レトロな男の部屋

Retro man's room

進め~!進め~!ものども~!

進め~!進め~!ものども~!

オゴレスを倒すのだ~!

あ、いきなり、すみません。

知ってる人は知っている、知らない人は知らない(当たり前)、超大昔のゲームの最新作がこのたび発売されました。

「ボコスカウォーズ」と言うゲームなんですが、ご存知ですか?

30年ほど前にファミコン用にアスキーから発売されていました。

実は私はそれより前に発売されたパソコン版のオリジナルをプレイしたことがあります。

私の思い出の中ではかなり面白い部類のゲームだったと記憶しています。

ネットを見ているとファミコン版では「クソゲー」の烙印を押されているようなんですが、あれはたぶん評価してる人が違うと思うんですよ。

オリジナル版を知ってる人間に言わせると当時、あのゲーム性はとても斬新で「なにこれ?面白れぇ~。」と感動したもんです。

だって、あのゲームが出る前はリアルタイムのゴチャキャラ系って無かったですし。

当時のゲームで多かったのは今でも主流のコマンド選択式のゲームか、自キャラだけを動かすアクションゲームをだったので敵味方がリアルタイムに動いて戦闘して成長するルールは珍しかったです。

当時を知らない最近のゲーマーにはクソゲーにしか見えないでしょう。

まぁそれはさておき、最新作が発売されるのを知り、「発売されたら買うぞ!」と心に誓っていました。

それでやっと先日発売されたので速攻で買いました。

いや、少し嘘があります。

税込み2,700円なのですが、ちょっと躊躇しちゃいました。笑

普通に安いと思いますけども、PSストアで10周年記念キャンペーンが同時に開始されたんですよ。

そこで売っいるのが「bloodborne the old hunters edition」だったんです。

あの超強烈な世界観の美麗グラフィックスで玄人を唸らすゲーム内容。

しかも、今回のキャンペーンでの価格が1,999円・・・。

明らかに「買い」でしょう。

思わずポチッちゃいました。

ってか、他にも何点か買ってしまいました。

いや~、「ロマサガ2」面白いっす。(どんだけゲーマー?)

ちなみに「ロマサガ2」はお風呂用です。

冬に風呂ゲーは最高ですよ。

「ボコスカウォーズ2」は新作ですし、新発売で2,700円は妥当だと思いますが、最新ゲームのbloodborne と並べられるとちょっとねぇ。

タイミングが悪すぎっすよ。

もう既にキャンペーン価格とは言え1万円近く使っているのに、まだ買うのかと。

でもねぇ、よくよく考えるとあの当時の楽しさを思い出すと、「わが青春のアルカディア」なんですよ。(意味不明)

ほら、若い頃好きだった曲がマスタリングされて、特別ボーナストラックとか入ってたりすると買ってしまうでしょ?

あれと似た感覚なんです。

当時を懐かしみつつ、それを最新技術で楽しむと言う贅沢。

あと、あの頃の思い出の上に、さらに新しい思い出ができると言う面白さ。

ここはそのためだけにも「買い!」と思いポチリました。

すると1G以上の容量があるようです。

「えっ?あの「ボコスカウォーズ」の続編なのに、何をそんなに詰め込んだんだ~?」ってな感覚です。

ひょっとしてフル3Dだったりして。

希望を膨らませつつダウンロードが終わり、さっそくプレイ開始です。

ちょっとワクワクしています。

これは初代「ボコスカウォーズ」を初プレイしたときも同じようなワクワク感だったように思います。

え~っと、王様はどこですか?

あれ?

あの白い鎧の王様がいません。

兵卒ばっかりですけども。

ゲームオ~バ~・・・。

「なんですと~~~~~!」

訳が分からず再スタート。

どうやら最初に動かせるのは一人の兵卒だけみたいです。

とりあえず兵卒を動かして門番にぶつけてみます。

ゲームオーバー。

「えっ?」

そうそう、このゲーム、王様がやられるとゲームオーバーなんですよね。

兵卒が死んだらゲームオーバーになるルールに変更されたとか?

もう一回スタートしました。

今度は兵卒を門番の背後からぶつけてみます。

私が昔から知っている「ボコスカウォーズ」のテクニックですが、敵の背後は防御力が弱かったハズなんですよね。

ゲームオーバー。

なんだか30年前のゲームでよくあった理不尽な感じがしてきました。

そうそう、30年前のゲームってロクな説明書が無くて、いきなり死んだりして意味が分からず途中で諦めたゲームが山ほどあります。

何度か死んでよ~く見てみると、細かい破片みたいなのとか盾みたいなのとかが落ちてます。

そこに兵卒を持っていくと白い王様の姿に!

どうやら、装備が外されて兵卒みたいな格好になっていたようです。

って、分かりにくいわ!

音楽も変わり、やっとスタート地点な感じです。

このゲーム、モードが切り替えられて当時の「ボコスカウォーズ」グラフィックスか、新型の「ボコスカウォーズ」グラフィックスに切り替えられます。

新型の「ボコスカウォーズ」グラフィックスは味があって、ちょっと気持ち悪い感じのものですが、ゲーム的には慣れないせいか見難いです。

音楽も今どきの豪華なアレンジに切り替わります。

う~ん、この設定どうなんでしょ?

この設定切り替え要ります?

今どき当時のキャラグラだけじゃ「ふざけるな!」と言われるかと思って付けたのかも知れませんが、このせいであの価格になったのなら、当時のキャラグラだけにして、もう少し安くしてくれれば買う人が増えたかも?

そう思うのも今のところあんまり感動してないのもあります。

当時のままは良いのですが、敵と味方キャラの種類が増えただけでゲーム内容はあんまり代わり映えしないような・・・。

いや、まだまだ序盤(400mぐらい)までしかたどり着けてないので評価できないですが、今のところ当時のような劇的な感動はないっす。

まぁ1G以上の容量ですから、まだまだ凄い仕掛けが隠されているのだと思うんですけどね。

まだ1時間ぐらいしかプレイしてないので分かりません。

ちょっとボコスカウォーズの続編が発売されたのが嬉しくて記事にしてみました。

もうちょっと進んだら続きを書きます。

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

マジで!?

マジっすか!

アメリカ大統領選挙ですが、大方の予想を覆し共和党のドナルド・トランプが勝利したようです。

私も、清々しく予想を外してしまいました。

酔っ払いのオッサンが勝つとは思ってもみませんでした。

まぁでも、これはアメリカの終わりの始まりかも知れません。

ってか、現状の閉塞感を何とかしたいと思ってトランプを選んだと言う意見もありますが、クリントン以上にドツボを踏む可能性が高い気がします。

なんだかよく分かりませんが、敢えて危険牌を選ぶ。

これがフロンティアスピリットって奴なんですかね。

 

あ、よくよく考えて見ると、日本も数年前にドツボを踏んだのを思い出しました。

自民党に愛想をつかして民主党を選んだじゃないですか?

その結果・・・。

もう悪夢のような閉塞状態になりましたよね。

多くの民主党に投票した人が、自民党の方がマシだったと思ったに違いありません。

アメリカ人も数年後、同じような状態になっているような予感がします。

こう言うパターンの政権交代は初めの半年ぐらいは上手く行くことが多いですが、ブームが廃れるのも早いように思います。

数か月はゴマメで見てくれるみたいな。

ほら、今年の阪神みたいなもんですよ。

金本監督が一年目だから、少々のミスは大目に見ましょう的な。

でも、その期間が終わればビシバシ批判される訳です。

 

トランプの場合、そうなった場合に支持率回復のために何をするか分からないところが怖いです。

選挙討論中に自分が大統領になったらクリントン氏の機密情報漏洩の調査をさせるだとか刑務所に入れるだとか言ってたように思います。

あの人、自分が批判されたら敵意を剝き出しにするところがあると思うんですよ。

支持率が下がって批判を受けたら、それが国民に向けられないのかなぁなんて心配します。

まぁ所詮は他所の国の事なので知らないですが、外交的には日本にも影響があるでしょう。

「大統領選の結果で政界に衝撃」とか言うニュースがありましたが、衝撃受けてどないすんねんですよ。

他国がどうあろうが日本が上手く行くように調整してもらわないと。

 

トランプは日本の米軍基地の運営費の負担を日本に求めているらしいですね。

アメリカへの依存を見直す良い機会のような気がします。

そもそも日本を守るために米軍基地があるわけじゃないでしょう。

いざとなれば米軍は日本を守ってくれると言うのは、どう考えても日本の都合の良いように取りすぎですよね。

確かに攻めてきたら防衛はしてくれるでしょうが、それは結果的に助ける形になるだけで、中国の太平洋への進出を挫く役割を在日米軍基地に持たせているだけでしょう。

日本や韓国にある米軍基地はアメリカの前線防衛基地なんだと思います。

そこで食い止めれば自分のところまでやってくることはできませんし。

なので、日本が全額負担することは無いと思うんです。

確かに日本に米軍基地を置いておけば睨みは効いていると思うので、いくらかは日本のためになっていると思いますが全部が全部日本のためだけじゃないですし。

と、言いつつトランプに「運営費を負担しないと撤退するぞ~!」とか言われたらヘイコラお金をお納めするんでしょうねぇ。

いっそ米軍を撤退までさせてしまって中国がちょっかいを出してくれば、嫌でも考えないといけなくなるので日本向きなのかも知れません。

歴史を見ていると、何か決定的な事が起こるまで何もしないと言うのが日本の特徴なんだと思うんですよ。

今回がその時なんじゃないかなぁなんて思うんです。

まぁ大統領はクリントンに決まっていると思いっきり予想を外した奴が言うことですからアテにはなりませんけどね。

トランプがジョーカーじゃないことを祈ります。

それでは、これで。

posted by daibit in イベント and have No Comments

お待たせしました。

いや~、今年の夏は本当に暑かったですね~。

なにっ!

もう冬ですと!?

はえぇわ!

私、夏バテがようやく治まってきたところで、今年の夏はほんと体調が悪かったんですよ。

そのせいでブログの更新もほとんどできず・・・。

大変長らくお待たせしました。

 

なんだかんだで世の中ネタの宝庫になっていますね。

もうすぐアメリカの大統領にしてももそうで、もしこのままドナルド・トランプが勝ってしまったりしたらネタキャラが本物になってしまったみたいなことになるんですかね。

いや、当の本人が一番驚いているかも?

どう考えても言いたいこと言ってるだけのオッサンだったのに、「えっ?俺って候補に選ばれてる?」「いやいやいやいや、大統領になる気ないし~。もっとめちゃくちゃ言えばさすがに選ばれんでしょ。もっとやるべ。」と思ったかどうかは知りませんが、共和党の最終候補に選ばれるまではそんな感じだったでしょ?

でも、最近になってクリントンとサシの勝負になって、まんざらでもなくなって、ようやく真剣になってきたように思います。

暴言を言い過ぎなのになんで支持されているのかをニュースなどで見ていると、現状に不満のある国民が支持してるようです。

本音で語っているところがウケているんだとか。

でもねぇ、どう見ても居酒屋で好き勝手言ってるオッサンでしょ?

ときどき、居ますもんね。

めちゃくちゃ言ってるけどオモロイからウケてるみたいな人が。

真面目に考えればクリントン一択だと思うんですけどね。

メールの機密情報漏洩の問題も、良いことではないですが皆がありえる話でしょうし。

クリントンは、よく考えるともう、おばぁちゃんですやん。

日本の同世代の年寄なんかは「わしは機械に弱いんじゃ・・・。」とか言ってる年齢なんじゃないかと。

なので、盗聴されるなんて考えてなかった気がします。

まぁそれで支持率が下がったようですが、トランプの闇のほうが大きいでしょ。

所得税を払ってなかったとか言う話もありますし。

これは事実なら犯罪ですし、国の指導者になる人間が法律違反を平気でしているって論外な気がしますけどね。

そう考えるとクリントンとトランプのマイナスポイントは根本的に同レベルじゃない気がします。

もしトランプが大統領になったりなんかしたら、アメリカもそうとうヤバいですよね。

 

まぁそれはさておき私のプリンタのトラブルを聞いてください。

虎舞竜じゃないですよ、トラブルです。(どっちでもええわ)

ってか、プリンタで同じような目に遭ってる人がいるかもしれないので書いてみます。

先日、ちょっとした文書を印刷したんですが、3枚目ぐらいからかすれてきました。

「あれ?調子が悪いのかな?」と思ってかすれたページを再度印刷しました。

すると、またまた白い筋が入るじゃありませんか。

何度か再印刷していると最後には、とうとう白紙が出るようになりました。

「うそやろ~!!!」夜中だったので小声で叫びながら、とりあえずヘッドのクリーニングをしました。

いつもならこれで直ることが多いんです。

ヘッドクリーニングを終えて再度印刷すると・・・。

またまた白紙が・・・。

「キャ~~~~~!!!」(うるさい)

ってかね、こちとら今月末には年賀状印刷と言う一大イベントが控えているんですよ。

しかも、最近その年賀状イベントのためにインクも大量に買ってしまったと言う。

「どうしてくれんねん」ですよ、ほんとに。

「ジ~ザス!、なんてこったい!な、なんでこのタイミングで・・・。」(ブルース・ウィリス風)

あ、言い忘れてましたが出ないのはブラックのみでカラーは印刷できます。

それから何度も何度もヘッドクリーニングしたり新品のインクに交換したりしてみたんですが出るのは白紙のみ・・・。

月末の年賀状印刷を考えると一刻も早く直す必要があります。

このままでは直らないかと思い修理に出すことを考えました。

調べていると私の機種は修理に2万円ぐらいかかるみたいです。

確か買った時は5万円弱だったので3年経った今、約半額が修理代ってどうなの?

しかも、同一機種が今でも売っていて3万円台に値下がりしています。

もう新品を買うおうと思いました。

いろいろ調べて一番早く来そうなところに注文しようと、もう少しでポチりそうだったのですが、まぁ一度だけ電話でサポートに聞いてみようかと思い留まりました。

丁度、その日は土曜日の夜中だったので、日曜日もサポートに聞くことができません。

なので、月曜日まで一旦置いておくことにしました。

それで、日曜日の晩にふとプリンタのプロパティを見てみると「ヘッドクリーニング」の下に「強力ヘッドクリーニング」というものがあるではあ~りませんか。

「なっ!なんだと!連邦軍はこんなものを隠してやがったのか・・・。」(いやいや、普通にあるんですけども。)

そうなんです、私、プリンタ側のタッチパネルでクリーニングを実行してたので、パソコン側にそういうのがあるのを知らなかったって言うかパネルと同じ内容だと思ってたんですよ。

一筋の希望の光が見えました。(大げさ)

藁をもすがる思いで「強力ヘッドクリーニング、オ~ン!」(課長オ~ン!風)と力を込めてクリーニングした後、印刷してみました。

な、なんと、うっすらと文字のようなものが写っています。

「いや、これは飛蚊症のせいかもしれねぇ~、もう一回!」と「強力ヘッドクリーニング」をもう一回した後印刷すると・・・。

「やっぱり幻じゃねぇ~!タローとジローは生きてたんだ~!」(なんの話?)

今度はかなりしっかりと文字が印刷されています。

そして何度か「強力ヘッドクリーニング」を実行していると以前と同じように印刷できるようになったとさ。(チャンチャン)

原因はヘッドが詰まってたんだと思いますが、もう少しで新しいのを買ってしまうところでしたよ。

メーカーも「強力ヘッドクリーニング」があることをQ&Aに書いててくれればいいのに。

もしみなさんも同じような状態になったら諦めず、クリーニングを試してみることをお勧めします。

では、今回はこのぐらいで。

posted by daibit in 電気製品 and have No Comments

待たせたな。

はぁ~。

暑いですねぇ~。

これからまだまだ暑くなるのかと思うと嫌になってしまう今日この頃ですが、いかがお過ごしですか?

 

そういえば、前に「ps4の「fallout4」を買ったのでやりまくるぜ~。」と書いたことがあったかも知れませんね。

発売日に買ったこのゲームだけを、しばらくやり続けるんだ的なことも書いたかも知れません。

でもねぇ。

速攻で別のゲームに浮気してしまいました。

だって、「fallout4」はちょっと気分的に重いんですもん。

そこで、ちょっと軽めの「TPP」に浮気っす。

あ、「TPP」と言ってもニュースで話題になっているアレじゃないです。

そう。

「メタルギアⅤ ファントムペイン」です。

えっ?「全然軽くねぇ~!」ですか?

そうなんですよね。

あんまり軽く無いゲームなんですが、思わず買っちゃいました。

ってかね、少し前にxbox360版のtpp「グラウンドゼロ」が手に入ったんです。

いわゆる、プロローグ版と言う奴で、お試し的に安く販売されてたみたいなんですが、私、xboxliveのメンバーだったので無料で手に入りました。

興味半分、やってみると面白いんですよ。

それで思わず本編も買ってしまったと言う流れです。

まんまとKONAMIの罠にハマったとも言えますが、やりごたえありです。

そういえば、私は前作のメタルギアもPS3の購入と同時に買った覚えがあります。

あれは面白かったなぁ。

今回も期待して買ったんですが、これまでプレイした感想を言えばおおむね満足です。

と言いたいところですが、やはりネットの感想の通りストーリーが未完成で不満かも・・・。

進捗度が50%を過ぎたあたりまでは充実してたんですけどね。

そのあとが悪いっす・・・。

途中までいい感じだったんですが、あれよあれよと言う間にあっけなく終わってしまいました。

いや~、なんであんな終わり方にしたんですかねぇ。

あ、そうそう。

このゲーム、いわゆる次世代機と従来機版が同時に発売されていますが、私は両方を見たので感想を言いますと・・・。

やはり次世代機のパワーは凄いです。

xbox360版とps4版は全くの別物です。

xbox360版は「グラウンドゼロ」だったので、本編の「TPP」とは違うのかも知れないですが、やはり動きがちょっと変なんですよ。

あと、光源の処理もおかしい気がします。

例えば雨のシーンでレインコートが濡れているシーンがあるんですが、なんかヌメヌメっとしてるんですよね。

なんて言うんでしょ。

ハタチの肌じゃないみたいな。(どんな表現?)

そう。水を弾く質感がないんですよ。

見た感じは「さしみこんにゃく」を着てるんじゃないかと思うぐらいヌメっています。

あと、動きもモッサリしてる気がします。

おそらくxbox360の処理の限界なのかもしれませんね。

「TPP」はPS4でもファンが爆音になりますし、かなり重い処理なんでしょう。

まぁ「グランドゼロ」はすぐにクリアできたので、xbox360版でもさほど苦痛は感じなかったですが、本編をやる場合は厳しいかもしれないなぁ。

それはさておき、終わり方はアレでしたが、 それを差し引いても「TPP」は良くできていると思います。

洋モノのFPSに負けず劣らず中々のデキです。

いや、日本人にはリアルな3Dのゲームは作れないのかと思ってたんですけどね。

「龍が如く」やら「モンハン」も面白いのは面白いのですが、3Dとしてはペラッペラッなんですよね。

楽しんでプレイしつつも一昔前のPCゲームの3Dグラフィックレベルだなぁと毎回思ってしまいます。

でも、それを「TPP」で覆されて面白かったです。

正直なところ、「和ゲーもやるやん。」と思ってしまいました。

まぁ結局のところ日本製のリアル3Dゲームが少ないのは、FPS人口が少ないのとユーザーがリアル志向では無いのが原因なのかも知れませんね。

それはスマホゲームが全盛なのを見ても分かりますし。

また、この「メタルギア」シリーズはこれで終わりだと言う噂です。

「メタルギア」シリーズはKONAMIのチームコジマと言うところが制作してるそうなんですが、どうもKONAMIと折り合いが悪くて解散になったと言うかコジマ氏が退社してしまったそうです。

コジマ氏には版権も無いでしょうから、今後、続編はできないのではないかと・・・。

まぁ外注でKONAMIがコジマ氏の事務所に続編を頼めばあり得ますが、なんだか仲が悪そうな雰囲気がプンプンします。

残念だなぁ。

何度も言いますが、ほんとにシリーズが終わりなんだったら、もっとちゃんとストーリーを終わらせてからシリーズを完結してよと強く思います。

まだまだ話が続きそうな終わり方なのに続編は出ないなんて寂しいでしょう。

残尿感が半端ねぇです。

 

ストーリーが未完成な件ですが、世間の噂通り開発部と会社の仲が良くなかったと考えると妙に辻褄が合うように思うんですよね。

例えばゲームシステムの部分だとか。

TPPはミッションクリアタイプのシステムなんですよ。

ミッションを終わらせると話が、どんどん進んでいくシステムです。

そんな作りのゲームは他にもあると思いますが、今回のメタルギアの場合、ミッションクリア毎にスタッフのエンドロールが流れるんですよ。

そのエンドロールが終わると、チームコジマのロゴと、KONAMIのロゴが表示されるのですが、最初は良いのですが何度も何度も出てくるとイラッとしてきます。

あれはなんなんでしょうね?

自己顕示欲かなんだか分からないですが、ゲームが始まる前と最終のエンディングに一回づつ出てきたら、もう要らないと思うんですけども。

ってか、チームコジマのゲームなのもコナミのゲームなのも買った時点で分かってるでしょう。

しばらくミッションをクリアして、話が一通り終わったところで本格的なエンドロールが数分流れて「えっ?もう終わり?」と思ったんですが、そのあと予告編が流れて、そのまま話が続くのもなんだか肩透かしを喰らった感があります。

たぶん、ほとんどのプレーヤーが「なんなの?」と戸惑うと思います。

エンディングの主題歌も流れますし、ほんとに話が終わった感じなんですよね。

あ、そこでももちろんチームコジマのロゴと、KONAMIのロゴも表示されます。笑

どんだけ~。

なんかロゴを表示しないといけない決まりがあるんですかね?

あれだけ念入りだと不思議に思えてきます。

いや、ゲームをクリアしてから思ったのですが、それが開発部と会社の仲の悪さを表しているんじゃないかと。

チームコジマのロゴとKONAMIのロゴが毎回表示されるってところじゃなくて、ミッションクリアタイプにすることで、いつでも開発が終わらせられるのを狙っていたんじゃないのかなぁと。

だって、最後の方のミッションって、前にクリアしたミッションを高難易度にしたものとかありますし。

あれは数合わせでしょう。

あと、私が腹が立っているのは、進捗度の表示が本編と合ってないことです。

進捗度77%で、ミッション50だったんですよ。

普通に考えると進捗度100%にするにはミッション70ぐらいまであると思いません?

でも、ミッション50をクリアしても新しいミッションも現れず、そのまま何事も無かったかのようにゲームは続きます。

続くと言っても話自体は進まずに、操作できるってことなんですけどね。

よくよく考えてみるとミッション50の3ミッション前ぐらいをクリアしたときに長いエンディングが流れたのを思い出しました。

もしかして、あれで終わりだったとか??

ピンポ~ン、はらたいらさん、正解!!!

う~ん、もうとっくにゲームをクリアしていたのに続けていたと言う馬鹿らしさ。

ミッション50以降はさらに難しくなるのかと思い、強力な武器を開発してたんですよ。

このゲーム、強力な武器の開発には時間がかかります。

無反動砲が最強だと言うことで開発が終わるまで2時間待ちましたよ・・・。

あと、主人公専用のロボットも、かなりの時間を割いて開発したんですけどねぇ。

あ、このゲーム、主人公のパートナーとして馬か犬か女かロボットを戦場に連れていけるんですけど、「ロボなんて無粋なブツは使わないぜ。」と、それまで頑なにロボの部品は開発しなかったんですよ。

ちなみに女スナイパーですが、最近女子バレーボールを見ていて、ふと似ているなと思ったのが木村沙織選手です。

似てません?

まぁそれはいいのですが、その私が、「これは今後のミッションではロボ無しではクリアできないかも・・・。」と開発に全力で励んだんですが・・・。

ってか、あと1ミッションだけなら、どれもこれも要らんでしょ。

「俺の数時間を返せ~!」ですよ。

いや、ほんとに。

じゃあ、あの進捗度は何だったのかと言うと・・・、全部のアイテムやら動植物を見つけたらパーセンテージが上がるらしいです。

まぁ単純に私の勘違いですが、分かりにくいわ~。

たぶん、世界中で私みたいなのが数千人居てたんじゃないかなぁ。

あれで一気に後味が悪くなりました。

スカッと「THE END」って出してくれればいいのに、なんか良く分からん終わり方で台無しな感じになって、ほんと勿体ないです。

せめて、ラストのミッションでエンディングを出してくれないと終わったかどうか分からんですよ。

で、なぜ、そうじゃなかったのかと言うと、まだその後も開発を続ける予定だったんじゃないのかなぁと思ってしまったわけです。

あ、そうそう。

話は変わりますが、このゲームの最後の方でMSXと思われる大昔のパソコンが出てくるんですよ。

そのときに、「ピーーーがーーーーピロピロ・・・」と、平成生まれの人には全く意味の分からない雑音が鳴るんですが、あまりの懐かしさに泣きそうになりました。

その昔、と言うよりパソコンの石器時代にカセットテープでプログラムをロードする方法があったんですよ。

「カセットテープって何?」と言う人には何を言ってるか訳が分からないかと思いますが、現在のハードディスクやDVDの代わりに、大昔はそれが記録媒体だったわけです。

その時代のパソコンにプログラムをロードする際に出る音と、そっくりな音が鳴ったのを聞いて心憎い演出だなぁと思いました。

もしかして、あの機械音を解析すると何か意味があるのかも知れないなぁなんて思います。

と、言うのも「メタルギアシリーズ」と言うのは、そのMSXの時代からあるんですよ。

初回作は、たしかROMカセットだったと思います。

今で言う2Dのグラフィックのキャラゲームでしたが、ストーリーやディテールが渋かったのを覚えています。

主人公が「ラッキーストライク」を吸うなんて、それまでのゲームではあまりありませんでしたし。

そんな歴史があるので、「TPP」の最後にMSXが出てくるところを見ると、その集大成として考えられているのを感じました。

おそらく、もうこれで最後と言う意味合いもあるような・・・。

何にせよこのままでは続編は出なさそうなので、これが最後のメタルギアなのかも知れません。

ファンの人はやっておく価値はあるかも?

posted by daibit in ゲーム and have No Comments

デスロードデッス!!!

お次はマッドマックス怒りのデスロードデッス!

先日、netflixで作品を物色しているとマッドマックスの最新作がアップされてるじゃあ~りませんか。

あの映画、確か昨年末に公開されたばかりなんですけどね。

一瞬、見間違えからと思ったんですが、ほんとにマッドマックスの最新作でした。

なんだか公開されるのが早いですねぇ。

みなさんも、そんなん見つけたら観るでしょう?

私も、即、観てしまいました。

あ、そうそう。

この映画には、歴史があるんですよ。

これまでに1~3まで公開されていて主演はいずれもメル・ギブソンです。

メル・ギブソンのマックスは恰好良いです。

もうかなりの歳になっているせいなのか、今回は違う俳優さんです。

イメージ的にはこれまでと良く似た雰囲気の俳優さんだと思いますが、メル・ギブソンと比べるとちょっとヤボったい感じがするのは私だけでしょうか。

まぁそれは良いんですが、「マッドマックス」を知らない人に少しだけ説明しますと・・・。

確か、核戦争が起こった後の世界で悪人がはびこって、警官をしていたマックスとその家族に悪人達が、ちょっかいを出してマックスの妻子が殺されてしまいます。

怒りに燃えたマックスが悪人達に復讐をすると言うお話です。

1はそんなアラスジだったと思いますが、2になると妻子を殺された復讐をした後、あてもなく砂漠を放浪しているところに油田を持つ共同体を見つけます。

何しろ車が頼りの世界なので、ガソリンは重要なんですよ。

それで髪をモヒカンにしたヒャッハ~な悪人達が、その油田を狙って攻撃を仕掛けます。

あ、ちなみに「北斗の拳」は、この映画の影響を受けているようです。

悪人のモヒカンもですが、マックスの衣装とケンシロウの衣装も似ています。

まぁ北斗神拳はオリジナルだと思いますけども。

それはさておき、共同体の人々は油田から脱出を計画していたのですが、大人数で脱出するための車がありません。

マックスはトレーラーが乗り捨てられているのを知っていたので、それを共同体の人々に伝えトレーラーを取ってくる代わりにガソリンをくれと言います。

交渉は成立し、マックスがトレーラーを持ってきてガソリンと交換しますが、今度はトレーラーを運転してくれないかと共同体のリーダーから依頼を受けます。

興味はないと断って再び車で砂漠を走り抜けるのですが、途中で悪人達に見つかり車を破壊され大けがを負いながら共同体まで逃げ帰ります。

そうして逃げる手段が無くなったマックスはトレーラーの運転をしたいと願い出ます。

いろいろあった後、トレーラーの運転をすることになり、脱出計画が始まります。

まぁ全部書いてしまうといけませんので、その後は観てください。(って、ほとんど書いてますけども)

ってか、その後は悪人達とトレーラーでバトルをするわけなんですけどね。

古い映画ですが、とても面白かったのを覚えています。

それで3ですが・・・。

これがまた今回の作品のように「サンダードーム」と言う名前のサブタイトルがついています。

パッケージからして何か違うと思ってしまう作品なんですよね、これが。

確かティナ・ターナーが出演していて話題になったと思うんですが、それだけかなぁ。

一応、観ましたが、それまでと全く別物で、ちょっと泣きそうになりました。

とにかく話が飛びすぎて訳分からんのですもの。

そんなこともあり、内容を全く覚えていません。

おぼろげに覚えているのは原始人みたいな恰好でドームの中で戦ってたように思うんですが、ほんとに何も覚えていません。笑

もしかすると2の何十年か後の話なんですかね。

う~ん、全く思い出せないです。

ってかねぇ、洋画って2作目が一番ピークなんじゃないかと思うんですよ。

「エイリアン」も1、2が面白かったですし、「ターミネーター」も・・・。

でも、3作目以降は「なんなの?」的なのって多くないですか?

「マッドマックス」も3作目は悲惨でした。

なので、今回のマッドマックス4作目もびみょ~な感じがしてました。

ええと、今回のマッドマックスは2作目にクリソツだと思います。

いや、違うのは違うんですけど、トレーラーで戦闘すると言う部分は同じなんですよ。

なので、どうしても似てると思ってしまうんですよね。

あと、3の世界観が少しカブってる気がします。

今思ったんですが、一応3の続きの話なんですかね。

ちょっとネタバレになってしまうので、ここから先は今後観ようと思っている人は飛ばしてください。

 

ただ、残念な作品ながらも、ちょっと面白いと思ったのは、いろんなデザインがぶっ飛んでいるところです。

トレーラーを取り返そうと大将以下が出陣するんですが、なんと舞台付きの車の上でエレキギターを大音量でひいている奴がいます。

出陣太鼓みたいな感じなんですかね。

でも、エレキギターですからねぇ。

あれは面白かったです。

それとか車に突き立てた棒の上に人が乗って、ちょうど昔の火消しのデモンストレーションみたいな感じで、棒をしならせながら爆弾を投げてきます。

すごくゲームの敵キャラっぽくて笑ってしまいました。

あとはねぇ。

実はもう無いんですよね。笑

ほんと何も感想が残らないストーリーでした。

いや、ほんとに。

2の戦闘を派手にしたような感じの話なんですよ。

トレーラーを奪って悪人の住処から逃げる女性がいるんですが、囚われの身のマックスが自分も逃げようと、そのトレーラーを奪うんですが最終的にはその女性たちの味方になると言う展開。

悪人に追いかけられながらトレーラーで女性が昔住んでいた緑のある地を目指すんですが、着いてみればそこも砂漠化しており落胆しますが、元居た悪人の住処には食料も水もあることに気づき反対に乗っ取ろうとします。

「いやいや、はよ気づけよ。」と冷静に突っ込んでしまいました。

だってねぇ、緑のある地を目指すのに1時間以上かかってるんですよ。

その間の戦闘で死人盛りだくさんですし。

最初から悪人の住処の乗っ取りを考えてたら、少ない犠牲で1時間で終わる話じゃね?と。

おおっと!映画なので1時間で終わるとまずいですね。

いや、今回の作品で一番不可解なところは大将を倒して、その死体を悪人の住処に持ち帰ったら全員降参したところです。

う~ん、ないでしょ。

マックス1人と女が5人ぐらいで、悪人は山盛りなんですけどね。

全員でかかれば簡単に勝てそうなんですが・・・。

いくら大将が死んだとは言え、そんな素直な奴らが悪人ってねぇ。

なんかスッキリしないエンディングでした。

 

おそらく何年かしたらB級映画に分類されることでしょう。

「公開が早かったのはそういうことだったのね。」と妙に納得してしまいました。

まぁこれは私の感想なので面白かった人も居てるかも知れませんね。

みなさんも観る機会があれば、お勧め・・・しません。(なんじゃそりゃ)

posted by daibit in 映画 and have No Comments

「Walking Dead」観ました。

GWですね。

始まる前は何をしようかと色々と考えていましたが、またまた家でゴロゴロしてそうな予感がします。

ってか、普通の月でも毎週末は、家でゴロゴロしてるんですけどね。

それで家で何をしてるのかと言えばゲーム、映画鑑賞なんですよねぇ。

今のようにネット環境が便利になってからは、外へ出歩くことが少なくなってしまいました。

今や映画だってネットで借りられますもんね。

ネットレンタルビデオは借りたDVDを返しに行くと言う作業が無くなって、とても快適です。

少し難があるとすれば、一旦再生を始めたら3日ほどで期限切れになって返却(観られなくなる)されてしまうところです。

まぁ普通に店でレンタルしても1泊2日やらで返却しないといけないので同じっちゃ~同じなんですが、ほら、DVDなら延滞料金の支払いは増えますが観終わるまで置いておけますよね。

でも、ネットレンタルの場合、観ながら寝落ちしてしまったりなんかすると知らないうちに返却されているので、その辺がちょっとねぇ。

延長ボタンなんてものがあるのかどうかは知らないですけども。

そういえば近所のTUTAYAが改装されました。

喫茶店にするのかなぁと思ってたんですが、出来てビックリ、レンタルコミックですって。

「そっち~?」と思ってしまいました。

今どき漫画を借りる人なんて居るんですかね?

安くで借りられるのかも知れないですが、本を持って帰るのが重いでしょう?

いや、郵送できるのかな?

それはさておきnetflixの話題です。

前に書いたかも知れませんが、「Walking Dead」観終りましたよ。

「Walking Dead」って言うのはゾンビものの映画です。

ゾンビに浸食された世界でサバイバルすると言うストーリーなんですが。

と、言ってもバイオハザードみたいにゾンビがメインの話じゃなくて、実はゾンビは脇役で人間同士の戦いが描かれていて非常に面白いです。

異常な世界では、それまでの世界の正しい行動をしていては生きていけないと言う考え方をしつつ、一方では最低限の倫理は必要と言う考えもあって葛藤すると言う。

主人公も最初はそれまでの世界のルールを基準に判断していたのですが、周りの状況でだんだんと判断が変化していきます。

例えば最初の頃は明らかな悪人でも殺さず手錠をかけるぐらいでしたが、シーズンが進むと逃げた相手に警告して止まらないだけで撃ち殺したりします。

あくまでも映画の世界の話なので現実とは違うかも知れませんが、現実の世界でも状況が変われば行動も変わってしまうんだろうなぁと感じます。

真面目な話はそんな感じなんですが、観てて笑ってしまうところがありました。

途中で仲間になった女の子が、ちょっと癒し要員的な感じで歌を歌い始めるんですよ。

それが途中から、ほぼ毎回歌を歌うようになって「えっ?実は売り出し中の歌手なのか?」と思っているうちに、今度は男性歌手のウェスタンみたいな歌がかかかるようになったんですよ。

歌詞もかなりむさ苦しい感じで「もうええわ~!」と早送りしてしまうほどのインパクトです。

あれはなんなんでしょ?

ってか、アメリカで放送中にもそんなクレームがあったのか無かったのか知らないですが、そうこうしているうちに、その女の子も死んでしまって、それから後に歌は流れなくなりましたとさ。

このドラマ、結構、スパスパと登場人物が死んでしまうので忙しいっす。

NHKの連続テレビ小説みたいに視聴者の「登場人物を死なせないで。」と言う声に応えて脚本を変更するなんて甘いことは一切なさそうです。

さすがアメリカ、かなりドライな感じですよねぇ。

さすがに主役、準主役は死なない感じですが、その他大勢は簡単に死んでしまいます。

いや、それでもバウワーさんの「24」に比べたら全然マシな死人の数ですけどね。

「24」は怖いですよ。

問答無用で準主役でも簡単に死んでしまいますし。

ちょっとネタばれになってしまいますが、本人が死んでしまったときにはビックリと言うより大笑いしてしまいました。

「どこまで死ぬねん!お前もかい!」と。

もう、「24」は終わりにして、チャーリー・シーン主役で「48」とかにするのかと思いましたもん。

まぁ確かにNHKの「あさが来た」と、ゾンビやらテロリストと戦う番組じゃ死亡率が違うのは分かりますけどね。

ってかねぇ、脚本変えるのはいかんでしょ?

なんのこだわりも無いように思えて、ちょっと冷めてしまうんですよね。

辛くても登場人物が死ぬときは死なないと、伝えたいことが描けないんじゃないかと。

「Walking Dead」の話に戻りますが、観終わったと言っても全部ではないんですよ。

私は有料動画サービスのnetflixで観ているんですが、そこで公開されているのがエピソード5までなんです。

ほかの有料動画サービスでは最新のエピソード6まで公開されてるところもあるようです。

早く観たいんですけど、他のサービスに乗り換えた途端にnetflixでエピソード6が公開されそうな気がするので、大人しくその時を待つことにします。

最後になりましたが、「Walking Dead」はお勧めです。

案外、ゾンビは怖くないので怖いのが嫌いな人も大丈夫な気がします。

さて、次は何を観るかなぁ。

posted by daibit in 映画 and have No Comments

ら~うんどふぉ~ふぁいっ!

え~っと、この対戦も延長戦に入ってしまいました。

ラウンド4で引き分けになったらど~するのかと言うことは忘れて下さい。

 

もはやトラブルには慣れっこになってしまいました。

人生上手くいかないことが8割と言うじゃあ~りませんか。(そこまで?)

今回の場合、よ~く考えてみると1年ぐらい前には普通に8から8.1にアップグレードできてたわけですよ。

そう考えると「ハードディスクをクリーンな状態にしてからアップグレードすれば前みたいにアップグレードできるんじゃね?」と思ったわけです。

さすがに工場出荷時の状態に戻したら成功するでしょう?

前回1Gの空き容量を作るためにパーテションの変更をしましたが、それを元に戻して、さらにリカバリして工場出荷時の状態に戻しました。

まぁそれをすると必然的にインストールしていたソフトも全部消えますけどね。

そんなことは、もうどうでも良いんですよ。

どんな犠牲も払う覚悟です・・・。

新品の状態にして、8.1へのアップグレードを開始します。

すると・・・、「windowsのすべてのアップデートを適用してから8.1にアップグレードして下さい。」ですって。

「はいはい。やりますよ、やりゃあいいんでしょ。」

アップデートが終わったと表示されたので、8.1へアップグレードを押すと「windowsのすべてのアップデートを適用してから8.1にして下さい。」と出ます。

まだ終わって無かったんか~い!

さらにwindowsアップデートを進めます。

1時間ぐらい固まった後に「184件のアップデートがあります、更新しますか?」と表示されました。

こっ、これは・・・、またまた「今夜も寝かさないぜっ!」ってことなのか・・・。(この誰も得しない感)

そこから2時間ぐらいアップデートの処理をしてました。

それらが全て終わったころには午前3時を過ぎてます。

もう何でもいいからwindows8.1へのアップグレードを終わらせようと更新ボタンを押したところ・・・。

「windows8.1をダウンロードしています。」と出て、またまた30分以上固まります。

う~ん、我慢、我慢、もう少しでこの地獄から解放される。

しばらくして、何かが画面に表示されます。

「ウィンドウズの更新に失敗しました。」

・・・し、しばくぞ~~~!!!

いや、もうキレてもいいでしょ?

これだけ我慢して、これは無いわ~。

しかも、windows10へのアップグレードじゃなくて、まだwindows8.1へのアップグレードなんですよ。

真夜中でしたが、本気でマイクロソフトにクレームの電話をしようかと思いました。

「ビル・ゲイツを出せ~!」って。(もう、社長じゃないんで~。)

この日はほんとにフテ寝しましたよ。

何時間もの努力が水の泡なんですもん。

とうとう、winsows8機用にSSDを買うかwindows10を買うかぐらいのところまで追い詰められました。

いや、もはやノートパソコン自体を買い替えた方が早いかも知れません。

疲れて諦めて寝た次の日、やっぱりどれも馬鹿馬鹿しい気がしてきました。

諦めて要らないものを買ったあと悔しさが倍増しそうですし。

これからどうするかなのですが、やはり一昨日の情報を点検し直すのがいいと思います。

具体的に言えば、システムの予約領域が少ないからエラーになっているのを解消する方法です。

いろいろ探し回っていると 「EaseUS Partition Masterで領域の変更をできない人を見つけました。

同じような人がいるもんだなぁと感心しながら、その人が勧める「AOMEI Partition Assistant」を使うことにしました。

またまた、1Gの空きをCドライブから捻出して、システム予約領域の隣に移動します。

真面目な性格なので、昨晩アップデートに失敗した後、パーテションを元に戻したんですよ。

この処理にも結構時間がかります。

今までの流れで言うと、この処理でwindowsが起動できなくなるなどショッキングなことが起こるのかと思いましたが、何も起こりませんでした。

だんだん、考え方がネガティブになってきています。

確かに「AOMEI Partition Assistant」を使えばシステム予約領域も変更することができます。

無事に変更できて、100Mしかなかった容量が1Gを超えています。

ちょっと容量が多すぎかも知れないですが、ケチって失敗するのは、もうイヤなので思いっきり増やしたりました。

でも、ここで喜ぶわけにはいけません。

何回もぬか喜びさせられた人間は慎重(ネガティブ)になります。

「さて、8.1にアップグレードするか~。」と思ったんですが、ふと思いついたのは、「ひょっとしたらwindows10を直接インストールできるんじゃね?」と言うことです。

つまり、先日、直接インストールしてコケたのはシステム予約領域が足りなかったせいなんじゃないかと。

上手く行けば余計なアップグレードの時間がかからないので、ダメ元でやってみる価値はあります。

そう思ってUSBからwindows10のインストール画面を起動します。

インストール先ドライブの選択画面までは普通に進めました。

いよいよここからです。

Cドライブを選んでクリックすると・・・。

なんと!windows10のインストール画面に進めました!!!

「きたー!」と思わず叫んでしまいました。

最後の最後で大逆転です。

期待に反して(?)何事も起こらずwindows10のインストールが成功しましたとさ。

今までの苦行はなんだったんでしょ?

終わってみればそう思います。

まぁそのあとのアプリの再インストールは結構面倒だったんですが、これまでのwindowsアップグレードの苦労に比べれば屁みたいなもんです。

よく考えると2台のPCをwindows10に更新するのに3日はかかってます。

しかも、どの日もことごとく徹夜になってますし。

ってか、20年前とインストールに必要な時間は全く変わってないんですが・・・。

いや、むしろ今の方がいろいろと便利になった分、ダメージがデカいです。

 

さて、ここからはその後のwindows10ですが。

元windows8だったマシンのwindows10のプロダクトキーも残しておくかと思って調べてみると・・・。

な、なんと驚愕の事実が!

元windows7のマシンのプロダクトキーと完全に一致です!

最初は何かの間違いかと思っていたんですが、何度調べても全く同じなんですよ。

どゆこと?

狐につままれたみたいになって、グーグル先生に聞いてみるとメーカー製のプリインストール機のアップグレードのプロダクトキーは全部同じなんですって。

まぁ良く分かりませんが、プロダクトIDで一括管理みたいになってるんですかね?

今だから言えますが、よ~く考えてみるとwidnows7をwindows10に更新した時に得たプロダクトキーを使えば、windows8でも直接インストール、いや、逆ですね。

windows8機を先にアップグレードしていれば、そのwindows10のキーでwindows7のマシンに直接windows10をインストールできてたかも知れないですね。

2台持ちの人じゃないと意味が無いですが、もし2台以上アップグレードしないといけない人にはお得な情報じゃないですか?

まぁwindows7のアップグレード情報がマイクロソフトに送信されているのであれば話は別ですが・・・。

それとwindows10を1週間ほど使っていて訳が分からないことがありました。

私、windows7の頃から電源を落とさずスリープして運用していたんですが、朝、window10をスリープにして仕事から戻ってくると何故か電源が入っていたんですよ。

私が居ない間に誰か触った??

訳が分からず、調べたところ重要なことがあると自動復帰するスケジューラーがあるみたいです。

その時に何が重要だったのかは分からず仕舞いでしたが・・・。

不要であれば自動復帰のスケジューラーは切って置いた方がいいと思います。

ってか、何で必要なのか良く分からないですけどね。

 

今回のことで、またまたmicrosoftが嫌いになりました。

いや、これでもちょっと前までは少し見直してたんですけどね。

ビル・ゲイツが財団を作ったり、色々とソフトを無償化にしたり、あとゲームの面でも頑張ってましたし。

でも、今回のことは親切なようでいて、実はいらぬお節介って奴じゃないかなぁ。

「無料で安全なOSあげますよ~。」と言いながら、ユーザーは物凄く苦労すると言う・・・。

まぁ私みたいに丸ごとクリーンインストールする人じゃなければ、あんまり苦労しないのかも知れないですけども。

xpのサポート期間切れの時もそうですが、普通の人は一旦使い始めたOSに慣れているので、そのままずっと使い続けたいでしょう。

アップグレードして使えないソフトやら周辺機器が出てきたり、不具合が出たりするのはイヤっていうのが普通の感覚じゃないですかね。

私もwindows7で何の不満もなかったので、そのまま使いたかったほうなんですよ。

今回、なんだかんだで3日ぐらい損した気がします。

今後何か起こるかも知れませんが、もしそうなったらいっそのことmacbook野郎になってやろうかと思ったりしています。

数か月後、「macbookはいいよ~。」とか言ってたりなんかして。笑

もし、私と同じようなことをされる方がいれば参考にして頂ければ幸いです。

あ、それと起動パーティションをいじるのはくれぐれも気を付けて。

今回は上手く行きましたが、失敗して起動しなくなったと言う情報がチラホラありました。

 

また何年かしたらアップグレードが無いとも言えないところがイヤですね。

そのうち「らう~んどわん、ふぁいっ!」とか言ってるかも知れません。(嫌だなぁ~)

では、長い間読んで頂いて、ありがとうございました。

posted by daibit in ネット,電気製品 and have No Comments

ら~うんどすり~ふぁいっ!

さて、前回の続きです。

 

緊張の一瞬でしたが、次の画面に進めました。

その後は何事もなくインストールが進みました。

身構えていると何も起きないって、どゆこと?

ビル・ゲイツ出てこ~い!

いやいや、これはこれでいいんですね。

何かあるたびにゲイツさんを呼ぶのが癖になってしまいました。

でも、SSDに変更して良かったのは、いろんなところが爆速になったことです。

起動は5秒ぐらいですし、どのソフトも1秒もかからずに起動します。

う~ん、どうやら知り合いのMacBook野郎のSSDを使うとハードディスクには戻れないと言うのはマジネタでした。

スリープに至っては1秒ですからね。

ハードディスクの頃はスリープ完了まで10秒弱はかかっていたと思いますし。

これはストレスが減って幸せです。

 

さて、お次はwindows8のアップグレードです。

単純に考えてwindows8.1とwindows10への2つのアップグレードがあるので、これまでの流れから言えば間違いなく何か起こるでしょう。

しかも、今回はSSDにはしないつもりですし。

と言うのも私がメインで使っているのは前回SSDにした元windows7機ですし、windows8は買ってから2年経ってません。

仕事用なので普段はあまり使わないですし、ハードディスクもあと2年ぐらいは安全に使えるかと思うのでSSDは要らないかなぁと思いました。

いつも通り前調査開始です。

先日も書きましたがwindows7/8/8.1はプロダクトキーで直接windows10をインストールできると言う情報があります。

この方法、windows7の場合は見事に撃沈しましたので、windows8の場合も眉唾だなぁと思います。

と、言うかwindows8はサポート期限が切れたらwindows8.1にアップグレードできないと言う、いや~な噂まで見つけました。

それが本当だとすると、既にwindows8をwindows8.1にアップグレードできない可能性すらあります。

とはいえ、作戦としてはwindows8→windows8.1→windows10と言うのと、直接windows10のUSBからインストールするという方法になると思います。

無駄なアップグレードをしなくて済むのは直接windows10をインストールする方法なのですが、その方法はwindows7で無理だったのでwindows8からも微妙な感じです。

ただ、windows8からはBIOSにプロダクトキーが記録されていると言う情報も見つけました。

もしかするとwindows7の場合は、ネット経由じゃないと機械とOSの紐づけができないので直接インストールできなかったのかも知れません。

あと、直接インストールの場合の問題点はwindows8は仕事で使っているので、直接windows10をインストールする方法を取るとツール類を全てインストールし直さないといけなくなります。

そうなれば各ソフトのシリアルナンバーを探し出さないと使えなくなると言う問題も出てきます。

ああいうのって一回インストールするとどこかへいきますよね?(ちゃんと保管しとけよ。)

まぁこれぐらいの情報を集めれば前準備はOKだと思います。

とりあえず、直接windows10をインストールする方法を試すことにします。

その方が楽ですしね。

いつも通り、重要データをバックアップして電源オ~ン!

 

window10インストールのUSBメディアを差し込んで電源オ~ンすると、いつも通りプロダクトキー入力画面が出てきません。

そう、出てこなかったんですよ。

あの伝説は本当だったんじゃ!!!(RPGの村人風)

どうやらwindows8からはBIOSにもプロダクトキーを記録すると言うのは本当だったみたいです。

そのままインストール先のディスクを指定する画面まで来ました。

「これってめちゃくちゃ簡単にインストールできるんじゃね?」

私の期待はドバイのブルジュ・ハリファの如く高まります。(どんだけ?)

PC「インストール先のディスクを指定してください。」

私「じゃ、Cドライブに入れて下さいな。」

ポチッとな。

PC「そのドライブにはインストールできません。」

私「えっ?」

私「じゃ、Dドライブのデータを丸ごと削除してと・・・。Dドライブへカモ~ン。」

PC「そのドライブにはインストールできません。」

私「・・・またかいな・・・。」

そうまたまたです。

トレンディードラマだったら、「どれだけ扱いにくい女なんだ君は!」って言ってますよ。

もうねぇ、どこかのマスコミみたいに期待させといて落とすのは止めて欲しいんですけども。

「ビル・ゲイツ出てこ~い!」ですよ。(またかいな)

2、3回試してみましたが結果は同じで無理でした、何だか良く分からないんですがダメってことなんでしょうね。

2日連続でwindowsと格闘して、こちとらHPが0に近いんですよ。

「もういい!プランBに作戦変更だ!」と言いながら、windows8のアップグレードから始めることにします。

こちらは一旦8.1へアップグレードする必要があります。

時間はかかりますが仕方ないですね。

でも、この方法の言いところはアプリをインストールし直さなくていいというところです。

一つ不安なのは8.1へアップグレードできる期間が終わっているかも知れないというところです。

どうなんでしょ?

まぁいいやと思ってストアを見ると普通にwindows8.1へアップグレードの項目がありました。

まだ8.1へのアップグレードはできるみたいです。

躊躇なくアップグレードボタンを押します。

待つこと30分、またまた固まったみたいになりました。

もうしばらく放っておこうと思って放置してたら1時間後ぐらいに「インストール中にエラーが発生しました。」ですって・・・。

もうええわ~!!!

「とりあえず、ビル・ゲイツ出てこ~い!」と叫びながら電源を切ります。

いやいや、よくよく考えると1年ぐらい前には何事もなくアップグレードできたんですが・・・。

そうなんですよ、私、以前にwindows8のマシンをwindows8.1にアップレードして電源落ちの不具合で8に戻したんですよね。

前にできたのに今はできないって意味が分かりません。

怒りながらもエラー内容はチェックしてるところがwindowsとのお付き合いが長いってことなんでしょうね。

なんか「更新するための容量が足りません。」とかなんとか言ってたので調べてみると、システム予約領域と言うのがあって、その領域が不足するとエラーが出るみたいです。

何でも、その領域はwindows7では100M、8では350Mほどあるらしいのですが。

私のマシンを調べてみると100Mで、残り0Mでした。

う~ん、windows8なのにwindows7並みの領域って、どゆこと?

どうやら、それが足りないと更新情報が登録できずに失敗するみたいなんですよ。

てなわけで、グーグル先生に聞いてみます。

すると出るわ出るわ、みなさん私と同じところでハマってる人がたくさんいます。

解決策はシステム予約領域を増やすだけだそうです。

そりゃそうやけどもやなぁ。

そう簡単に言われてもねぇ。

さらに調べていると、どうやらフリーで使えるソフトがあるようです。

「EaseUS Partition Master」と言うのを、みなさん使っておられるみたいです。

早速インストールします。

ソフトを立ち上げてみると予約領域、Cドライブ、Dドライブ、リカバリー、リストア、いろいろ出てきます。

予約領域を見るとやはり100Mで残り容量ゼロです。

他の領域を減らして予約領域を増やせばいいだけなんですが、問題は増やす領域と空き領域を隣り合わせにしないとくっつけられないんですよ。

たとえば、予約領域、リカバリー領域、Cドライブとかになっていると、Cドライブを削って空きを作ってもリカバリー領域の前に移動してやらないと予約領域と空き領域をくっつけられません。

それも調べていると増やした空き領域にリカバリー領域をコピーして、コピー元のリカバリー領域を削除すればいいとのこと。

まぁそりゃそうなんですけどねぇ。

あ、これは大事なお話しなんですが、Cドライブを弄ると最悪の場合起動しなくなる場合があります。

Cドライブを縮小する場合、そういうリスクは避けられないんですよ。

もし同じ症状の方が、この方法を試される場合はご注意下さい。

私の場合は、やむを得なかったですので、「ままよ~!」とCドライブから1Gの空き領域を捻り出しました。

幸いwindowsは壊れなかったようで、1Gの空きがCドライブの前にできました。

それからその空きにリカバリー領域をコピーして、コピー元のリカバリー領域を削除しました。

ここまでは順調だったんですが、最後の最後で・・・。

何故か予約領域を増やせないです。

予約領域と空き領域を結合できません。

またきたよ・・・。(何回目?)

とりあえず、今宵はこのへんで。

posted by daibit in ネット,電気製品 and have No Comments

ら~うんどつ~ふぁいっ!

膨大な時間を費やし、見事、windows10 に変身した私の元 windows7 機ですが、なんだか地味な感じです。

そうそう、私、winndows7 と windows8 の入ったマシンを持ってるんですよ。

それらを使ったことがあるので、その上で windows10 を使ってみた感想ですが、ちょうど windows7 と windows8 を足して2で割ったみたいな感じです。

メニュー表示も、windows7 風のプログラム一覧に windows8 風のメトロボタンがくっついたものですし。

それ以外ではパッと見では何が変わったのか良く分かりません。

あ、「コルタナ」と言う機能はニューフェイスみたいですけどね。

簡単に言うと、androidの「ok google」や、appleの「siri」のようなユーザーの質問に答えてくれる人工知能っぽい機能です。

でも、知ってる人は知ってる豆知識ですが、「コルタナ」と言う名前はxboxの大人気シリーズ「Halo」の人工知能の名前だと思います。

豆知識と言いながら「だと思います」なのは、、「Halo」にバーチャルな女性型アンドロイドが出てくるんですが、そのアンドロイドも主人公を導いてくれる役だったので、windows10でも、その役割から考えて、ほぼ間違いと思います。(haloもmicrosoft製)

「halo」のは「コルタナ」は、ちょっとエロかったんですがwindows10の「コルタナ」は姿は表示されないようなので残念です。

ってか、ぶっちゃけ、これだけのために大変な思いをさせられたと思うと納得いかないっす。

 

あ、さっき「変わったところは無いように感じる」と言いましたが、内部的には色々と気になる部分はあります。

例えば個人情報の扱いだとか。

何でも今回のwindows10ではmicorosoftに個人情報の送信を行っているそうなんですよ。

まぁ今どきのOSやらブラウザは検索履歴やらを、製造元会社に送るのが普通みたいになっていますのでwindowsだけが特別だとは思わないですが、あまり気持ちの良いものではありません。

これらは設定で切り替えられるので、一応、オフにできるものは全てオフにしておきました。

ってかねぇ、こう言うものの問題点は何を送信してるのか分かりにくいところなんだと思います。

windows10の設定にしても一応は設定項目の説明がありますが、「で、何を送ってるの?」と言いたくなるぐらい曖昧な表現です。

とりあえず、入力情報の送信は速攻でオフにしましたけどね。

そうなんですよ、入力した内容が送信されるみたいです。

いやいや、何に使うねんと。

入力情報なんてパスワードやらクレジットカードの番号も含まれているでしょうし。

重要な個人情報がダダ漏れじゃないのかと思います。

その辺りが不透明だと言う理由でwindows7から乗り換えるのがイヤな人が多いのも納得できます。

私の場合は、「もしかしたらwindows7もすでに個人情報を送ってるんじゃないの?」と、今更アップグレードを心配しても同じかなぁと思ったからアップグレードしたんですけどね。

まぁ後はwindows7のハードディスクが老朽化してるのと、windows8の場合はサポート期間切れになっているのが別の理由でありましたけども。

 

ちょっと話はズレますが、セキュリティに関してapple社とアメリカ政府が揉めていると言う問題があります。

アメリカ政府がapple社にiphoneのロック解除の方法を教えろと要求したのをapple社が拒否していると言う話です。

最近、テロが活発化していますが、テロリストもiphoneを使うケースがあるらしく、簡単にロック解除をして情報解析で先に手を打つためなんだそうですが・・・。

あれはどうなんですかね。

確かにテロを未然に防ぐと言う大義名分はあるかも知れませんが、そのために個人のプライバシーなど無くても構わないと言うのはおかしいのではないですかね。

ロック解除方法を教えろと言うのは、家で言えば「全ての家へ入ることができるマスターキーを渡せ。」と家を作って売っている会社に言ってるようなもんでしょう?

簡単にロック解除の方法を教えたりすれば、iphoneを買う人は居なくなりますって。

そういえば、昔、近所に監視カメラを設置すると言う話があったんですが、どんな決め事でも同じだと思いますが賛成派の人と反対派の人が居ました。

反対派はプライバシーの侵害を理由に、賛成派は安全のため。

賛成派が反対派を説得する内容は「何も悪いことしてないなら不安がる必要はない。」でしたが、反対派の言いたいのはそういうことじゃないんですよねぇ。

何で少数の犯罪者のために普通の人が監視されないといけないのかと言うことなんですよね。

結局、話は平行線で監視カメラは多数決で設置され反対派が納得しないまま終わりました。

apple社の件もその話と良く似ていると思うんですよ。

テロリストが何万人居るか分からないですが、そのうちiphoneを利用している奴らのために何千万人の一般人が監視されると言う話です。

テロがいけないと思うのは、人的被害以上に実はそこなんじゃないのかと思うんですよ。

テロリストにしても戦う対象を間違えているとしか思えませんし、「実は裏で監視したい側と繋がってるんじゃないの?」とまで思えたりするんですけどね。

だって、一般人を自爆テロで殺害して何を変えるつもりなんでしょう?

戦っている相手は相手の国家なんですから、軍事施設を狙わないのは筋が違うでしょうに。

確かにやられた側は観光客が減ったり、恐怖を感じて萎縮するかも知れませんが、国としては予算を増やして警備を強化するでしょう。

テロリスト側から見れば敵が強くなるだけの結果ではないのかと思うんですが。

それにテロの相手国がテロリストの危険を煽れば何でも通ってしまうでしょう?

どうもそう言う方法が常套手段になってきてるように感じます。

日本にしても安保法制も、マイナンバー制も、他の脅威を煽って導入しているように思えますし。

安保法制は外敵、マイナンバー制は実質、脱税の防止でしょう。

どちらも悪いことをしていない人が割を食っている感があり過ぎです。

「悪いことができないように未然に防ぐ。」と言う理由は、もっともらしいですが実は監視社会になっていくだけのような気がします。

悪人がのさばることができない社会は良い社会だとは思いますが、それって国が強制的に国民を監視してまでやることなのかなぁとも思うんですよね。

自発的に悪いことをしないようにする施策の方が大事なんじゃないかと。

上手く言えないですが、決まりを守ってるからと言って善人とは言えないんじゃないですかね。

 

いや、すみません。

なんだか余計な話が多すぎました。

根がおしゃべりなもので・・・。

 

しかも、まだ作業は終わってないんですよ。

SSDに換装すると言うのが大目的でしたが、ちょっと面倒くさい気がしてきました。

ただ、もうSSDを買ってしまってますし、ここで止めるのも負けた気になるので、とりあえず最後までやるしかないです。

ってか、まだwindows8機の更新も残っています。

実はそっちの方が深刻で、必ずアップグレードしないといけないと言う宿命にあります。

何故なら、microsoftから2016年の1月半ばでwindows8のサポートを止めると言う重大発表があったんですよ。

そうなんです、私のwindows8は8.1じゃないのでサポート期間が切れており、早くアップグレードしないとセキュリティ的に危険な状態なんです。

あ、「とりあえずwindows8.1にしといたらいいやん?」と思った人、実は前に一度8.1にアップグレードしたんですよ~。

すると、勝手に電源が落ちる病が発症して、仕方なくwindows8に戻したんです。

まぁねぇ~、あの時のASUSのサポートはそっけなかったなぁ。

電話がつながったのは良かったんですが、「そもそも、その機種はwindows8用なので8.1には対応してませんねぇ~。」とか言われました。

その時は泣く泣く工場出荷時の状態に戻しました・・・。

サ ポートの人の言う通りなのかも知れないですが、今回のwindows10なんてwindows7、8、8.1の人は全員が影響を受けるでしょうに、 windows10にアップグレードして不具合があってもwindows8しか対応してませんねぇとか通用しないんじゃないかなぁ。

今はそう言う相談にはどう対応してるんでしょ?

そんなことはいいんですが、まずはSSDへの換装です。

 

window7のハードディスクとSSDを交換です。

この作業、もう何回やるね~んですわ。

そろそろネジ山が壊れそうな気がしてきています。

windows10のインストール用のUSBを差して立ち上げます。

何度か見たプロダクトキー入力の画面になります。

windows10であらかじめ取得しておいたプロダクトキーを入力すると・・・。

この続きはCMのあとで・・・。(きっ、きたねぇ~)

posted by daibit in ネット,電気製品 and have No Comments

ら~うんどわ~ん、ふぁいっ!

さてさて、前回は無事にSSDを手に入れたところまででしたね。

今回はインストール作業についてお話します。

あ、その前にwindows10のインストールメディアなんですが、USBメモリーも買った方がいいと思います。

DVDに焼くこともできますが、このためだけにDVDメディアを10枚入りのを買うのはなんだかなぁですし。

もう気が付いたかも知れませんが、windows10のインストールファイルをネットでダウンロードできるんですよ。

それをUSBに書き込んで読み込めばインストールできると言う寸法です。

ここら辺りまでは「さすが技術進歩のおかげで、こりゃ楽できますな~。」と思って、簡単にインストール作業が終わるとタカをくくってました。

なんてったって、windows98やらxpの時代なんてCDインストールでしたし、windows95に至ってはフロッピーディスクが付いてましたからね。

今から思えばなんちゅ~苦行だったんでしょ。

windows95のインストール作業を思い出すと今でもイヤ~な感じになります。

40枚近くのフロッピーディスクを順番に読み込ませてインストールしていくんですが、フロッピーディスクは信頼性が低いので読み込みエラーで頻繁に止まるんですよ。

それが30枚を過ぎた辺りで「データが読み込めませんでした。」とか出た日にゃ!

もう一回一枚目から読み込みなんですが・・・。

microsoftに殺意を覚えてました。

とか言いながら、当時は挫けず何回もやり直してたんですけどね。

これだけ便利な時代になってしまったので、同じことを今やろうと思っても無理だと思います。

鉄のメンタルをを育んでくれてmicrosoftに感謝です。(皮肉ですけども。)

 

まぁそんなこんなで簡単に終わるだろうと、夜の10時ぐらいにインストール作業を始めました。

過去のwindowsのインストールで慣れているので、あらかじめノートパソコンの中の重要ファイルをバックアップしてあります。

もう全て万全の状態です。

ノートパソコンの裏のネジを外してハードディスクをSSDに交換します。

あ、普通はwindows7からwindows10にアップグレードするのが正式ですし、そうしないとアップグレードできなかったようなんですが、最近ではwindows7/8/8.1のプロダクトキーがあれば新規アップグレードができるらしいです。

その辺も抜かりありません。

あらかじめwindows7のプロダクトidを取得おきました。

「これだけ準備ができていれば、もう完璧しょっ。」と思いつつ、USBメモリを差して起動します。

windows10のインストール画面が出てきました。

プロダクトキーの入力を求められたので、あらかじめ取得したキーを入力します。

windows10「プロダクトキーが違います。」

私「えっ?」

再度入力

windows10「プロダクトキーが違います。」

私「うっそ~ん!」

速攻でグーグル先生に聞きます。

すると・・・。

この伏線に気が付いた人は鋭いです。

なんと私、プロダクトIDをプロダクトキーだと間違えていました。

あ~あ。

シコシコとSSDをwindows7のハードディスクに入れ替えます。

えっと、「プロダクトキーはOSのCDについてるんじゃね?」と思った人。

昔はCDのパッケージや本体裏に貼ってあったりもしたんですが、最近のパソコンってかASUS製のノートパソコンには無いっす。

windows7を立ち上げても、直接プロダクトキーを見ることはできません。

でも、プロダクトキーを調べられるソフトがあるんですよ。

それを使ってプロダクトキーを取得します。

「プロダクトIDと全然ちゃうや~ん。」

そりゃそうなんですけどね。

IDとパスワードが同じなわけないですよね。

それをメモって、またまたハードディスクとSSDを交換します。

再度USBメモリから立ち上げ、プロダクトキーを入力します。

windows10「プロダクトキーが違います。」

私「えっ?」

再度入力

windows10「プロダクトキーが違います。」

私「なっ、なんですとぉ~~~~~!!!」

もうこの辺りから冷静さが無くなってきました。

でも、何とか気持ちを落ち着けて考えます。

そうなんですよ、パソコンの類ってミスっても冷静さを失ったら負けです。

焦って何とかしようと思って、取り返しがつかないことをやらかしてしまいます。

今まで何度やらかしたことか・・・。

我ながら場数を踏んでるなぁ。

更に調べているとwindows7の場合、アッグレードするとプロダクトキーがmicrosoftに送られてwindows10のキーに紐づけられると言う情報がありました。

と、言うことはwindows7からwindows10にアップグレードしてwindows10のプロダクトキーを取得してから新規インストールすることはできるんではないかと思いました。

またしても、キレ気味にSSDをwindows7のハードディスクに交換します。

我ながらよ~やるわ。

「くらいやがれ!アップグレード!」怨念(気合い)を込めてアップグレードボタンを叩きます!!!

でも、最近、あれだけアップグレードしろしろとうるさかったのに、いざアップグレードしようとすると途中で固まりやがります。

処理中かと思って放っておいたら2時間ぐらい経っても変化がありません。

しかも、最後にはエラーが発生しましたとか、おぬかしになられます。

ほんま「ビル・ゲイツ出てこい!」ですよ。(もう社長と違うから・・・。)

エラーの内容を調べるとサーバーが混雑していて接続できないとかあります。

空いている時に接続すればいいのかと思い、夜中の0時過ぎまで待ってアッグレードしましたが一向に改善しません。

何回やっても結果は同じで、簡単なアップグレードのはずが、いきなり暗礁に乗り上げました。

「どうすんねんこれ。」と思いながら検索していると不要な機器やHDMIを接続しているとインストールできないことがあると言う情報を得ました。

と言うか、もう何回もエラーが出まくっていたので、最後の手段だと思ってとりあえずHDMIやらワイヤレスマウスを全部取り外して実行したんですよ。

この程度で上手くいくとは全く思ってなかったんですが、何と次に進めるじゃあ~りませんか。

よく分からないですが、サーバーが混雑しているとかは関係なかったみたいです。

ほんま「ビル・ゲイツ出てこい!」ですよ。

ただ、アップグレードが進んだのは良いですが、これがまた膨大な時間がかかります。

結局、夜の0時すぎから翌朝の6時ぐらいまでかかってしまいました。

昔よりハイテクになったハズなのに時間は同じぐらいかかるって・・・。

「ほんまビル・ゲイツ出てこい!」ですよ。(もうええわ~)

そんなこんなでヘトヘトになったので、その日はSSDへのインストールは諦めました。

ってか、これまでの流れを見ていると今後も問題が出まくりそうじゃないですか。

このまま二徹になったりしたらイヤ過ぎますし。

と、いう訳で物語は次回へ続きます。

posted by daibit in ネット,未分類,電気製品 and have No Comments