レトロな男の部屋

Retro man's room

バレンティンディ

また今年もやってきましたよ。

「何が?」ですって?

ほら、あれですよ、あれ。

バから始まる奴です。

いえいえ、「バカルディ」じゃありません。

バレ・・。

いえいえ、去年のホームラン王でDVで捕まった人でもないです。

まぁかなり惜しいですけども。

もう、お分かりかも知れませんが、チョコの日、「バレンティン」じゃなくて「バレンタイン」です。

数々の泣き笑いのドラマを生み出してきた日ですが、最近はプライベートの単純な泣き笑いの他に職場での泣き笑いもあるそうです。

なんでも、職場でのチョコ格差があるんですって。

非正規雇用が増えてきて、その人達にはチョコを渡さない場合があるとか。

世知辛いですねぇ。

まぁ男性側からすれば、貰えれば気分がいいですし、「おおっ!貰えるんや!」と感動することさえあります。

もちろん義理なんですけど、そう言うのってなんて言うんでしょう。

社会の潤滑油みたいな感じで、ちょっと仕事にもいい効果があると思うんですよ。

 ぶらさん

これまで、私はどちらかと言えば否定派だったんですが、今年は既にいくつかチョコを貰えたので肯定派に鞍替えです。(うらぎりもの!)

去年までは、チョコレート会社の陰謀だと言ってましたが、まぁそれに乗ってあげるのも景気対策かと。(ものは言いよう?)

 

今年の2月12日(水)に革命的非モテ同盟がバレンタインデー粉砕デモを決行したそうです。

彼らは、「自由恋愛競争主義の敗北者が、自己責任主義によって己ばかりを責めるのは大いなる間違いである」と主張してきたそうです。

と言うのも、彼ら曰く、「諸君!諸君の中にはバレンタインデーに一つもチョコレートがもらえないと嘆いている者もいるかもしれない。しかしよく考えて欲しい。嘆くべくはチョコレートを貰えぬ己自身ではなく、バレンタインデーにチョコレートを贈ることを取り決めた資本家たちではないだろうか!」だそうです。

う~ん、去年までの私と同じようなこと言ってますねぇ。

でもね、そんなことを言ってる人も貰った瞬間に宗派が変わると思います。

肯定派に鞍替えした私が言うんだから間違いない。(丹波哲郎風)

 たんばりん

と、まぁ冗談は置いといて、ほんとに非正規雇用かどうかで渡す渡さないが決まるのであれば、なんか寂しいですね。

あれは会社がどうこう関係無いでしょ。

むしろ嫌いな上司にあげるぐらいなら、気に入った非正規雇用者にあげるほうがいいでしょうに。

まぁイケメンに限るのはあるかも知れませんが・・・。

 

いつも思うんですが、イケメン君はチョコの返しはどうしてるんでしょうね。

私の場合、ハンカチをつけて返すことが多いですけども。

え?

お前はイケメンちゃうやろ?ですか。

こりゃまた失礼をば。

まぁでも素朴な疑問です。

仮に50人ぐらいから貰ったら、全部返すのは大変でしょう。

ホワイト学割みたいなのも効かないでしょうし。(そらそうやろ)

いや、違いますね。

本命と決めた子にだけ、高いものをあげるんですかね。

ほわいと

で、ほかはチロルチョコ1つだから、500円で済むと。(ヒド過ぎやろ)

あと、アイドルがトラック何倍分かのチョコを貰ったとか聞いたことありますけど、あれってどうなるんでしょ?

まさか一人で食べられないでしょう。

そんだけ食べると糖尿病ってか、血がチョコになってしまいますよね。(なるかい!)

あ、そうか!ジャニーズ専門店で売るとか?

ダブルで儲けられて商売繁盛!みたいな。(あかんやろ)

と、いろいろ無意味な空想をしてしまいましたが、男性のみなさん、今年も健闘を祈ります。

posted by daibit in イベント and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment