レトロな男の部屋

Retro man's room

auが冬のフラッグシップモデル発表

マジですかい!

auの冬のフラッグシップモデルが発表されたようです。

「HTC J butterfly HTL21」と言うらしいですが、この端末のスペックが凄いです。

5インチフルHDディスプレイを搭載し、プロセッサには1.5GHzクアッドコアCPUを採用しているようです。

えっと、ディスプレイですがsuper LCD 3 FHDディスプレイ(1,920×1,080ドット)ですって。

う~ん・・・。

最近買った私のノートパソコンのディスプレイより高画質です。

私のは15インチで1366×768ですんで・・・。

確かに外部ディスプレイに繋いだ後、ノートのディスプレイで見ると狭っと思います。

ってか、5インチに、この解像度いる?

あとクワッドコアって言うのも、私のノートパソコンと並びます。

おそらく値段も負けてますし。(スマホのが高い)

勝てるのはメモリ容量ぐらいかなぁ。

なんだか凄い時代になりましたね。

まぁでも 高性能ですが、少し持て余し気味な気がしますけども。

スペック至上主義の人が居るので、そんな人にはウケるかもしれませんが、一般人はどうなんでしょうね?

LINEとか動画再生に使うにしても、パワーが余り過ぎのような・・・。

ぱわふつ

私の場合は性能云々より入力系統が悪いと駄目なんですよ。

タッチパネルでメールとか死ぬほどイライラしますし。

スマホ使ってる人ってタッチパネル入力だけで何ともないのかなぁと、いつも不思議に思います。

でも、このあいだ、iphoneのCMで凄い勢いで入力してるのをてビックリしましたけども。

もしかして慣れたら、いくらでも早く入力できるようになるのかな?

 

そうそう、これを書いてるときにNexsus10の情報が入って来ましたが、その仕様は・・・。

10.1インチ2560 x 1600 スーパー有機ELディスプレイ、Cortex-A15 デュアルコア1.7GHz駆動のExynos 5250プロセッサ、2GB RAM、16GBストレージなどらしいです。

・・・、うちのノーパソ惨敗です・・・。

これは新型ipadの、いいライバルですね。

これだけ強力でも、おそらくipadより高くなることはないでしょうから凄いです。

欲しいと思ってしまいましたが、ただ、引っかかるのがサムソン製ってところですかね。

国が嫌いとか言うのは置いといて、韓国製は、あんまりいい思い出が無いんですよ。

3年ぐらい前にHYUNDAIの液晶ディスプレイを買ったんですが、これが酷くて・・・。

IPS液晶で破格の値段だったので、おお!これや!と思って飛びついたんですが、使い始めて、しばらくすると接続機器の切り替えができなくなりました。

いや、正確にはできるんですが、切り替えるボタンが上下みたいに付いてるんですが、片方が効きません。

なので、HDMIに切り替えようとして行き過ぎてRGBになってしまったらHDMIに戻るにはもう一度全ての画面モードを切り替えてからになります。

あと、音量を大きくするには一旦小さくするボタンを押してからじゃないと大きくできません。

この複雑な操作は、なんの暗号やねんと。

最近は電源ボタンも怪しいんですよ。

ボタン操作の度にピッと音が鳴るんですが、寒いときに押すと電源は入らずにピッピッピッピッと鳴って切れます。

で、何度かやってるとピッピッピッピピピピピ・・。とか鳴って切れるんですよ。

ふ、ふざけんな~!

お前は盗難防止装置付きの車か~!

ちょっと、おちょくられてる感が半端無いですわ。

私じゃなかったらブチキレてるところですよ。

まぁ私の場合は、こうやって笑い話のネタができていいかなと思ってるので許すわけですが。

ってかね~、韓国製品に負けるとか言う話を聞きますが、そう言う話をする人は使ったことないんじゃないかと。

安いから我慢して使ってるってレベルですけども。

まぁこう言うのは客が我慢すればいいだけの話ですが、宇宙船とかミッションクリティカルな製品はムリな感じて仕方がないです。

国際宇宙ステーションみたいに宇宙船から荷物受け取るのに「ロボットアームゴー!」とか言って、ボタン押しても一旦全部伸ばしてからじゃないと曲げられないとかになったら致命的ですし。

宇宙飛行士が操作自体を暗号化すんなや~!ってツッコンでるのが見えます。

posted by daibit in 宇宙,携帯 and have No Comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment