レトロな男の部屋

Retro man's room

Archive for 9月 6th, 2013

ジブリの法則発動するか?

今回は興味深い話です。

日本アニメ界の巨匠、宮崎駿監督の引退が、突然発表されました。

残念ですね~。

さすがに最近は、観る事が少なくなってきましたが、大昔は「ルパン三世 カリオストロの城」だとか、「風の谷のナウシカ」だとかを観たもんです。

いや、まぁ、良く考えると宮崎駿監督も72歳ってことなので、そりゃしんどいでしょう。

いくら高齢化社会で定年が延びたと言っても、社会情勢がそうなだけで、お年寄りの身体自体がバージョンアップしたわけじゃないですもんね。

それに、宮崎駿監督は定年の65歳どころか、70歳を超えてますし。

みやざきはやお

いや、今回興味深いのは、そこでは無くて「ジブリの法則」ってものがあるそうです。

ご存知ですか?

全米大震撼だそうですよ。(うそつけ~!)

それは大袈裟ですが、スタジオジブリの作品が日本テレビ系列の「金曜ロードShow!」で放映されると、為替や株式市場が大荒れになるという法則があるそうです。

なっ、なんですとぉ~!

知りませんでした。

 

記事によれば

「日テレは、独占的に放映権を持つジブリ作品を不定期だが頻繁に金曜日午後9時からの時間帯に放映しており、第1金曜日だと放映中に雇用統計が発表されるこ とになる。法則とは「統計と放映が重なると、統計の数字が事前の市場予想を下回り、その結果、ドルが売られて円高ドル安が進行し株価が乱高下しやすくな る」というものだ。」

だそうです。

ややこしい書き方ですが、簡単に言うと、こういうことだそうです。

第1金曜日にアメリカの雇用統計が発表されますが、ちょうどそれと同時に、「金曜ロードShow!」でジブリ作品が放送されたときには、何故かアメリカの雇用統計が市場予想を下回り、それに連動して株相場が荒れると言う事らしいです。

いや、これは私が勝手に言ってるわけじゃないですよ。(そらそうやろ)

米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、「2010年以降、統計と放映の重複は計10回あり、うち予想を下回ったのは9回で的中率は90%に達する。」そうです。

9割ですよ。

野球なんて3割で強打者なのに9割て、どんなスラッガー?(野球関係ないやろ)

くれない

しかも、9/6日放映の「金曜ロードShow!」は、「紅の豚」だそうです。

なんでも、この「紅の豚」、過去に2回、雇用統計の発表日に放映されて、いずれも市場予想を下回っているとのことです。

打率10割ですよ。

つ、つよっ。

野球だったら、「こいつはヤバいから、ちょっと敬遠しとこうよ~。」みたいな?

でも、敬遠しても、ジブリチームは重量打線なので、敬遠の意味無いかも。

まるで、「選手交代、全員クロマティ!」みたいですよね。

 しかも、今回は宮崎駿監督の引退に合わせて急遽放映が決まったそうなので、これは何かが起こるフラグ立ってますよね?

大恐慌とか、やめてよ~。

 

でも、全く関係のないことが関連してると思われるなんて興味深いですね。

この話を聞いて、すぐに「似てる!」と思ったのが東原亜希さんのブログです。

東原さんのブログは、一部で「デスブログ」と言われているようです。

ほら、昔、流行った「デスノート」をもじったものなんですが、なんでそう言われているのかと言うと、東原さんのブログに書かれた人や物が、不運な目に遭うんだとか。

いろいろネタはありますが、私が一番恐ろしいと思うのは競馬の予想で、東原さんが本命だと予想した馬が、断然一番人気だったとしても、突然の骨折などで、すべて負けてしまうってことです。

競馬予想で、38連敗だったらしいですよ。

大穴ばかり狙ってるわけでもないのに、これだけ外すのは予想には向いてないでしょう?笑

ってか、「俺の予想と同じ馬を本命にしないでっ!」って感じですよね。

昔、武幸四郎さん騎乗の有力馬を本命にして、見事に負けてしまい無視されたことがあっただとか・・・。

まぁ、これは「勝負師が人のせいにすんなよ~。」って感じなので、ネタなんでしょうけども。

りゅーく

そんなこんなで、本人さんも、そう言われていることを知ってるみたいで、ある時、こう書いたそうです。

本命馬がウォッカと言う強い馬らしかったんですが、「ウオッカ以外の全馬の名前をデスノートに書いときます」と。

すると、次の競馬開催日は馬インフルエンザ蔓延で中央競馬中止になったとか・・・。

怖いわ~。笑

友達だったら「うわっ!背中にリューク付いてるよ~!」って、言ってしまいそうです。笑

 

 と、まぁ、宮崎駿監督の作品にリュークがついてるかどうかは分かりませんが、ちょいと注目ですよね~。

posted by daibit in 映画 and have No Comments