レトロな男の部屋

Retro man's room

Archive for 9月 30th, 2013

ムンフバティーン・ダワージャルガルさん強すぎ!

どっすこ~い!!!

大相撲秋場所で横綱、白鵬が1敗を守り、4場所連続27回目の優勝を果たしたそうです。

つ、つえぇ~。

歴代横綱の幕内通算優勝回数は、次のようになっています。

(1)大   鵬  32
(2)千代の富士 31
(3)白   鵬   27
(4)朝 青 龍  25
(5)北 の 湖  24
(6)貴 乃 花  22

おわかりいただけただろうか?(心霊特番風)

すでにドルゴルスレンギーン・ダグワドルジさんの記録を抜いています。

「ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジって誰?」ですって?

あの喧嘩番長の朝青龍ですよ~。(ややこしいわ)

本名、長いですね。

たぶん、病院で看護婦さんが困るんじゃないかと思います。

「ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジさ~んどうぞ~!」って言っても、スグに来なくて何回も呼ぶことになったらイヤでしょうね。

私だったら、諦めて「喧嘩番長さ~ん!はやく~!」って呼ぶかも。(張り手喰らって死ぬぞ~)

 はくほう

でも、白鵬が、ここまで独走するのは、周りが弱いって言うのもあるのかも知れませんね。

朝青龍が居たころは、ここまで独走しなかったように思いますが、ちょっと ダワーニャミーン・ビャンバドルジさんじゃ止めれそうにないですねぇ。

あ。

ダワーニャミーン・ビャンバドルジさんは、日馬富士さんのことです。(だから、ややこしいって)

日馬富士も弱くは無いと思いますが、横綱が少ないですからね。

お前が阻止しろみたいな雰囲気になりがちなので、しんどいと思います。

 

でも、ムンフバティーン・ダワージャルガルさん強すぎですよね。

そう。

ムンフバティーン・ダワージャルガルさんは白鵬です。(もうええわ~)

あと、4回優勝すると千代の富士と並ぶんですよ。

歴代1位優勝回数の大鵬とは、そのあと1回優勝すれば並びますし、このまま行けば記録更新までいっちゃうんじゃないですかねぇ。

 

先日、プロ野球の王さんのシーズン本塁打の記録が、バレンティンに塗り替えられましたが、大相撲もそうなるんですかねぇ。

王さんいいですね。

いつも、世界の王って紹介されてる度、笑ってしまいます。

「世界の王」ですよ~。

「いつの間に世界征服したんや~。」みたいな。(誰も、そんなん思わんやろ)

 えんどう

今場所で面白かったのは、新入幕の「遠藤」と言う相撲取りです。

まだ、髷が結えないぐらい髪の長さながら、今場所9勝ですって。

途中休場して、それですから凄いと思います。

見た目も、ロン毛でガタイの良い、普通のにーちゃんなんですけどね。

しかも、名前が「遠藤」って言うのも普通過ぎです。

取り組み表で「臥牙丸」やら、「琴欧州」とか並んでる中で、「遠藤」とか出てくると、なんかホッとします。

最初見たとき、「えっ?「遠藤」って普通の人混じってる?」みたいに思いました。

いや、実は、「遠藤」とか言いながら、朝青龍みたいに「ドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ」みたいな本名なのかもしれません。(いやいや、日本人の遠藤さんやろ)

ほんとに「紛れて入ったらあかんよ~。」とか言われそうな雰囲気なんですよ。

でも、相撲は上手いので観てて面白いです。

かなり強くなりそうな予感がします。

来場所から応援しようかなぁ~。

posted by daibit in スポーツ and have No Comments