レトロな男の部屋

Retro man's room

宇宙旅行の一次募集の締め切りは8月31日

オランダって、最先端ですね~。

技術力ってことではなくて、大麻解禁もそうですが、やることが一歩進んでいます。

前にも話題にしたかも知れないですが、オランダのTV番組が、2023年に最初の宇宙飛行士4人を火星へと送り届け、人類初となる火星コロニー建設の試みをリアリティー番組としてテレビで放映する計画だそうです。

ここまでなら、「そうなんや。凄い。」で済みますが、一番ビックリなことは片道切符だと言うことです・・・。

「勇敢な人」を募集と言うことですが、これは勇敢ってか蛮勇でしょ。

ジュリーの歌でさえ、「行ったきりなら幸せになるがいい~!戻る気になりゃいつでもおいでよ~♪」だというのに。(古過ぎるって)

戻る気になっても、戻ってこれないないのは辛いでしょう?

英雄願望か、自殺願望のある人しか集まらないような気がするんですが、どうなんでしょうね。

オランダだけに、常に大麻を吸って恐怖を和らげるとか?(そう言うこと言っちゃ駄目ですね)

まーずわん

それで計画のほうですが、「同社は6グループの参加者(各グループ4人)を募っており、2022年に最初のグループが出発した後、2年おきにそれぞれ7か月の旅に出発するという。」と言うことです。

長期目標は持続するコロニーの建設だそうですが、「24人でどうすんねん?」と思うんですけども。

黄金伝説の無人島生活の手製テントみたいなのでは即死でしょう。(当たり前)

人間と食料を運ぶだけでも、かなりの燃料が要るように思いますけど、その上、建築材料やら、建設機材を運ぶのは無理っぽくないですかね?

今一つ、計画と目的が合ってないように思ってしまいます。

まーずわん

あと、TV番組主催って怖いですね。

視聴率は取れるでしょうけど、何十年も、そのTV番組が続くかどうか分かりませんし。

「ごめん。もう資金無いわ。あと、よろしく。」みたいになりそうな。

 

と、慎重派でチキンな私は思うわけですけど、過去1年間に100以上の国から参加についての問い合わせ1万件ほどあったらしいです。

世界は広いな~。

そんなに地球がイヤなんか~?みたいな。

 

もちろん、日本からも応募できるみたいで、オンラインでの一次募集の締め切りは8月31日らしいです。

出願料は国によって、まちまちらしいですが、米国では38ドル(約3800円)だと言う事です。

地球に嫌気がさした人は、ちょっと宙外旅行に出掛けてみては?

あ、片道切符ですけども。

posted by daibit in 未分類 and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment