レトロな男の部屋

Retro man's room

しゃ~ない?

う~ん、週明け早々イヤな感じのニュースが多いですね。

女子ワールドカップでなでしこJAPANが決勝戦でアメリカに5-2で破れ2連覇を逃したそうです。

試合を観てないので何とも言えないですが、サッカーで5得点ってアメリカ強すぎですね。

今回もスイスイと決勝戦まで勝ち進んでたので、今日の試合で5失点と聞いて「えっ?」と思ってしまいました。

確か、なでしこJAPANってこれだけ注目される前にはアルバイトしながらの練習だの大変な努力をしてたと思うので今回も勝って欲しかったですが、まぁ勝負事ですからしゃ~ないですね。

でも、コンスタントに上位入賞なのは素晴らしいです。

 

それからドイツで開催中のユネスコ世界遺産委員会で、「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産への登録が決定したそうです。

それは良かったんですが、またまたお隣の韓国から異議ありの表明があったようです。

申請時点から登録対象の一部施設での朝鮮半島出身者の「強制徴用」があったことに対して揉めていたようですが、つい最近、韓国が日本の世界文化遺産への登録に協力すると言う合意があったようです。

ところが、昨日のユネスコ世界遺産委員会で、またまた韓国が反対を表明するという離れ業をやってのけたようです。

土壇場で「えっ?そんなん知らんけど?」とか言われたんですかね。

結構ドラマみたいな流れですが、そんなとこで韓流はいりませんって。

う~ん、約束ってなんだ~っけなんだ~っけ・・・。

約束は破るためにあるみたいな国が多い気がするんですが気のせいですか?

 

ギリシャもねぇ。

昨日も話題にしましたが、緊縮策の賛否の国民投票が行われたそうです。

結果は・・・。

恐ろしい事に反対が61.3%、賛成が38.7%で、反対派が勝利したようです。

まぁ考えてみればそりゃそうでしょうね。

国民個人として聞かれたたら反対でしょう。

既に生活苦でさらなる緊縮策に賛成か反対かと言われたら反対する人が多いのは分かります。

しかも、首相が投票前に反対に入れろとまで言ってるんですし、自発的に緊縮策を受け入れると言う人は少ないでしょう。

不謹慎ですが思わず笑ってしまったのがチプラス首相が、国民投票後のテレビ演説で、「ギリシャは歴史的なページを開いた」と述べ、反対派の勝利を宣言した。」と言う記事を見たときです。

勝利って一体全体誰と戦ってたんやあんた・・・。

ってか、歴史的なページとかそんな大袈裟なことじゃないですよね。

自分のとこの借金を返すのに歴史的やら勝利もクソもないでしょう。

しかも、現状は何も変わってないと言う。

そもそも、首相が積極的にどちらかにくみするっておかしい気がするんですよ。

選挙で緊縮策反対派に推されて首相になったのであれば、緊縮策反対の方向でお前が調整しろってことでしょうに。

既に選挙結果で緊縮策反対と言う路線は決まってるはずなのに、なんで今さら国民投票が必要なのか分かりません。

実は自分が緊縮策反対を決めてEUからの脱退が決まればエライことになるのが分かってるから保険のために国民投票にしたんじゃないの~?みたいに感じます。

「国民が反対してるんで~。」とEUに言うつもりでしょうが、これって民主主義の悪用でしょ。

国民から選ばれて国を預かっている自覚が無いなぁと感じます。

国民投票には数十億円の費用がかかっているそうですし、そんなことをやってるから借金が増えるんじゃね?と思ってしまいます。

おそらく万事がそんな感じなんでしょうね。

EU側が譲歩して借金の額を減らすかどうかは知らないですが、計画を立てないとまた同じ状態になりそうな気がします。

でも、民主主義国の平常時のデフォルト対策って難しいんでしょうね。

戦争やらで経済が破壊されたような状況であれば反対も起こりにくいと思いますが、借金で徐々に弱っていく場合はそんなに危機感が起きないのではないかと。

だから、緊縮策で年金やら公務員の削減で生活苦になると尊厳が踏みにじられたみたいな気持ちになるんでしょうが、仮に戦争に負けてそうなった場合は尊厳とか言ってられないでしょう。

平常時はそうは思えないですから改革は難しいんだろうなと思います。

EUの対応がどうなるか注目です。

posted by daibit in ニュース and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment