レトロな男の部屋

Retro man's room

Archive for 7月 7th, 2013

「ダイ・ハード ラスト・デイ」観ました。

「ダイ・ハード ラスト・デイ」観ました。

いや~、スイッチ入ってしまいましたわ。

私、時々、スイッチ入る時があるんですよ。

映画でも、本でも見出すと止まらないみたいな。

ある日、ぱったりと興味が無くなるみたいな感じになるんですが、何かの病気なんですかねぇ。

 

先日の007スカイフォールを返しに行ったら、今度はダイ・ハードの新作が出てるじゃぁあ~りませんか。(チャーリー風)

即借りでした。

ブルースさん、もはや、立派にハゲてますね。(どんな言い方?)

いや、確かに激しいアクション映画ですから、バーコード頭だったらコメディになってしまうのもありますけども。

爆発して、バーコードが乱れて凄い髪型になったらイヤってか、つい笑ってしまいますよね。

ユーポスのCMみたいな。

あ、知らない人も多いかも知れませんね。

このCMは関西だけかも。

ってか、こんなん関西だけだと思います。

う~ん・・・、関西の恥部を晒すみたいでいやだなぁ。(恥部て)

こんなの関西じゃないとウケないって言うか、苦情が来るかも知れません。

これなんですが。

いや、これで関西が怖くなった人居てるでしょ?

でも、こんな人、電車には乗ってませんよ。(そらそうやろ)

しかも、「ふっり~ダイヤルはよみろワレ」ですからね。

いやいやいやいや、「はよみろワレ」て。

どんなゴロ合わせやねんと。

よ~く考えると関西人でも怖いっす。

車の相談に電話してみよかと思って。

ユーポス、ユーポス・・・えっと、番号は「はよみろワレ」か・・・って~どんな会社やね~ん。

まぁ個人的には面白いと思いますけどね。

全国展開する気無しっぽいです。

 

いや、お遊びが過ぎました。

それで「ダイ・ハード ラスト・デイ」なんですが・・・。

ユーポスより面白くないです。(が、が~ん)

一応、話に捻りはありましたし、アクションもバリバリやってますが、淡白な感じでした。

「えっ?もう終わり?」みたいな。

ほら、UNOに例えると、誰かが「UNO!」って言ってから、誰か止めろよと言う間もなくスコッとあがってしまったみたいな感じ?(わかりにくっ)

ダイ・ハードって、もうちょっと大ドンデン返しがあったように思うんですけどね~。

この作品もシナリオライターが変わったんですかね。

だいはーど

あと、もうジョン・マクレーンも限界かも。

いや、ハゲてるからじゃなくって、意外性が無いんですよね。

髪は限界を超えてますけど、強いイメージも限界を超えてるんだと思います。

ほら、1の頃ってごく普通の髪のある警官(髪はいいやろ)が、たまたま事件に巻き込まれる設定でした。

普通のハゲてない警官(もうええって)が、一人ボッチでどうやって大勢の悪人を倒すのかみたいなところが面白かったと思うんですけどね。

もう今ではハゲた警官が、どんだけ敵を余裕で倒すかみたいになってますし。(もう髪の毛から離れろ~)

しかも、最近は家族が出てくるんですよね。

「世襲にしたいの?どうなの?」みたいな感じになってます。

確かに髪の毛の見た目で言えば、大きな子供が居てもおかしくないですが、それと一緒に協力して悪人を倒すとか、ちょっと話がズレてるな~と思います。

ヒーローが歳を取って、一人で戦うって説得力が無いと考えたのかも知れませんが、なんか違います。

そう言うのが観たいんじゃないねんと。

それに、最近は絶対絶命の窮地に陥らないんですよ。

一応、ヘリが突っ込んできたりして普通なら死ぬやろって場面もありますが、ダイ・ハードだから逃げきれるんだろうなぁと勝手に思ってしまいますし。

だから、もう、限界なんでしょうね。

意外性が無いって言うのか、強くなり過ぎてハラハラしないんですよ。

ってなわけで、私的にはハズれだったかなぁ。

posted by daibit in 映画 and have No Comments