レトロな男の部屋

Retro man's room

やっぱりパート2

やっぱりの話題が続きますが、やっぱり「開運!なんでも鑑定団」に出演している石坂浩二さんのセリフが少ないのは何らかのトラブルのせいだったようです。

いや、「開運!なんでも鑑定団」と言う番組を知らない人には何のことかさっぱりかも知れません。

その辺りから説明しますと、この番組は家庭に眠っている骨董品などのお宝を専門家が鑑定すると言う番組で、かれこれ20年以上前から放送しているような長寿番組です。

当初の司会は島田紳介さんだったのですが、あの芸能界引退宣言からリューク、もとい今田耕司さんに代わりました。(怒られるで、しかし。)

紳介さんの司会の頃からサブの司会として石坂浩二さんが居てたのですが、ここ数年一目見て分かるぐらい発言しているシーンが無くなりました。

それがもう、ほとんど映ってないレベルなんですよ。

「えっ?おったん?」と思ってしまうほどです。

言葉も笑い声ぐらいは聞こえるかも知れませんが、基本的に発言はゼロです。

私、この番組が好きで昔から観ていたんですが、その頃は石坂浩二さんの薀蓄が聞けてました。

「う~ん、よく知ってるなぁ。」と言う感想で、骨董を知らない紳介さんをフォローする役目だったように思います。

それが今は・・・。

「あんた、何のためにおんねん、お飾りか!」と最近まで思ってたんですが、どうやら担当プロデューサーとの酒席のトラブルによる確執が原因で、意図的に発言をカットして降板に追い込むパワハラ解雇などのニュースが出てきました。

そんなことをされてたとは驚きですが、あまりにも話すシーンが少ないためそう聞くと納得します。

大人気ないって言うか姑の嫌がらせみたいな、そんな姑息なやり方せんでもねぇ。

なんだか嫌いな人間を映さない北朝鮮ニュースと同じ臭いを感じるんですけども。

石坂浩二さんも知ってて意地で出演し続けてたんでしょう。

でも、今回、結構な騒ぎになったせいか、なんと3月で降板ですって。

TV局の社長はイジメを否定しているそうですが、あまりにもおかし過ぎますよね。

リューク、もとい今田耕司さんも何か言えばいいのに。(だから、リュークやめろ)

カットせず話を繋がざるを得ないようなフリをするとかあるでしょうに。

まぁこう言うことを聞くと観る気が無くなりますよねぇ。

これだけ大っぴらに嫌がらせができる権限をプロデューサーが持ってるんであれば、「鑑定のほうも恣意的に変えてるんじゃない?」とか不審に感じるでしょ?

「最後に盛り上げたいので、この品は高めでお願いします。」とかあり得そうな感じがしたりなんかして。

いや、なんだかねぇ。

先日のSMAP騒動もそうですが、タレントさんって結構立場が弱いんですね。

SMAPの反乱メンバー(反乱言うな)も、ピンでもその気になればドル箱でしょうにショボくれた中年が泣きそうな顔になって謝罪するとか驚きでしたし。

石坂浩二さんなんて、もはや大御所ですやん。

こんなことされたら「金田一耕助に何さらしとんねん?」とか言えそうなレベルなのに2年も無礼な扱いのまま降板ですって。

こりゃもう「八つ墓村の祟りじゃ~!」って頭に蝋燭立てて叫びまくるしかないですね。(方向性間違ってるし)

それで石坂浩二さんの後任には福澤朗アナだそうです。

う~ん、あの人はリューク、もとい今田耕司さんと色が同じじゃないんですかねぇ。(3回目です。)

同じタイプの司会者を並べると個性を殺し合う感じがするんですが。

今田耕司さんと女子アナでいいような気がするのは私だけですかね?

まぁ今後、視聴率がどうなるか見ものかも知れません。

posted by daibit in テレビ and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment