レトロな男の部屋

Retro man's room

Archive for 7月 14th, 2013

少年ジャンプが創刊45周年

少年ジャンプが創刊45周年を迎えるとのことです。

そうですか~。

あの雑誌、そんなに前からあるんですね。

私には懐かしい思い出しかありません。

私は黄金時代だった頃を知っている人間なんですが、当時は凄まじかったですよ。

発行部数もそうですが、今思えば天才的な漫画ばかり連載されていました。

「ドラゴンボール」と「北斗の拳」だけでも、その強力さが分かると思います。

いや、今も「ONE PIECE」が爆売れらしいので、それに変わる作品になるのかも知れません。

でも、読んで見ましたが、どこが面白いのか全く分かりませんでした。

おっさんだからと言うのもあるかも知れませんが、ストーリーが意味不明です。

最初の方はいいですが、後のほうになると何が目的だったのか全然話に付いていけなくなります。

 45しゅうねん

それから、登場人物が大量すぎて、主人公たちとの関連が分からなくなります。

全くのチョイ役扱いじゃなくて、それなりの存在感があるキャラが出てくるので、こいつは重要人物なのかと思うと、そうでも無かったり・・・。

重要人物は覚えようと思うじゃないですか?

で、覚えたのに、もうそれっきり出てこなかったりして、一種のパニックになるんですよね。

ちょうど外国の推理小説を読んだときに大量の登場人物が出てきて、カタカナの名前と人物紹介一覧を見比べる、あの感じに似ています。

おまえは誰やねんと。

 

あと、ストーリーが断片的なので、話に集中できないのもあるかも。

メンバーが分かれて修行に出る話があるのはいいですが、そのくだりが結構長くて本編も進めようよ~みたいな。

まぁこの辺は好みだから、一概には言えないですけども。

私は一本道のストーリーが好きなんですよ。

回想シーンはいいですが、あまり寄り道をしないで、一つ一つのストーリーが完結して続いていく方がいいかなぁ。

それが「ONE PIECE」の場合は、微妙に引きずってるんですよね。

だから、前の話が出てきても、もう忘れてたりして意味が分からなくなるんだと思います。

と、いろいろ書いてしまいましたが、最初のほうは面白かったです。

キャラのデザインも面白いと思いますし。

しかも、なんだかんだ言って読んでますね~。

 kobura

いや、今日の話は「ONE PIECE」じゃなくて、創刊45周年を記念して、記念号となる13日発売の33号の電子版を豪華デジタル版として電子書籍ストアで発売するそうなんですよ。

あのジャンプが電子コミックとは、時代は変わったな~と思います。

今回は鳥山明さんの約13年ぶりとなる新連載、「銀河パトロール ジャコ」も載ってるそうです。

まだ書かはるんですね。

働き者だなぁ~。

表紙に載ってるのは、ちょっとフリーザーっぽい絵ですけど、そっち系なんでしょうか?(どっち系?)

あと、デジタル版の特典がいろいろと付いているようです。

デジタルは色が綺麗ですからね~。

そういえば、昔、「スペースコブラ」って漫画がありましたが、あれは一時CGで書かれてました。

そう、あのセクシーな女性がいっぱい出てくる奴ですが、めちゃくちゃ絵が綺麗だったな~。

あの漫画は、そのままデジタルコミックになるんじゃないですかね。

寺沢武一さんは、時代を先取りしてたんですねぇ。

今回の、新連載の「銀河パトロール ジャコ」も、銀河パトロール繋がりで「スペースコブラ」とコラボしたり・・・、は、無いか。

posted by daibit in ニュース and have No Comments