レトロな男の部屋

Retro man's room

ビグ・ザム発進!!!

な、なんだと!

ビグ・ザムだと~!

「ザクとうふ」で有名な相模屋食料はシリーズ発売一周年を記念して、「ビグ・ザムとうふ」を販売するそうです。

「そっちか~!」みたいな感じですね。

「ビグ・ザム」を知らない人のために説明すると、「機動戦士ガンダム」の一年戦争終盤に登場した、ドズル・ザビ中将が搭乗し、地球連邦軍に圧倒的な力を魅せつけたモビルアーマーです。

量産化の計画がありながらも「試作」に終わっていた機体です。

その当時、ちょっと鳥みたいイメージがしてたんですが、今見ると足の指が3つに分かれてるから、そう思ったのかも知れません。

びぐざむ

たしか、口みたいなところから、強力なビームを撃つんですよ。

今回は豆腐なので、そんな強力なビームは撃てませんが、強力な味で勝負です。

 

その味の方ですが、、まず、胴体部がアボカド風味で、「クリーミィで濃厚な味わい」を実現しているそうです。

アボガドって・・・。

また、マニアックな感じのする野菜ってか果物を使ってますね。

脚部は、鶏肉の味じゃなくって、プレーンな豆腐らしいです。

なんだか、ちょっと残念。

あの足の形だから、鶏肉の味だったら面白いですよね。(もう豆腐ちゃうやろ~)

びぐざむ

一番、驚きなのが、原料の大豆に、劇中で大規模な戦闘が展開された「オデッサ」周辺の大豆をごく微量(0.1%以上)使用しているらしいです。

マジかよ。

凝り過ぎってかヘンでしょ。笑

 

それで、「ビグ・ザムとうふ」の発売にあわせて、オリジナルジオラマレシピ写真コンテスト 「ビグ・ザム‐1グランプリ」の開催も決定しているそうです。

なんてこったい。

食べ物で遊んじゃいけませ~ん!とか言われそうな気もしますが、「あとでスタッフが美味しく頂きました。」って書いておけばOKかな。

ビームを発射するシーンをジオラマ化すれば、面白いかもしれませんね。

肝心の連邦軍の白い奴とかが発売されて無いので、ちょっとジオラマのシーンは限られそうな気がします。

まぁ、そのうち連邦軍のモビルスーツも登場してくるんですかね。

いや、企画してる人、結構、マニアでしょ?

「ザク」とくれば、普通は「ガンダム」とかベタなシリーズ化をしそうなもんですが、「ズゴック」で、その後、「ビグ・ザム」ですからね。

次は「ジオング」とかにするんですかね?

で、ア・バオア・クー産の大豆を微量使ってますとかね。(いや、それは無理やろ)

posted by daibit in 食べ物 and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment