レトロな男の部屋

Retro man's room

Archive for 9月 24th, 2013

0.01ミリの戦い・・・

まだまだ、先のことなのに、すっかりオリンピックブームになってますね。

経済面も同じようで、建設業は、もちろん、観光業もかなり期待しているようです。

でも、意外な話があります。

なんでも、国内のコンドームメーカーも「コンドーム戦争」で盛り上がってるそうです。

あ。

あらかじめ言っておきますと、あんまりエロい話ではないですよ。

おりんぷっく

これは、まぁまぁ有名な話なのかも知れませんが、毎回、オリンピックの選手村でコンドームを配布するそうなんですよ。

相模ゴムは、1994年のリレハンメルオリンピックで、現地企業でないにもかかわらず初めて選手村でコンドームを配布したそうです。

また、1998年の長野五輪では、約2万個を配布したんだそうです。

2万個て、あんた。

確か、冬のオリンピックって2週間ぐらいでしょ?

それに雪の降らない国は参加してないところもありますし。

一人あたりの割り当てどんだけやねんと。

いや、競技に集中してる人も多いでしょうから、そんなに要らんでしょう。

でも、超人的な体力の若い男女が集まってるんですから、そりゃあもう。

もしかすると、そっちの方も凄いのかもしれませんね。

一般人の感覚で言うと、激しい運動した後に、更に死力を尽くして競技するとかどんなダイハード?と羨ましく思ってしまいます。(妄想やろ)

きらーこんどーむ

まぁそんな妄想はいいんですが、驚いたことがあります。

相模ゴムは現在、世界最薄の「0.022ミリ」の製品を販売しているそうなんですが、今月17日に「0.01ミリ」という超極薄の新製品を発売すると発表したそうです。

まじですかい!

いやいやいやいや、こんなのをオリンピックで配った日にゃ、日本はコンドームでさえ変態的にハイテクだと思われますよ。

リニア新幹線で技術力の高いところを見せてますが、あれも他の国は「これは無理やで。いちぬけ~。」と撤退したらしいですし。

どんな分野でも、どこまででも突き進みますよね~。

でも、コンドームって、ちょっと前まで普通のゴム製だったじゃないですか。

それがかなり薄くなったんですから、「もう、0.022ミリでいいんじゃね?」と思ってしまいますが、それを更に0.01ミリにまで極めるとは・・・。

怖いわ~、日本。笑

「何が君らを、そこまでにさすねん?」と思われてるような、気がしないでもないですけどね。

0.01

まぁそこも怖いですが、破れないかも怖いですよね。

普通に考えて0.01ミリって、袋から取り出す時に爪に引っかかって破れそうな気がしますけど。

これで破れないなんて、凄い技術だなぁ。

でも、日本人のことだから、これで満足はしないでしょう。

次は0.001ミリを目指すとか、言い出しそうな予感がします。

ある意味、世界記録を競い合う大会には相応しい国ではあるかも知れませんけどね。

posted by daibit in ニュース and have No Comments