたいです。

食料確保にヒツジを狩って来いと言われたんですが、私の武器ってバールのようなものしかないんですが・・・。

逃げ回る羊を岩場に追い詰め、何とか一匹狩りました。

バールのようなもので撲殺ですよ。

オネークさん狂暴です。

その場で捌いて拠点に戻って焼肉にして食べました。

現実であれば「ジン・ジン・ジン・ギスカ~ン♪」と歌いながら楽しく食事をしているところですが、ゲームでの正直な感想は「生き残るだけで大変そう。」です。

水も食料も確保しながら戦うってしんどそうですよね。

異世界に飛ばされるぐらいのことが起こっているのに、食事と水を取らないと死ぬって、そこだけ現実過ぎな気がしますが、まぁゲームですから~理論で切り抜けましょう。

しばらく、腹が減る→狩りをするの繰り返しだったんですが、これではいけないと思い、試しに敵の拠点を攻めてみました。

敵はゾ~ンビ~です。

いや、見た目はゾンビじゃないですが、動きがゾンビなんですよ。

フェンスをクラフトして敵が近づけないようにして、網の間からバールのようなもので突き刺して倒します。

アメリカのTVドラマ「ザ・ウォーキングデッド」を観たことがある人は、ちょうどあんな感じです。

10匹ぐらい倒して安心していたら、更に10匹ぐらい出てきて追い回されました。

こりゃかなわんと急いで拠点に逃げ帰ります。

う~ん・・・。

もう食料無いんですが。

てなわけで、今のところ全く面白くありません。

何か食うや食わずの自転車操業の貧乏生活をしてるみたいで、辛い気持ちになってくるんですよね。

メタルギアの名を冠しているのに、まさかのハ・ハズレ?

でも、まだ、そう思うのは時期尚早ですかね。

ちょっとモンハンワールドで息抜きしてから、また取り掛かるとします。

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

いい戦いだったぜ・・・。

何だかんだありましたが、昨日、「龍が如く極2」が終わりました。

いや~、今回も面白かった。

ちょっと長くなりますが、まぁお暇でしたら聞いてください。

やはり「龍が如く」シリーズは登場人物などもあまり変わらず、安心感があります。

マンネリ気味と言えば、そうとも言えますがテレビドラマの「水戸黄門」や「相棒」やらと似ているかも知れません。

いつもと似た話だけど、見終わると満足なあの感じです。

最後の方で、ちょっと展開が読めてしまった部分はありますが、それもご愛嬌でしょう。

あと、神室町の街並みも昔からの作品と同じで迷わないですし、あれも一種のバーチャルリアリティー体験だと思います。

「あれ?こないだはここにあった店が変わってる?」的な、昔から知っている街になっています。

当たり前ですが、行ったことは無いですけどね。

前回から今回の終了までに、色々な新事実が分かりました。

実績解除は結局9割超えぐらいで終わりました。

「ちゅ~と、はんぱやなぁ~。」と言われそうですが、最後は自分が納得できるかどうかなんですよね。

私的には「そろそろ飽きたし、もういいかなぁ。」と思ったところで終了でいいと思うんですよ。

あ、書いてて負け惜しみっぽくなってしまいましたね。

 

実を言うと、サブゲームのクランクリエーターも全部実績解除できたので、途中までは「これは結構、いい線いけるんじゃね?あるいはコンプまで目指せる?」と思ってたんですよ。

その目論見が最終章近くで、ガタガタと音を立てて崩れてしまいました。

遥が出てきたのはいいんですが、一人でぶつくさ言ってるんですよね。

話を聞いてみると、「マグロがたくさん乗ったご飯が食べたいなぁ~。」とか言うんですよ。

調べたら遥のおねだりと言う実績解除みたいで、遥の望みを叶えると解除されるみたいです。

もちろん、その頃はやる気満々だったので、望みを叶えるため頑張りました。

「西にあるコンビニのお菓子が食べたい。」だとか、いろいろ言うわけです。

願いを叶えると、桐生への好感度が上がっていきます。

「えびすや」で軍用防弾チョッキを買わされた時は、「もっと良いの着てるからもうええわ~。」な感じだったんですが、まぁそれも遥の優しさだと思って納得しました。

かなり頑張って駆けずり回って、遥姫の願いを叶えたんですが、とうとう「ゴルフチャレンジでビンゴチャレンジで8 BINGOするところが見たい。」とか言い出しやがりました。

ビンゴチャレンジを説明すると、良くバラエティー番組でプロのピッチャーがBINGOの9マスに向かってボールを投げて、1番から9番までを落とすみたいなのあるでしょ?

あれをゴルフでするんです。

遥のおねだりの8 BINGOって全部落とさないと駄目なんですよ。

いやいやいやいや、無理っしょ。

確かに個別のゴルフチャレンジのBINGOの実績クリアはしていますが、あれは確か3BINGOだったと思うんです。

それでも辛くもクリアした感じだったんですが、8BINGOって・・・。

できるわけねぇ~!

何度か挑戦しましたが最高で3BINGOと、ここで心が折れて諦めてしまいました。

今回は実績解除条件が緩和されたと思ってたんですが、最後に出てきた遥が鬼条件を出してくるなんて思わぬ落とし穴です。

本気でコンプを目指すと、あと何時間かかるか分かりません。

今回の遥は何だか可愛くねぇ~!

私の遥への好感度はダダ下がりです。

まぁ私のプレイスタイルが悪いのもあるんですよね。

既にバトルのパラメーターは最上級まで鍛え上げられていて、経験値を得ても何の意味も無いと言う。

あと、お金も9千万円ぐらいあって使い道も無いので、これ以上お金を得ても意味がありません。

サブストリーをクリアしたら経験値とお金が貰えることがあるんですが、「これはお礼です。」と言われて30万円貰えても全く嬉しく無いですし。

逆に「誰に向かって、そんなはした金を渡しとんねん。」と思ってしまう始末です。

お金持ちになると性格が悪くなるのが分かりました。

唸るほど金があると有難みが無くなりますよね。

いや、リアルな私はそんなんじゃないですよ。

「えっ?こっ、こんなに貰ったら罰が当たります。えっ?下さる?はは~っ!お代官様一生ついて行きますでゲス。」です。(誰やねん)

 

そんなこんなで、やってもやらないでもキャラのレベルアップに何の関係も無くなっているので、割と簡単にやる気が失せてしまうんですよね。

もう最強過ぎて地下闘技場でも敵無しですし。

ある意味、メインストーリーを進める以外、目的が無くなってしまっています。

と、言うか桐生が強くなりすぎて、郷田龍司との戦闘も全く緊張感がありませんでした。

このゲームは普通にメインストーリーを進めて、戦闘が苦しくなってから鍛える方がいいのかも知れません。

あ、地下闘技場の話が出てきたので私の必勝法を書いておきますと、自販機でマッスルソーダがあると思うんですが、あれを飲んでから試合を開始すると吉です。

あれって1分程度?の効き目ですが、めちゃくちゃ攻撃力が上がるので、薬がキレる前に手当たり次第に敵をボコボコにしておくんです。

そしたらまともに戦わないといけない人数が減って後が楽なんですよね。

まぁドーピングですけども、敵も武器持ち込んでる奴もいますしOKでしょ?

これは町の強者や、ボスと戦う時にも有効です。

最初に体力を削っておけば後が楽になりますよ。

 

それと前回チラッと書いたかと思いますが、本編をある程度進めると真島編と言うのが出てきます。

真島編は本編と同じことを桐生一馬ではなく真島吾朗でやるのかと思ったんですが、そうではなくて真島編と言う独立した話でした。

時系列的には本編の少し前の話になるんですが、あれはあれで面白かったです。

ただ、何も無いんですよね。

真島は成長しないし、敵は経験値もお金も落とさないし。

何もありません。

「何なのそれ?」と思われるかも知れないですが、何故、本編で真島吾朗がそう言う状況になっているかの説明のためのミニストーリーです。

本編ストーリーの補足みたいな感じなので、簡略化されているんだと思います。

ただ、一つ気になったのは極技を使った後の敵の挙動がおかしいところです。

極技が決まってコケたはずなのに、また起きてコケると言う変な感じになっています。

マトリックス的な?

オマケのストーリーだからかも知れないですが、あれはちょっと興ざめになるので直して欲しかったなぁ。

あ、そうそう、龍が如くと言えば、先日PS3の作品をPS4へ移植の発表がありました。

8月リリースで発売されるのは3、秋に4、来年春に5が発売されるみたいです。

やった~!

龍が如くスタジオの人、私のブログを読んでくれてたんでしょうか?

え?自意識過剰ですか?

でも、このあいだPS3の作品はPS3が壊れてできなかったと書いたところだったので、タイミング的にピッタリ合いすぎてビックリしました。

かなり嬉しかったですよ。

でも、よく考えて見ると3、4は終わらせてたように思うんです。

何しろ昔のことなのでストーリーとかも覚えてないっす。

確か3が矢沢永吉の主題歌だったと思います。

あれはいいですねぇ。

 

あ、もし龍が如くスタジオの人が、これを読んでくださっているのであれば、PS2版の1、2をリマスターで出してくれません?

と思って途中まで書いてたんですが、極シリーズって1,2のリメイクなんですってね!

ファンだと言っておきながら、お恥ずかしい。

確かに郷田龍司って昔から居ますよね。

ちょっとラオウ的な清原的な感じのキャラなんですが、私がプレイして知ってるのは「龍が如く OF THE END」で出てきたのが初めてだったと思うのですが、その後出てきたことがなかったので、誰なんだろうとずっと思っていました。

あ、「見参」、「維新」には出てたかなぁ。

考えてみると、結局、私は龍が如くシリーズは5だけ終わらせてないことになります。

スピンオフ作品の侍シリーズの「見参」、「維新」はもちろん、「龍が如く OF THE END」までやったことがあるのって、結構マニアでしょ?

あ、そうそうPSPのクロヒョウシリーズもやりましたよ。

我ながら凄い。

あとは5を終わらせれば、実績コンプできる感じですよね?

 

さっきも書いたように龍が如くスタジオの人が読んで下さっていたら、あれなので、これまでの失礼をお詫びしなければ。(ないやろ)

ずいぶん前に龍が如くは海外の作品に比べて、3D表現が薄っぺらいとか書いたような気がしますが、今は全然そう思ってないですよ。

さすがはドラゴンエンジンです。

と急に持ち上げておいて・・・。

 

もし、龍が如くスタジオの人が読んくださってたらチャンスなので、龍が如くについて要望を書いてみます。

そう言いつつあまりないかも。

本編はほとんど不満はありません。

今回、不満があるとすれば、クランクリエーターとレトロゲームと真島編の極技使用後の挙動ぐらいかなぁ。

レトロゲームは単純に古いポリゴンゲーなので、前作までのレトロゲームと比べると魅力が無いと言うことだけなんですけどね。

クランクリエーターはシステムが今一つな気がします。

大味過ぎるところが、盛り上がりに欠けるように思います。

自分で操作して勝てた感が欲しいです。

操作できないのなら、いっそタワーディフェンスゲーム的にして、バリケードやら監視塔とかも自分で設置出来て、そこに雑魚キャラとかでも配置できたらいいなぁと思ったりします。

現状ってガチャで雑魚キャラを引いたら、もはや一生使わないキャラになってしまうじゃないですか。

あれはもったいない気がします。

キャバクラ経営の方も雑魚キャラを引きますが、キャバクラの場合はプラチナキャストを休ませたいときがあるので、雑魚キャラでも使い道はあるんですよね。

しかも、出勤して働いたキャストだけが成長するので、雑魚キャラを出勤させる意味があります。

その話に関連しますが、クランクリエーターでは出撃チームを3つ作れますが、出撃できるチームは1チームだけなので、1チームだけしか使わないんですけども。

相手によってチーム編成を切り替えた方がいいのかも知れないですが、スーパーレアキャラばかり集めたドリームチームだけで最終ステージまで行けてますので、あまり必然性が無いように思います。

それに今回は出撃した個人が成長するシステムでは無いので、チームを編成して出撃させる意味が無さそうな気がします。

雑魚キャラを育てたいのであれば、強いキャラで編成したドリームチームで敵に勝って、社長賞(経験値)を稼いで雑魚キャラをレベルアップさせるパターンが一番効率がいいと思います。

ただ、雑魚キャラを成長させても使い道が無いんですよねぇ。

あ、そうだ。

もしかしたら、この感想は私がネットワーク対戦をしてないからかも知れません。

ひょっとしてネットワーク対戦では複数チームを出撃させられるとかあるのかなぁ。

もしそうだったら、ごめんなさい。

色々と書いてしまいましたが、龍が如く愛からです。

あと、個人的には過去作品のサブゲーム「メスキング」を、もっと発展させたのをやりたいなぁ。

ってか、あれを採用した人は大英断ですよ。

あのゲームを見た瞬間にトキめいて「うっひょ~!」と叫んでしまいました。

ちょっと今のご時勢では、あの命名は危険球かも知れませんけども。

いや、ギリギリセーフかな?

まぁでも今までのサブゲームで、あれが一番好きです。

ってか、龍が如くシリーズって、ある程度までならお色気は全然平気だと思うので、内容は全く大丈夫だと思うんですよね。

やはりタイトルが危険かなと。

最近はうるさい奴が多いですからねぇ。

「メスってなんですのぉ~!」とか言い出して「MESU TOO」運動とかありそうですやん?(ないやろ)

なので、タイトルを「真メシキング」とかにして続編どうですか?(趣旨変わってるやん)

いや、真面目な話、あれで団体戦とか成長要素とか入れるとかなり面白くなりそうな予感がするんですよね。

それと、あのビジュアルも忘れずに~。

セクシー女優をモデルキャラにしてもらえたら凄く良いですねぇ。

 

まぁ色々書いたんですが、続編と思っていた極2が2のリメイクだとなると、やはり龍が如くは6で終わっているんですよね。

おそらく来年春の5が出てから新シリーズですかね?

期待しています。

posted by daibit in ゲーム and have No Comments