レトロな男の部屋

Retro man's room

お待たせしました。

いや~、今年の夏は本当に暑かったですね~。

なにっ!

もう冬ですと!?

はえぇわ!

私、夏バテがようやく治まってきたところで、今年の夏はほんと体調が悪かったんですよ。

そのせいでブログの更新もほとんどできず・・・。

大変長らくお待たせしました。

 

なんだかんだで世の中ネタの宝庫になっていますね。

もうすぐアメリカの大統領にしてももそうで、もしこのままドナルド・トランプが勝ってしまったりしたらネタキャラが本物になってしまったみたいなことになるんですかね。

いや、当の本人が一番驚いているかも?

どう考えても言いたいこと言ってるだけのオッサンだったのに、「えっ?俺って候補に選ばれてる?」「いやいやいやいや、大統領になる気ないし~。もっとめちゃくちゃ言えばさすがに選ばれんでしょ。もっとやるべ。」と思ったかどうかは知りませんが、共和党の最終候補に選ばれるまではそんな感じだったでしょ?

でも、最近になってクリントンとサシの勝負になって、まんざらでもなくなって、ようやく真剣になってきたように思います。

暴言を言い過ぎなのになんで支持されているのかをニュースなどで見ていると、現状に不満のある国民が支持してるようです。

本音で語っているところがウケているんだとか。

でもねぇ、どう見ても居酒屋で好き勝手言ってるオッサンでしょ?

ときどき、居ますもんね。

めちゃくちゃ言ってるけどオモロイからウケてるみたいな人が。

真面目に考えればクリントン一択だと思うんですけどね。

メールの機密情報漏洩の問題も、良いことではないですが皆がありえる話でしょうし。

クリントンは、よく考えるともう、おばぁちゃんですやん。

日本の同世代の年寄なんかは「わしは機械に弱いんじゃ・・・。」とか言ってる年齢なんじゃないかと。

なので、盗聴されるなんて考えてなかった気がします。

まぁそれで支持率が下がったようですが、トランプの闇のほうが大きいでしょ。

所得税を払ってなかったとか言う話もありますし。

これは事実なら犯罪ですし、国の指導者になる人間が法律違反を平気でしているって論外な気がしますけどね。

そう考えるとクリントンとトランプのマイナスポイントは根本的に同レベルじゃない気がします。

もしトランプが大統領になったりなんかしたら、アメリカもそうとうヤバいですよね。

 

まぁそれはさておき私のプリンタのトラブルを聞いてください。

虎舞竜じゃないですよ、トラブルです。(どっちでもええわ)

ってか、プリンタで同じような目に遭ってる人がいるかもしれないので書いてみます。

先日、ちょっとした文書を印刷したんですが、3枚目ぐらいからかすれてきました。

「あれ?調子が悪いのかな?」と思ってかすれたページを再度印刷しました。

すると、またまた白い筋が入るじゃありませんか。

何度か再印刷していると最後には、とうとう白紙が出るようになりました。

「うそやろ~!!!」夜中だったので小声で叫びながら、とりあえずヘッドのクリーニングをしました。

いつもならこれで直ることが多いんです。

ヘッドクリーニングを終えて再度印刷すると・・・。

またまた白紙が・・・。

「キャ~~~~~!!!」(うるさい)

ってかね、こちとら今月末には年賀状印刷と言う一大イベントが控えているんですよ。

しかも、最近その年賀状イベントのためにインクも大量に買ってしまったと言う。

「どうしてくれんねん」ですよ、ほんとに。

「ジ~ザス!、なんてこったい!な、なんでこのタイミングで・・・。」(ブルース・ウィリス風)

あ、言い忘れてましたが出ないのはブラックのみでカラーは印刷できます。

それから何度も何度もヘッドクリーニングしたり新品のインクに交換したりしてみたんですが出るのは白紙のみ・・・。

月末の年賀状印刷を考えると一刻も早く直す必要があります。

このままでは直らないかと思い修理に出すことを考えました。

調べていると私の機種は修理に2万円ぐらいかかるみたいです。

確か買った時は5万円弱だったので3年経った今、約半額が修理代ってどうなの?

しかも、同一機種が今でも売っていて3万円台に値下がりしています。

もう新品を買うおうと思いました。

いろいろ調べて一番早く来そうなところに注文しようと、もう少しでポチりそうだったのですが、まぁ一度だけ電話でサポートに聞いてみようかと思い留まりました。

丁度、その日は土曜日の夜中だったので、日曜日もサポートに聞くことができません。

なので、月曜日まで一旦置いておくことにしました。

それで、日曜日の晩にふとプリンタのプロパティを見てみると「ヘッドクリーニング」の下に「強力ヘッドクリーニング」というものがあるではあ~りませんか。

「なっ!なんだと!連邦軍はこんなものを隠してやがったのか・・・。」(いやいや、普通にあるんですけども。)

そうなんです、私、プリンタ側のタッチパネルでクリーニングを実行してたので、パソコン側にそういうのがあるのを知らなかったって言うかパネルと同じ内容だと思ってたんですよ。

一筋の希望の光が見えました。(大げさ)

藁をもすがる思いで「強力ヘッドクリーニング、オ~ン!」(課長オ~ン!風)と力を込めてクリーニングした後、印刷してみました。

な、なんと、うっすらと文字のようなものが写っています。

「いや、これは飛蚊症のせいかもしれねぇ~、もう一回!」と「強力ヘッドクリーニング」をもう一回した後印刷すると・・・。

「やっぱり幻じゃねぇ~!タローとジローは生きてたんだ~!」(なんの話?)

今度はかなりしっかりと文字が印刷されています。

そして何度か「強力ヘッドクリーニング」を実行していると以前と同じように印刷できるようになったとさ。(チャンチャン)

原因はヘッドが詰まってたんだと思いますが、もう少しで新しいのを買ってしまうところでしたよ。

メーカーも「強力ヘッドクリーニング」があることをQ&Aに書いててくれればいいのに。

もしみなさんも同じような状態になったら諦めず、クリーニングを試してみることをお勧めします。

では、今回はこのぐらいで。

posted by daibit in 電気製品 and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment