レトロな男の部屋

Retro man's room

今年も福男が決定!笹持ってこ~い!

こいつはメデタイ!

商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社で、今年の福男が誕生したそうです。

今年の福男は尼崎市の市立尼崎高校3年の男子生徒だそうで、「青春の思い出づくりに」と、友人と一緒に初めて参加していたということです。

青春っていいなぁ。

ふくおとこ

考えてみれば、なんたら男と付くのって、あんまり良いイメージのものが無いですもんね。

「電車男」だとか、「笑い男」だとか、どうもスッキリしない感じですし。

なので、福男は、そう呼ばれても嬉しいんじゃないかと。

なんでも、このレースじゃなくって福男選び、2着、3着は、おさ~ん、だったみたいなので、私もちょっと参加してみたくなりました。

短距離走にも、運にも、自信が無いですけど、邪魔するのだけには自信があります。(嫌がらせかい!)

 

でも、TVでその様子を観ると、すさまじいですね。

なんかスタート早々に、コケて転がってる人もいましたし。

福男を選ぶって和やかそうなのに、こんなんなんやと震撼させられました。(大袈裟)

怪我する人は居ないんですかね?

 

何かに光景が似てるなと思ったら、一昔前のパチンコ屋の新装開店の様子と、そっくりなのに気が付きました。

今は整理券とか渡すのかもしれないですが、当時は先着順に並んでシャッターが開くと同時にダッシュするんですよ。

もちろん、コケて転がってる人もいましたし。

と、思ってたんですが、実はパチンコの新装開店とは比べ物にならないほど、福が無いと福男には成れないみたいです。

なんと、先着順じゃなくって、くじ引きでスタート位置が決まるんですって。

これは辛いですね。

いくら速くてもF1と一緒で、ポールポジションを取れないと、前を追い抜かないといけないですし。

しかも、何周も走るわけじゃなくって、門から本殿までの短い距離なので、3列目より後からスタートだったら、1着はかなり難しいんじゃないですかね。

いや、短距離走王者のボルト選手みたいな人がいたら、スピードとパワーで前の人を弾き飛ばして一位もありえますが、そこまでやると、お祝い事なのに殺伐としすぎでアウツですし。

そう思うと、2年連続で福男になる人は少ないでしょうね。

2年も3年も福男って、逆に「神っすか?」ぐらいに思いますし。

福男になった人は、口を揃えて、その年は良いことがあったと話しているそうです。

いいですねぇ。

あやかりたいもんです。

えべっさん

実は私も「えべっさん」に行って来ました。

西宮神社じゃなくって、家の近所の神社なんですが賑わっていました。

「えべっさん」の、あの歌と雰囲気が好きなんですよ。

「商売繁盛で笹持って来い!」

なんだか分かりませんが、楽しい気分になりますし。

意味を考えると「なんで笹やねん」と、訳が分かりませんけどね。

そう思って調べてみると、ちゃんと意味はあるみたいです。

「常に青々とした葉をつけているところに、「いのち」を生み出し続け、「いのち」を常に甦らせている神秘性、その姿は、神道の信仰そのもので、神々のご神徳によって、日々「いのち」が甦り、生成発展している姿を象徴しているのです。」

と、あります。

なるほど。

あと、参拝のみなさんがマグロに、お金を貼ってたんですが、あれは何なんでしょう?

あれも何かヘンな感じですよね。

調べてみると「マグロの頭や背中などに硬貨を貼り付け、うまく張り付けばお金が身に付く。」と言う意味らしいです。

なるほどぅ。

 

でも、何でマグロなんでしょうね。

節分の鰯の頭を柊の枝に刺したものを戸口にみたいな感じですかね?

「あのお金貼ったマグロは最後はどうなるんやろ?」ぐらいに謎です。(そのレベル?)

時間帯が良かったのか御神酒も頂いたんですが、あれはおいしいですね~。

普段日本酒は飲まないんですが、香りがたまりません。

あと、マグロの刺身もあれば・・・。(それは供え物や~)

posted by daibit in イベント and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment