レトロな男の部屋

Retro man's room

チェックメイト!

少子化問題、高齢ぇえええええ者はぁ~~~~あああ!! 高齢者問題はぁあああああ!!

あ、すみません、野々村節をマネしてみました・・・。

今日はどこのチャンネルを見ても一度は野々村節が流れてましたけど、あれはいい加減「もうええわ~!」ですね。

ええ歳したオッサンが泣き叫ぶ声は気持ち悪いんですけども。

なんか前回の裁判をバックレたせいで、今回の公判は事前に拘束されたとかされないとか。

何をやってるんでしょうね?

捕まえに行く人の人件費の無駄ですって。

ってか、あれはどう見てもやってるっしょ。

どこの世界に毎週毎週、城崎温泉に視察に行く奴がいるんですか。

もう認めるしかないのに今度は覚えてないと記憶障害で逃げるつもりみたいなんですが・・・。

診断書がどうとか言ってますが、いやいや、もう無理っす。

弁護士も「もう、ええ加減にせ~!」って言えばいいのにねぇ。

ここまで来たら認めて謝る方がいくらかマシだと思います。

でも、結局、裁判所は「同被告の身柄を3月25日まで2カ月間、勾留することを決めた。」そうです。

う~ん、もう完璧に重犯罪人扱いになってますやん・・・。

泣き叫んだりせずに、即、返却して謝って辞めてたら、ここまでにはならなかったように思うんですが、もう訳が分かりません。

 

逃げるのが無理なのは甘利大臣もみたいです。

あれもエライことになってますね。

なんでも建設会社に便宜をはかった見返りに金銭を受け取ったと言う話です。

ここまでなら時々聞く話で、「秘書が勝手に・・・。」作戦が使えますが、今回の場合は完璧な証拠が残ってるらしいです。

写真に録音、渡したピン札のコピーまであるそうです。

こ、これはチェックメイト?

でも、便宜をはかって貰った側がお礼として金銭を渡すのに写真やら録音を採るってねぇ。

その逆で「お金渡したんだから、ちゃんとやってくれないとバラすよ~。」と言うために証拠を残すなら分かるんですが、今回の場合どこかしっくり来ません。

証拠を残したのは自分を守るためだそうですが、バラした時点で自分も賄賂を渡した側として裁かれると思うんですけどね。

例えは悪いですが、これは核兵器みたいなもんでしょ?

撃ってしまえば相手を倒せますが、自分もタダでは済まないと言う諸刃の剣だと思うんです。

それを甘利大臣との交渉に使わずに週刊誌に公表するって、いくら情報提供料が貰えたとしても割りに合わないと思うんですけどね。

普通に考えて今回の告発は甘利大臣の失脚が目的と考える方が妥当なんじゃないかと。

甘利大臣と言えばTPPが浮かびますし、それに反対する勢力の仕業のような気がします。

敵は多いでしょう。

国内はもちろん、海外でも日本にTPPを締結されると困る国もたくさんありますし。

まぁこれは私が勝手に考えてるだけなんですけどね。

ってか、甘利大臣もそれだけ重要人物なのを自覚してなかったんですかね。

罠に嵌められて可哀想みたいな空気になっているみたいですが、狙われるだけの重要ポストでしょうに。

脇が甘利っす。(それ言いたかっただけ?)

木曜日に正式な説明をするそうです。

 これを切り抜けたら凄いかも。

posted by daibit in ニュース and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment