レトロな男の部屋

Retro man's room

エイプリルフール満開

今年もエイプリルフールがやってきましたね。

首尾はどうでした?

ってか、今年は、ウソをついて「ウソです。」と言う以前に、ウソみたいなことが多すぎです。

航空機が行方不明になったり、阪神が負けまくってたり、STAP細胞の疑惑もウソだと言って欲しいです。

残念ながら全部ホントなんですよねぇ~。

うそ

阪神はヤバ過ぎでしょ?

これまでの4試合のうち、10点以上取られて負ける試合が3試合って・・・。

違う競技みたいになってますやん。

エースが打たれて、エース候補も打たれてって、「どないすんね~ん!」でしょう。

去年の最後ぐらいから全く調子が上がる気配がありません。

オープン戦も観る気ないな~と思ってましたが、ここ数試合で今年は終了っぽい気分になっています。

頼むで~い。

はんしn

昨日は理研の会見があったようです。

エイプリルフールだけに、「ぜんぶ、う~そさ~そんなも~んさ♪」とか歌い出すのかと思いましたが、残念ながらホントでした、いや、ウソでした。(どっちやねん)

ウソなのがホントでした。

何でも論文の疑惑のうち、2点について改ざんと捏造があったと言う調査結果だと言うことです。

私も前に、ここで書きましたが、普通の人が思う疑問そのままです。

一番大事な画像を、過去の違う研究の画像と間違えるのかと言う画像流用の部分が捏造だと認定されたようです。

全く知らない世界の話ですが、やはりそうですよねぇ。

それが一点と、実験結果を分かりやすくするためだと言う画像を切り貼りした部分が改ざんに当たると言われています。

これも、まぁそうなんでしょうね。

生データじゃないと、どう変えたのか不信が出てきそうですもんね。

研究者の有利に変えてしまうかも知れませんし。

sたp

もちろん、小保方氏は「悪意のない間違いであるにもかかわらず、改ざん、ねつ造と決めつけられたことは、とても承服できません。」と不服申立をする意向だそうです。

微妙だなぁ。

悪意は無くとも、間違いがデカ過ぎますよね。

あと、実験対象と違う種類のマウスの細胞がSTAP細胞だとして共同研究者に渡された件も疑惑として残ってますし。

それも単純な間違いだと言うのは、厳しいんじゃないかと。

これだけ画期的で世界中が注目する発見で、こう大きな間違いを連発するもんなのかなぁと素朴な疑問が出てきてしまいますし。

 

いや、そうは書きながらも私は小保方氏だけが悪いとは思ってないです。

理研は、小保方氏やら共同研究者を懲戒するみたいなことを言ってますが、組織の責任はどうなんでしょうね。

会見を見ていると研究者らに責任を擦り付けてるように聞こえたんですが。

雇ってる人間の不祥事なんですから、理研自体も当事者でしょう。

確かに改ざん、捏造したのは小保方氏かも知れませんが、理研所属の研究者の共同研究なんですから勝手にやったことでは済まないでしょう。

ちょっと違和感を感じました。

あと、気づいてて言わなかったと言う人はいなかったですかね。

論文は気が付かないのもありえるかも知れませんが、細胞の取り違えの件は「このマウスは違うんじゃない?」みたいなことってないのかなぁ。

個人だけに責任を持っていくと、また同じようなことが起こりそうな気がします。

posted by daibit in イベント and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment