レトロな男の部屋

Retro man's room

ユーグレナ食品発売

ユーグレナ」って、聞いたことあります?

「あなたもグレな。」って、意味じゃないですよ。(なんで英語と関西弁?)

「ミドリムシ」のことらしいです。

確か、小学生ぐらいのときに理科で習ったような気がします。

みどりむし

そのミドリムシですが、食べられるそうなんですよ。

まぁ食べられるって言うと、大抵の虫は食べられるとは思いますが、このミドリムシは栄養価がべらぼ~に高いみたいです。

なんでも、「潤い補給や酸化対策、コラーゲン生成などに欠かせないアミノ酸のほか、ビタミンミネラルやDHAなど59種類の豊富な栄養素を備え、現代人の食生活で不足しがちな栄養を補う食材として注目されている。」だとか。

凄いですね。

虫だと思わなければ、マルチサプリメントみたいですよね。

ゆーぐれな

今回、伊藤忠商事が「ユーグレナ&ヨーグルト」と言う商品を発売するそうです。

少し前にユーグレナ専門の店が開店した話を聞いたことがありますが、遠かったりで、なかなか手に入りませんでした。

今回は、普通のヨーグルトと同じような容器なので、もしかするとコンビニやらで発売されるんじゃないかなぁ。

発売されれば一度は買うと思います。

どんなのか気になるじゃないですか。

あ。

このミドリムシは虫って言っても、6本足でウジウジ動くタイプのじゃないですよ。(そりゃそうやろ)

物凄く小さいです。

体長0.06~0.09mm と言うことらしいので、顕微鏡の世話にならないと見えないんじゃないですかね。

 

そういえば、顕微鏡で思い出しましたが、子供の頃、玩具っぽい顕微鏡を持ってたんですよ。

たぶん、倍率は低かったんだと思いますが、ジャガイモを薄く切って観察したりしてました。

ある日、接眼レンズを見ながら操作してると、「バキッ!」と音が鳴ったんですよ。

よく見るとプレパラート(観察する物を乗せるガラス板)に、レンズがめり込んでしまいました。

今思えば、「無いわ~。」って感じの作りです。

なんか、空手家が氷の板をチョップして、下の台まで割ってしまうみたいなことでしょ?(微妙に違う)

 

今回のミドリムシは、どれぐらいの倍率で見えるのか分からないですが、まぁ、見たら食べられなくなるかも知れませんね。

藻の一種でありながら植物と動物両方の性質を持っているってことなので、藻だと思えば海苔みたいなもんでしょ?

でも、顕微鏡で見ると足ってか、鞭毛みたいなのが動いてるのが見えるわけなので・・・。

腹の中で泳ぎまくったりするのを想像すると、もう駄目ですね。

私、踊り食いのたぐいは駄目なんですよ。

いや、踊り食いって言っても、踊りながら食べるわけじゃないですよ。(わかっとるわ)

それは行儀悪いですし。(そっち?)

しろうお

白魚とかを生きたまま食べる料理の話なんですが、あれは無理ですわ~。

噛むと魚が痛そうなので、飲み込むと思いますが、そうなるとしばらく胃液の中で泳ぐでしょ?

想像すると無理っす。

ミドリムシの場合は、一口食べても、何億匹ですからね。

もう顔がくなりますよ、・・・ミドリムシだけに。(ちゃうんか~い!)

posted by daibit in 食べ物 and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment