レトロな男の部屋

Retro man's room

行く年来る年。

いよいよ、今年も終わりですねぇ。

みなさま、一年間、ありがとうございました。

今年はどんな年だったでしょうか?

私はいろいろと新しいことを始めた年でした。

上手くいったりいかなかったり。

やり始めて初めて分かる難しさ。

トータルで見ると上手くいかない方が多かったですが、来年も3割程度上手くいけばいいと言う気持ちで行こうと思います。

ほら、3割打てれば強打者と言いますし。

と、フォローしておいて・・・。 

えっ?

こないだのは上手くいったのかって?

有馬?

温泉は行ってませんよ。

えっ、違う?

あ、競馬のほうですか・・・。

そういえば何かそんなのありましたね。

もう忘年会で忘れました。

イヤなことは忘れるに限る!

 

無理矢理、思い出してみますと、確か「ゴルシさんに全部!」にしたんですが、上手くいかないもんですねぇ。

3着に入ったのがせめてもの救いです。

まぁ複勝は買ってませんでしたが・・。(あかんやん)

そのゴルシさん、今回はちょっと落ち着き過ぎてた気はします。

レース前の返し馬を見ていても、安定し過ぎていて逆に不安な気持ちになりました。

あの馬はある程度、気合乗りが無いと駄目な気がするんですけどね。

馬なのに時々、吠えてたりしますし。

でも、面白いレースでした。

メンバーが豪華なので、観ていて面白いです。

ジャスタウェイでしょ、ワンアンドオンリー、それにジェンティルドンナもいました。

結局、あれよあれよと言ううちにジェンティルドンナが差し切ってしまう展開。

ゴルシさんはいい所で仕掛けましたが、惜しくも届きませんでした。

う~ん、馬の世界でも女は強い!

何となく今の世相を象徴してるような気がして複雑な気持ちになりました。(大げさな)

そんなこんなで一年も終わりです。

 

年明けは・・・。

お節を食べて、ビールを飲んで、焼酎を飲んで、ワインを飲んで、日本酒を飲んで、ウィスキーを飲んで。

って、誰か止めて~!

そういえば、今年は忘年会が少なかったです。

全部で3回。

私は飲むのは好きな方なんですが、飲み会が連続すると、だんだん有り難味が無くなるというか惰性で飲んでるみたいになるのが嫌なんですよ。

これはオサ~ンになってからのマイ理論ですが、「嗜好品は一口目が命」なんじゃないかと。

若い頃は何杯でも、いくらでも美味しいものは食べ続けたいと思ってましたがオサ~ンになってからはそうでもなくなりました。

そこで気づいたのは一口目の旨さです。

どんなに好きで美味しいものでも、心から「ごっつ旨い!」と叫ぶのは一口目じゃないかなぁと。

あとは惰性に流されて、味わう集中力が無くなって行く気がします。

それはタバコでもコーヒーでも同じで一口目の旨さときたら。

特にずっと飲んでなくて久しぶりに飲んだときの感動は凄いものがあります。

旨いツマミを一口食べて、一口飲んだときの別次元の旨さ。

きっと、脳汁が出まくるって奴でしょう。

北島康介選手みたいになってしまいます。

「ちょ~!きもちいい~!」

 

なので、年末年始のような、酒漬けの日々はあまり好きじゃあありません。

飲兵衛の人は酔ってる事自体が好きなんですかね。

昔、「酒が飲める飲めるぞ酒が飲めるぞ~♪」みたいな歌がありましたが、そんなに要らんやろと。

おそらく、飲むまでに禁酒してから飲むのが至高の嗜好なんですよ。(ややこしいわ)

いや、もしかすると酒好きの人はコミュニケーションを取る意味で飲みたいのかも知れませんね。

シャイな人でも酒に酔えば言いたい事を言えたりだとかもありそうですし。

そういえば、最近の若い人は飲み会に参加しない人が増えたと言いますね。

それでは上司とのコミュニケーションができない云々とか言う話も聞きますが、案外、素面でも言いたい事が言えるから不要と言うことだったりして。

 

さて、そろそろノミニケーション始めましょか。(死語っす・・・。)

posted by daibit in 嗜好品 and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment