レトロな男の部屋

Retro man's room

柴犬バーはいかが?

これは、やヴぁい!

渋谷に柴犬が店長のバーがあるようです。

ネコ駅長とかネコカフェみたいなのもありますが、これはいいアイデアかも。

店に入ると柴犬のハナさん(1歳半 ♀)が駆け寄ってきてくれるそうです。

いや~、癒されるだろうな~。

ちょっとキャバクラが苦手な私としては、気に入りました。

だって、最近のキャバクラって、客が話を盛り上げなくてはみたいなとこが多くてしんどいんですよ。

話の引き出し方が下手やな~みたいな子が多いような。

気を遣って、ネタになりそうな話を出したりするんですが・・・。

そのうち「あれっ?なんでこっちが気遣ってんねんやろ?」みたいな気分になってきますし。

え?店の選択ミスですか?

しばばー

その点、柴犬だったら居るだけで楽しいんじゃないですかね。

愛嬌がありますし。

ビーフジャーキーあげたくなるな~。

アフターどっすか?とか。

あ、普通の散歩になりますけども。

毛の色とか姿とか、見てて安心感があるのは、やっぱりアレですかね。

日本犬のイメージとして染み付いてるからのような。

ゴールデンレトリバーとか、シェパードとかも可愛いですが、ちょっと違うんですよね。

まめすけ

そういえば、和風総本家の豆助でしたっけ?

あの柴犬も可愛いですね~。

あんなの居てたら毎日早く帰りますよ。(どこのマイホームパパやねん。)

 

そうそう、時々、柴犬顔の人って居ますよね?

この人柴犬にそっくりやなみたいな。

有名人で言えば、勝俣州和とか。(失礼)

何となく似てません?

 

犬に似てるって思いっきり失礼なので、面と向かって本人には言えませんが(当たり前)結構癒されるな~。

まぁそう言うのもあって柴犬を見たときの安心感と繋がってるのかも知れませんね。

 

ネコはね~、可愛いんですけども・・・。

ネコカフェは見たことあるんですが、身近にネコが居なかったので、ネコは反応が良く分からないんですよ。

幼い頃、おばぁちゃんの家で思いっきり顔を引っかかれたぐらいしか思い出がありませんし。

何もしてないのに顔に三連コンボの猫パンチですわ。

パンパンパンって、鼻の下を叩かれました。

しかも、爪を立てていて、後からじわ~っと血が出てくると言う、恐怖の切れ味。

日本刀で切りあいして、数秒後に切られた方から血が流れてくるシーンかよ~みたいな。

今思えば本気で殺る気やったんやな、アイツ。

 

その点、犬は嫌な思い出は少ないです。

まぁ少し怖かったのは、昔、竹やぶから野良犬が出てきて追いかけられたぐらいですかね。

あれも怖いといえば怖かったですが、一緒に居た奴と逃げて曲がり角で二手に別れたら、そいつの方を追いかけて行ったので事なきを得ましたが。(ヒドイ奴やな。)

その後、追いかけられた友人の姿を、見た人間は居なかった・・・。(うそです。泣いてましたが無事でした。)

友人はトラウマみたいですが、私は犬好きです。

幼い時の体験って、後々まで響きますね。

posted by daibit in お酒,嗜好品 and have Comments (2)

2 Responses to “柴犬バーはいかが?”

  1. 匿名」 より:

    いらっしゃいませの一言もない、頼みごとしても他のことやって何度も言ってやっとやったと思ったら中途半端、常連客とばかり盛り上がって一見さんは終始放置、でもシッカリ金は取る。愛想がいいのは犬だけでした。

    • daibit より:

      コメントありがとうございます。
      そうなんですねぇ。
      よく子供と動物を使うとTVの視聴率が取れると言う話がありますが、それにちょっと似ている気がしますね。
      客寄せはできたものの・・・って感じでしょうか。
      困ってしまってワンワンワワンみたいな?

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment