レトロな男の部屋

Retro man's room

う~ん、マンダム

いや~、困りました~。

女の人には分からないかも知れませんが、男のヒゲ剃りは結構大変なんですよ。

まぁ、最近はいい電気髭剃りがあるので、それほど大変でもないんですけどね。(どっちやねん)

いや、そうじゃなくて、今日は、手動の髭剃りで髭を剃る話です。

朝、手動の髭剃りで髭を剃るのは男の醍醐味なんですよ。

「う~ん、マンダム。」とか言ったりなんかして。(古いっ)

ちょっとダンディな気分になれるので、手動で髭を剃るのは好きなんですが、一つ問題があります。

まんだむ

朝起きて、口の周りに泡をつけて、ゾリゾリゾリゾリと気持ち良く剃って、「う~ん!切れてな~い!まんだ~む!」とか言いながら鏡を見ると、思いっきり血まみれになっています。

「う~わ!切れてる~!」ですよ。

そりゃ、もう、どこで生肉食ってきたんやってぐらい、激しいことになってます。

すみません、ちょっと盛りました。

あれは辛いですよ~。

ずっとヒリヒリしますし。

それより何より、赤いポツポツが口の周りに出来て、ブロンソンのようなワイルドな男前が台無しになります。(もうええから)

きれてな~い

かなり気をつけて剃ってるんですが、肌が弱いのか毎回出血大サービスになってしまいます。

そんなに大サービスしたら赤字やろってぐらいです。

何か良い方法は無いのかなぁと思いながら調べてみると、ありました。

剃る前に熱いタオルで数分間、髭を蒸らすんですって。

「おおっ!こっ、これは!」と思いました。(大げさやな)

散髪屋のテクですやん。

で、その後に泡をつけて、おもむろに順剃りするみたいです。

順剃りってのは、「毛並みに沿って、上から下に」剃る方法です。

でも、これってあんまり剃れないんですよね。

いつも、この方法は剃れないと思って、いきなり逆剃りしてたんですが、どうもそれが血まみれの原因だったみたいです。

逆剃りってのはイナバウアーじゃなくて、髭が生えてる方向と逆から剃りあげる方法です。(毛並みを下から上です)

逆剃りは順剃りで十分短くしてからでないと、刃が引っかかって皮膚まで剃れてしまうんだそうです。

ほら、最近のカミソリって3枚刃だとか4枚刃だとかになってるじゃないですか?

なので、その1枚目や、2枚めの刃で、髭が切れずに引っかかって皮膚が持ち上げられたところを3枚目、4枚目の刃でガリガリガリクソンじゃなくて、ガリガリガリっと皮膚を切ってしまうんだそうです。

「おお!それが原因だったのか~!」と目からウロコが落ちました。(はよ、気づけよ)

なので、顔を切らないようにするためには順剃りで十分短くしておいて、逆剃りするときに皮膚を引っ張りながら剃るといいみたいです。

この方法、私もやってみましたが、今まで痛々しい切り傷だらけだったのが、小さい傷が1つ2つで済むようになりました。(まだ、切れてるやん)

同じようなことで困っている人、お試しあれ。

これで、もう、マンダム友達です。(もうええわ~!)

posted by daibit in 嗜好品 and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment