レトロな男の部屋

Retro man's room

新番組の季節だ!!

最近、torneが使えるようになったので、調子に乗ってTV番組を録画しまくってます。

この季節、新番組のドラマが大量にあるんですよ。

と、言いつつ、私、普段はドラマを観ない人間なんです。

ほら、見逃したらストレスになるって言うか、見逃した次の週から観る気が無くなって観るのを止めたりすることないですか?

私は、そう言うのが嫌で観なかったんですけどね。

でも、録画ができるようになって見逃しの心配が減ったこともあり観はじめました。

 

新番組マークがついた番組を片っ端から録画してます。

ドラマだけでなく、バラエティ番組も録っているせいか、観るのが追いつきません。

溜まっていく一方です。

そこで考えたのがCMはもちろん早送りでしたが、内容も2倍速で観るようにしました。

これが捗る捗る。

2時間の視聴で4時間分観られるんですから早いですよ。

結構、CMの時間もバカにならなくて、かなりの時間をとってます。

たとえば、2時間30分の映画でも、そのうち30分間はCMのような具合です。

そういうCMも30倍速でブッ飛ばすと、倍速の効果と合わせて映画でも1時間程度で観終えたりします。

ただ、倍速は副作用もあって、素早いシーンは何がなんだか分かりません。

恐らく倍速でカンフー映画とか観たらエライことになりそうです。

猫同士の喧嘩みたいな感じかも?

でも、人間の五感はいい加減なもので、だんだん適応していきます。

最初は早口すぎて聞き取れなかった話が普通に聞けるようになってきます。

これがスピードラーニングって奴ですね。(違うやろ)

逆に普通のスピードに戻すと、遅すぎてイライラします。

はよ、しゃべれよと。(いやいや、無茶やろ)

もちろん、「ここぞ!」と言うシーンは通常の速度で再生するんですけどね。

銃撃戦のシーンなんて、倍速だといきなり眉間に穴が開いて血を流して死んだりしますし。

「えっ?今の何ていうスタンドの攻撃?」みたいになります。(それJoJo)

あと、感動シーンも倍速は駄目です。

登場人物が急に泣いてたりして、全く感動できません。

「お父さん?なんで泣いてるの?」状態ですわ。(どこの三文芝居やねん)

 

まぁそんなこんなで、いくつかの新番組を観ました。

「匿名探偵」、「ペテロの葬列、「HERO」、「捜査9課」、「信長のシェフ」、「GTO2」です。(観すぎやろ)

結構、網羅してるでしょ?

torneは同時に1つしか録画できないので、裏番組は観られません。

まぁでも、つまらない番組は録るのを止めればいいと思うんですよ。

いきなり止めるのもアレなんで、どのドラマも2話目ぐらいまでは黙って観ることにしました。

注意:ここから長くなりますので、好きなドラマのところだけお読みください。

    それと、感想はすべて私の主観です。ガッツリ好き嫌いが入ってます。

 

さて、「匿名探偵」ですが、高橋克典さんは格好良いんですが、ドラマ自体はどうもねぇ。

そうなんだろうなぁと先が読めてしまいました。

あと、一話目は話がヒド過ぎて後味が悪かったです。

癌で余命いくばくもない女社長の財産を狙って、社員が共謀して騙すって話自体が嫌だったなぁ。

最後は女社長が自分を騙した女性を許してましたが、どうも釈然としない結末でした。

2話目はそこそこ。

ただ、今のところどれも解決した後がスッキリしてないな~と感じます。

1話目はさっき書いたとおりですし、2話目はうそつきの中年おばさんの依頼だと思ってたら、実はホントのことを言ってたみたいな。

寂しい独身の中年女性を描いたみたいですが、最後に高橋さんが「彼女なら幸せになれるさ。」みたいなことを言うんですが、結構寂しい気分にさせられました。

よく考えると、どちらの話もあまり救われてないです。

 

「ペテロの葬列」は最初、つまらないのかと思いましたが、これが予想に反して面白かったです。

演技は普通ですが、謎が謎を呼ぶ展開って言うんですか。

変なジイさんがバスジャックをして、主役がそれに巻き込まれるんですが要求が金ではなく、ある人物の呼び出しなんですよ。

結局、バスジャックは失敗して犯人のジイさんは死んでしまうんですが、呼び出そうとしていた人物のことは謎のままです。

いくつか伏線に思える部分があるので、次がどうなるのか楽しみな感じです。

ただ、問題なのは峰竜太さんが出てるんですが、竜雷太さんと紛らわしいんですよ。(そこはいいやろ)

2話目も観ましたが、ちょっと不倫チックな展開になりそうな予感がしました。

やるな小泉孝太郎。

面白いのは、その孝太郎さん、ちょっとした仕草が親父さんに似てるところです。

親子って似るものなんですね。

そのうち「よく頑張った!感動した!」とか言い出すかも?(どう言う流れで?)

謎の話が進むのはこれからだと思います。

 

「HERO」は、主演キムタクですわ。

いわゆる続編です。

昔、放送されてたのは知ってたんですが観たことなかったです。

観てみると、まぁまぁ面白いと思いました。

話も練られていると思います。

キムタクもあんまり変わってないですしね。

ってか、もうハゲてる人もいる歳でしょ?(そこはいいやろ)

疑惑のメンバーもいますし。(それもいいやろ)

あの歳でフサフサでロン毛に茶髪って、なかなかできないんじゃないかと。

ずっとあのイメージでいくのかなぁ?

あと、個人的に秘書は、北川景子さんより、松たか子さんのがいいですけどね。

1話目でキムタク演ずる検事の仕事の真剣さに感動するみたいなくだりがありましたが、あのタイプがそうなるかなぁ?とかね。(偏見やろ)

困ったところは、このドラマ、検察官の話なんですが各検察官を映すのに画面切り替えが激しいシーンがあるんですよ。

倍速だと目がチカチカして辛いです。(知らんがな)

 

「捜査一課9係」はねぇ。

1話目はあんまり面白くなかったです。

キャラが立ってないって言うか、登場人物が普通すぎます。

特に主役のキャラが弱いっす。

格闘強そうでもないですし、めちゃくちゃ切れ者でもないですし、とにかく普通なんですよ。

むしろ、相棒みたいに渡瀬さん主役で若者とコンビみたいなのでいいんじゃないですかねぇ。

トリックはなかなか良かったと思いますが、他にそそられる要素が無いのが痛いです。

2話目がどうかですね。

 

「信長のシェフ」は、「また、下らぬものを観てしまった。」と五右衛門みたいに言ってしまうのを覚悟して観たんですよ。

NHK大河の「軍師官兵衛」を観ていて時代が被ってるので、なお更そう思ってました。

それが予想に反して面白い!

簡単に説明すると、現代のシェフが戦国時代にタイムスリップして信長の料理人になる話なんです。(そのままやないか~い!)

「戦国と料理」、どう繋がるのかと思うかも知れませんが、敵の戦国大名に旨い料理を食べさせて士気を落としたりするんですよ。

そこが荒唐無稽で面白いです。

まぁ普通で考えれば「怪しい奴め!」スパ~ン!と、即、首チョンパでしょ?

自分が持ってる皿の上に自分の首が載りそうですよね。(いやいや、そんなスプラッターいらんし)

あと、武将が案外真面目に描かれてるので、そのギャップもいいと思います。

面白いのが織田信長役です。

「誰?この悪人面?」と思ってたら、及川光博さんなんですね。

相棒ですやん。

でも、水谷豊さんは出てません。

刑事から大名って大出世ですね~。(どんな役職?)

観ているうちにNHK大河の信長より似合ってるような気がしてきました。

及川信長のほうが睨まれたら怖いと思います。

目つき悪いですし、異常な行動をすると際立つかも。(それって褒めてるの?)

 

このドラマで嫌だったのは いきなり佐々木希ちゃんが殺されてショックでした。

松永久秀役の笹野高史さんに切られたんですが、「おい!ジジイやめろよ~!」ですわ。

男の料理人のほうを切ったらええやろ!(いや、それ、主役なんで)

たぶん、あれで佐々木希ファンは観るの止めたでしょ。

わかってないな~。

 

最後は「GTO」です。

これも続編で、前は確か反町さん主役でしたよね。

私は初めてみたので、どっちでも同じですが、今回の主役の人は普通のにぃちゃんっぽいです。

連れにいそうなタイプです。

私のイメージは、もっと破天荒なことをするのかと思ってましたが、ちょっと昔の教師ならあの程度のことはしてたでしょ。

登場したときに昔所属していた暴走族のメンバーが見送りってくれるシーンがあったんですが、それとのギャップがデカいです。

BPOとかがうるさいのかなぁ?

ストーリーは微妙です。

謎があるわけでもないですし、思春期の悩みごとを解決するみたいな話です。

1話目はある女子生徒が整形してるのをバラすと脅されるみたいな話でしたが、まぁオサ~ンにはあんまり響かない話でした。

そんなの「それがどおした文句があるか~?」でしょ?(どこの桂春団治?ってか、ふるっ。)

なので、オサ~ンがついていくのは、ちょっと辛いかなってな感じでした。

2話目は発達障害の生徒の話でした。

ちょっと違和感があったのは発達障害の子の親父がアホ過ぎてリアリティがないなと思いました。

他の生徒に迷惑がかかるから、全寮制の学校に転校させると言い張るんですが、その親父が意固地過ぎるんですよ。

あんだけ説得されれば、普通は途中で折れるでしょ?

子供がマラソン大会に出場して、走り切らないと子供の気持ちが分からないなんて・・・。

「お前が発達障害やろ!」と言ってしまいそうです。

 

このドラマはチョコチョコ不自然なところがあります。

1話目も最後のほうで整形した女の子がファッションショーに出るくだりがあるんですが、そこで自分の思いを語るんですよ。

まぁそんなシュチュエーションもあんまり無さそうですが、更に母親が出てきてステージの上で子供に謝ったりします。

う~ん・・・、ステージの上で大勢が見てる前で謝らんでも・・・。

いや、ドラマなのは分かってますが、泣かそうとするなら、その辺はしっかりしてもらわないと。

「ないわ~。」と、気になって泣けません。

 

まだ、水戸黄門の方が泣けるでしょ?

あんなジイさんが日本中を歩き回って悪人を成敗しまくるんですよ。

足腰弱いのに、なんと言う民思いのジイさんなんや・・・ウルウルと。

え?

余計不自然?

まぁたしかに。

でも、由美かおるさんの入浴シーンは凄いでしょ。

何十年も視聴者のエロ親父のために、ひと肌脱いでくれてたんですから。

泣けますよ。(そこ?)

posted by daibit in テレビ and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment