レトロな男の部屋

Retro man's room

強行採決!?

面白い話題をしたいのですが、鬱陶しいですがどうも無視できない話があります。

政府が安保法案を16日の衆院本会議で採決するということです。

世論調査の結果を見ると安保法案に反対が多数を占めるんですが、このまま採決すれば多数派与党のおかげで可決されてしまうでしょう。

民意と大きくかけ離れたことが可決されるってどうなんですかね。

恐らく政府は憲法改正が不可能と踏んで憲法解釈の変更で、なし崩し的に実質的に憲法改正と同じことを実現しようと考えているのでしょう。

と、言うよりも今回のことで国民の支持が得られなくなって次の選挙に負けることになっても、それと引き換えに憲法解釈の変更と考えているんだと思います。

また、そこには計算があるように思います。

今回の法案の可決で自民の議席が減るにしても、それに代わる政党が無いのでそれほどダメージは無いと思っているのでしょう。

実際、無いですし。

最近、駅前で日本共産党が戦争反対のビラを配って演説していますが、実のところ言ってることはご立派ですが「どこまでやれるの?」と考えるとお寒い限りです。

共産主義革命が失敗したのと同じ感じを受けます。

現実とかけ離れたことを言い続けても理解は得られないでしょうに。

日本人全員が日本共産党と同じ考えだったら上手く行くかも知れませんが、既にそこから違いますし。

普通の感覚の人から言えば、それが分かってない政党には無理と思うのが普通ではないかと思います。

それは日本共産党だけじゃなくて他の党も同じようなものです。

前回は自民党が駄目だから民主党と思って選んだら大爆発したわけですし。

あの党は以前と顔ぶれも同じですし、また同じことになると思うと選べないでしょう。

維新に期待でしたが、ちょっと色々入れすぎでしょう。

前に居た政党の色を持ったままの人だとか、なんたらチルドレンだとかに任せられないなぁと言うのが正直なところです。

それに何とか維新の会だとか大阪王将と京都王将みたいな感じの分け方も見ますし良く分かりません。

内部分裂している印象です。

今回、自民党が強気で採決できるのもその辺りの影響が大きいんだろうと思います。

 

それはそうとして不思議でならないのが何故そこまで急いでいるのかと言うところです。

安倍総理が米議会での演説で夏までに安保法案可決をと明言したのはありますが、実はそれだけじゃないのではないかと。

まるで何かに間に合わせるために急いでいるようにも感じます。

確かに最近の状況はキナ臭いと思います。

先日の中国株の大暴落で中国経済が実は崩壊しているんじゃないかと思いますし、ギリシャの経済危機、ウクライナの紛争、ISILの問題、イランの核軍縮の合意でイスラエルの反発。

いかにも何か起きそうです。

そこで集団的自衛権が合憲となると世界中のお友達国家を助けるためにアメリカとセットで引っ張り出される可能性があるわけで、非常にマズい状況になるのではないかと思います。

前にも書きましたが個別的自衛権で自国が侵略を受けたときに反撃するのは理解できますが、どこか遠くの国が攻められてそこを守るために出て行くというのは納得できません。

撃たれたら撃ち返すというのは正当防衛ですが、わざわざ遠く離れた国へ行って撃たれたから撃ち返すって、そこに行かなければそもそも撃たれないわけですし、そうなれば正当防衛と言えるのか分かりません。

相手からすれば不法侵入者だから撃ったとも言えるわけでしょう。

また、百歩(万歩?)譲って集団的自衛権が行使できることになったとして、侵略を受けている国を全て助けるわけじゃないでしょう?

日本の存立が脅かされるというよりもアメリカの意向(国益)で助ける助けないが決まるように思います。

そもそも米軍が居なければ自衛隊だけで遠く離れたところまで援護に行くのは無理だと思いますし。

そう考えると、やはり自衛隊が米軍の一部になるだけのような気がします。

いや、日米安保の中だけで協力するのはいいと思うんです。

日本を守るために来ている米軍が敵に攻撃されていても援護できないというのはおかしいですし。

そこは分かるのですが、問題はアメリカが勝手に起こした戦争までついて行くのかと言うところだと思います。

そもそも論になりますが、アメリカが起こした紛争が全部正しいわけじゃないでしょう。

テロとの戦いと言えば正しく聞こえますが、911の時はテロとの戦いが正しいとしてイラクを攻めたわけですが、攻める根拠だった大量破壊兵器は結局発見されませんでした。

あの当時に集団的自衛権があったとしたなら日本もその片棒を担ぐ事になってたんじゃないかと。

日本単独で援護しにいけないんですから米軍についていくしかないですし、そうなれば正しい正しくないは無関係に協力することになってしまうと思うんですが。

何にしても自衛隊の人は命がかかっているわけです。

日本に攻めて来た敵を追い払う戦争で殉職するのと、なんだかよく分からない理由で遠くの国へ派遣されてそこで攻撃を受けて殉職するのとでは全然意味が違うと思うんですよ。

タカ派内閣と言われていますが、日本と国を守る自衛隊を大切に思うのであれば、もう少し考えた方がいいと思います。

posted by daibit in ニュース and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment